世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

News / ニュース

2019/12/06 お知らせ

【特集】~カナダ極北の地へ~ユーコン・オーロラの旅(2020年1月~2020年3月)

美しい北の大地ユーコン準州へ
 アルパインツアーがご案内するユーコン・オーロラの旅のほとんどは、世界遺産クルアニ国立公園に隣接するクルアニ湖畔に建つロッジが舞台になります。ユーコン準州の中でも西部のクルアニ・エリアは、カナディアンロッキーをも凌ぐ大山脈が連なっています。アラスカとカナダにまたがる巨大な氷河エリアは世界中探しても他にはなかなか見当たりません。この場所でオーロラを見ることができたらどんなに素晴らしいか。クルアニ周辺を探し回ってようやく見つけた絶景の場所がクルアニ・ロッジです。今年で9年目となるアルパインツアーのユーコン・オーロラの旅にぜひご参加ください。


ユーコン準州のクルアニ・ロッジで神秘のオーロラに出逢う
 初めてこのロッジを視察で訪れた時に「この場所でオーロラ観賞ができたら、どんなに素晴らしい体験になるだろう」と直感したことを今でもよく覚えています。すでにユーコンで数年間暮 らしていた私にとっても、ここが「特別」だと感じられる場所でした。
 カナダの最北西に位置するユーコン準州は、地理的条件と自然環境の厳しさから、開拓者の入植が最も遅かった場所です。面積は日本の1.3倍を誇りますが、人口は僅か4万人程度で、人間より野生動物の方がはるかに多いエリアです。一歩外に飛び出せば、人間が小さな存在で、 生態系のほんの一部にすぎないことを感じさせてくれます。
 このたび私がご紹介させていただくのは、世界自然遺産にも登録されているクルアニ国立公園を訪れるコースです。広大なエリアが氷原・氷河で覆われるこのエリアには、カナダ最高峰のローガン山(5,959m)があることでも有名です。
 玄関口のホワイトホースの街に到着した翌日は、西へ向かって車を約3時間ほど走らせ、クルアニ国立公園に隣接した湖畔に建つロッジを目指します。道中の様子から、この周辺にほとんど人が住んでいないことがわかるはずです。ロッジ到着と同時に車から外に飛び出すと、必ずといって良いほど歓声があがります。「この広大な空間を私達だけでひとり占めして連泊できる」という喜びを感じる瞬間です。そして、夜には目の前に広がるこの大空に、オーロラが舞うことを想像せずにはいられなくなるのです。
 ロッジの部屋は意外にも暖かく、快適に感じていただけると思います。極北ではお部屋の中はいつもポカポカ、暖房で温めた空気を逃がさない構造になっているのです。シャワーやトレイ、ドライヤーなども本館に完備されています。ロッジの本館は皆さんの憩いの場です。オープンキッチンではもう一人のガイドが食事 の準備に専念しています。ソファでゆっくり寛いだり、談笑したりと、ここで過ごす多くの時間が、旅の良き思い出のひとつになることでしょう。
 オーロラとの出会いに期待を膨らませ、出現のチャンスを狙って遅い時間まで起きていることが多いため、翌日のブランチは11時頃とゆっくりです。もちろん早く起床しても、ガイドがモーニングコーヒーを用意してくれます。のんびりと朝焼けを眺めながらのコーヒータイムは、 贅沢なひと時です。お昼頃からはスノー シュー・ハイキングに出かけます。凍結した湖や極北の林の中を歩くコース、クルアニ連山を眺めるコース、ゴールドラッシュ探訪、動物の足跡追跡など、ルートはバラエティに富んでおり、いずれも極北の冬の自然を体感できます。雪はサラサラのパウダースノーで、歩行時間も2~3時間とお手軽です。滞在ロッジがハイキングのスタート&ゴール地点になっていることも大きな魅力です。「オーロラ目的で参加したけど思いのほかスノーシューが楽しかった!」とのお言葉をこれまでたくさん頂戴しています。
 毎日ロッジには16時頃には戻り、夕食までの時間はロッジ周辺でゆっくりと過ごしてください。各自、思い思いにお過ごしいただくこの時間こそが、このロッジに滞在する醍醐味です。
 このコースでは、グループ専属の料理人が同行します。日本人の口に合う味付けで、地元の新鮮な素材を交えながら料理に腕を振います。創意工夫の日替わりのメニューは、毎日の楽しみのひとつになることでしょう。
 夕食が終わると本格的にオーロラタイムに突入です。オーロラの出現までは、仮眠する人、カメラ撮影の準備をする人、談笑を楽しむ人など様々で、それぞれが自由に待ち時間を過ごせるのが嬉しいポイントです。ガイドが頻繁に外に出てオーロラの兆候をチェックするので、寒い屋外で長時間待機する必要はありません。ロッジから一歩外に出れば写真家も喜ぶような絶好のロケーションで、時間制限無しに好きなだけ観賞ができます。5分も見上げていれば、透き通る星空に流れ星をきっと発見できるでしょう。オーロラ出現の兆候がある程度強くなってきたら、いよいよ防寒具を着て皆で外に出ます。オーロラが一気に大きく踊り始め、カーテンのように動き始める瞬間は、自然と感嘆の声が出てしまいます。何度見てもひとつとして同じオーロラはありません。常に私たちの想像をはるかに超え、 見る者の心を揺さぶってくれます。
 山岳景観をのぞみ、手つかずの大自然の真っただ中に建つクルアニ・ロッジでの滞在は、オーロラの観賞だけでなく、 貸切りによる静けさや、旅の仲間でのんびりと過ごす楽しさなどが詰まった貴重な体験になることでしょう。ぜひ、たくさんの方に、この素晴らしいロッジで のひとときをお楽しみいただきたいと思います。

(文゠本山直人



クルアニの山々と夜空に舞うオーロラ


カナダ極北のユーコンで神秘のオーロラに出会う
極北のユーコン 世界遺産クルアニ国立公園とオーロラの旅 8日間

発着地:東京
1 / 20(月)〜 1 / 27(月)
¥462,000
2 / 21(金)〜 2 / 28(金)
¥342,000
<おすすめポイント>
ユーコン準州、世界遺産クルアニ国立公園の絶景をのぞむロッジに4連泊し、夜はオーロラ鑑賞、日中はスノーシュー・ハイキングを楽しみます。ロッジの前は凍結した湖のため、視界を遮るものがなくオーロラ鑑賞には絶好のロケーションです。静寂に包まれた白銀の世界で極北に広がる大自然を満喫します。


カナダ極北の夜空に舞う神秘のオーロラカーテン(クルアニ・ロッジにて)


カナダ極北のユーコンで神秘のオーロラに出会う  
カナダ極北のユーコン オーロラ・スペシャル(スタンダードルーム) 8日間
発着地:東京
1 / 24(金)〜 1 / 31(金)
¥472,000
<おすすめポイント>
マーシュ湖畔に建ち、おもてなしに定評のある『イン・オン・ザ・レイク』と、まるで別荘のような『クルアニ・ロッジ』にそれぞれ連泊し、オーロラ観賞とスノーシュー・ハイキングを楽しみます。どちらもロッジの目の前でオーロラ観賞が出来る絶好のロケーションに建ち、滞在中のオーロラ・チャンスは計5回です。

イン・オン・ザ・レイク上空に現れたオーロラ


カナダ ユーコン・オーロラ コース詳細はこちら