世界の山旅を手がけて48年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2017/11/09 お知らせ

【特集】 春のベストシーズンに訪ねる 魅惑のマルタ島でハイキング三昧の旅

一足早い春に触れるマルタ諸島ハイキング
 2017年2月21日から8日間で、地中海の中央に浮かぶ島マルタ諸島のハイキングに同行させていただきました。マルタ諸島は国全体の面積が東京都23区の約半分程度しかなく、人口もわずか41万人(ほぼ日本の地方都市の人口)という小さいながらも、マルタ共和国という立派な独立国家です。小さいながらも、中世の香りがだだよう騎士団時代からの砦や旧市街の街並み、荘厳な教会建築、謎の古代巨石遺跡など魅力たっぷりの島で、近年、猫の島としても知られており、日本からの旅行者も年々増えている場所です。そんなマルタ諸島に春の花が素晴らしい季節を選んで、イギリス人やドイツ人をはじめ、ヨーロッパのランブラー(ハイキング愛好家、英語では「ぶらぶら歩き」をする人という意味でランブラーと呼ばれています)に人気のハイキングコースを歩いてきました。まさに一足早い春を満喫する旅となりました。


マルタ島到着、春の花との出会い
 マルタ諸島の玄関口マルタ島の空港は島の中央やや東端よりにあるのですが、マルタ島に着陸する直前に飛行機の窓越しに目に飛びこんできたのは、鮮やかな緑と黄色の花の色でした。マルタ諸島の12月から2月にかけてまとまった雨が降り、2月末はそんな雨季明けの季節で緑と花が一番美しい季節です。これからはじまるハイキングの旅に向けて気持ちも高まります。空港を出て出迎えてくれたのはアーモンドの花でした。地中海地方に春を告げるこの花は日本の桜のようで、なんだか見ているだけで心がわくわくしてきます。今回はハイキング(ウォーキング)の旅ということで、マルタ島到着後すぐに、より自然なハイキングコースが豊富に残るとなりの姉妹島ゴゾ島へとフェリーで渡ります。地中海の潮風を気持ちよく受けながら、ゴゾ島への30分の船旅を楽しみ、いよいよ明日からゴゾ島ハイキングに出発です。


地中海地方原産の花々との出会い
 マルタ諸島のハイキングはガリーグと呼ばれる石灰岩の大地と海岸線を地中海の潮風を受けながら歩きます。ハイキング中にもっとも多かった花は南アフリカ原産のオオキバナカタバミ(英語名:ケープ・ソレル、ラテン名:オキザリス)と地中海地方原産のピンクの可愛らしい花シレネ・コロラタでした。そのほか、まるまるとした樹容の低木トウダイグサ(ラテン名:ユーフォルヴィア・デンドロイデス)や紫色のルリジサ(ボラゴ)やハナツルボラン(英語名:サマー・アスフォデル)などが目立ちました。そのほか、その名の通り、クロッカスのように地面から突然、花が咲くような印象を受けるサンド・クロッカスと呼ばれる巻き毛状の葉っぱに紫色の小さな花を咲かせるロムレア・ラミフローラや赤い多肉の葉っぱが印象的なアズール・ストーンクロップが印象的でした。



ゴゾ島の南海岸をハイキング、白い石灰岩の断崖を持つ海岸線がマルタ諸島の特徴


文:川高 雄(東京本社)


春の花咲くマルタ諸島ハイキングと世界遺産ヴァレッタ 8日間