世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

News / ニュース

2017/12/09 お知らせ

【特集】 クメール王朝の栄華に思いをはせる カンボジアを代表する世界遺産を歩いて満喫

世界遺産アンコール・ワット遺跡群
 カンボジアの至宝「アンコール・ワット遺跡群」。9世紀から15世紀までの600年以上にわたり、インドシナ半島を席巻したクメール王朝(アンコール王朝)の首都跡であるアンコール・ワットは、およそ150年前にフランス人博物学者により、“再発見”されるまで、密林の奥深くひっそりと眠り続けていました。最近でもまたあらたな像が発見されたというニュースがありましたが、まだまだ知られていない遺跡が残っているのかもしれないというロマンを感じる場所です。


カンボジアを象徴するアンコール・ワットの全景


数百を超える寺院
 一言にアンコール遺跡と言っても、広大なエリアに様々な寺院があり、すべてを回ることは到底できません。そこで、当社の旅では、代表的なアンコール・ワットやタ・プロームはもちろんですが、あまり観光客が訪れない渓流クバル・スピアンや聖山プノン・クーレンなど“歩かなければ見に行けない遺跡”にも訪問しますので、一味も二味も違った魅力を楽しんでいただけます。
 さらに、7日間コースでは、現在も修復が施されないまま、密森の中にひっそりと眠り静かな佇まいを見せる巨大寺院ベンメリアやタイとの国境近くにある世界遺産“天空の寺院”プレア・ヴィヘアにも訪問します。特に、プレア・ヴィヘアは2014年まで訪問が出来なかったエリアですが、現在は外務省の渡航情報も引き下げられ、観光客が訪れることが可能になりました。


バンテアイ・スレイ遺跡の”東洋の”モナリザ


カンボジアの気候
 熱帯モンスーン気候に属し、一年を通じて高温多湿の日々が続きます。雨季と乾季に分かれ、5月下旬〜10月が雨季、11月〜5月中旬が乾季となっております。屋外では半袖で過ごす事も可能ですが、日差しが非常に強いため、薄手の長袖をお勧めします。日差しをさえぎる帽子やスカーフ、サングラスなどは必携です。しかし、室内はエアコンのよく効いた場所もあるので、カーディガンなど一枚羽織る物があると良いかもしれません。


断崖からの絶景が広がるプレア・ヴィヘア


滞在型で楽しむ旅
 シュムリアップの厳選した4つ星クラスのホテルに3連泊(7日間コースは4連泊)しながら、たっぷりとアンコール遺跡群を満喫する、ポレポレ倶楽部の旅です。是非、この機会に一度、訪れてみてはいかがでしょうか。


文:小山 晴彦(東京本社)


アンコール遺跡群 コース詳細はこちら