世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2018/01/15 お知らせ

新春座談会① 東京本社・営業部

出席者::藤村、北島、鈴木、兼井、白旗、寺井、小林 2018年1月29日(月曜日)


藤村:2018年がスタートしました。本日は、「ATS倶楽部」の各チームリーダーから、それぞれの取り組みについて語ってもらいたいと思います。

北島:昨年春からスタートした「花 旅ハイキング倶 楽 部」ですが、おかげさまで全コースが催行され、「花との出会い」の期待度の大きさを実感しました。

藤村:ジョージアの花旅にご参加いただいた方から「予想以上にお花が多くてびっくりした」など嬉しいお言葉も多かったです。

北島:2年目を迎える今期は、昨年好評だった企画は継続し、新企画としてカナダやオーストリアの山小屋に宿泊する、少し歩きごたえのあるコースも発表します。

藤村:カナダのウェルズグレイは現地ガイドからも花が多い場所として以前から注目されていた場所です。

北島:その他にも、まだあまり知られていないアメリカ北西部のカスケード山脈周辺を訪れるコースはおすすめです。この辺りに自生する白いカタクリは必見です。

藤村:それは楽しみですね。さて続いては今年で発足から3年目を迎える「山旅フォト倶楽部」の方からお願いします。

鈴木:1月に冬のドロミテの撮影旅行が催行し、つい先日、帰国しました。天気に恵まれない日もありましたが、雪を纏ったドロミテ山群が、深い霧の切れ目から姿を現した時には歓声があがりました。

藤村:今年はアンデス山脈のアウサンガテや辺境ラダックなど、魅力的な企画が予定されています。

鈴木:特にアウサンガテの企画は、もっともアンデスらしい山岳風景が展開する、これ以上ない最高の場所ではないでしょうか。

藤村:山だけでなく、山麓に暮らす人々や街の片隅で見かけたちょっとした風景など、撮影の旅は奥が深いです。

鈴木:山旅フォト倶楽部では、「しっかり歩く」企画から「ほとんど歩かない」企画まで幅広く取りそろえていますので、きっとお客様にぴったりなコースが見つかるはずです。

藤村:ご参加いただくお客様も70歳以上の方の割合が増えてきました。そのため、発足から10年目を迎える「ポレポレ倶楽部」は今後、最も企画の充実が求められる倶楽部ではないでしょうか。

兼井:「ポレポレ倶楽部」は昨年からさらに4つのカテゴリに細分化して、ツアーの特徴をよりわかりやすくしました。

藤村:中でも新しい試みとなった「70+:セブンディープラス」では「こんな企画を待っていた」とのお声が多くありました。

兼井:私達の役目は「ご年齢にかかわらずいつまでも山旅を楽しんでいただく」ことだと思っています。中でも今期の一押しはスロバキアの山岳リゾートに宿泊する新企画です。

白旗:私はカナダの山旅で人気の高い「アシニボインロッジ」に宿泊するポレポレ版(靴マーク:2)に注目してほしいです。アシニボインロッジは憧れだけど靴マークが2.5だから参加を躊躇しているという声が多かったので。

藤村:では、次に「サミット倶楽部」はいかがでしょうか。

寺井:目的が「登頂」と明確なので、リピーターの方が多く、「国やエリアの最高峰」を目指している方が大勢いらっしゃいます。

北島:せっかくならその国の「最高峰」に登りたいものです。

寺井:今年は「ヨーロッパ各国の最高峰登頂シリーズ」を展開してく予定で、6月にはアルバニアとマケドニアの新企画をご案内します。また、有職者の方に気軽にご参加いただける「安近短」な「アジアの名峰シリーズ」もおすすめです。

藤村:それでは近年人気急上昇中の「ロングトレイル倶楽部」はいかがでしょう。

小林:大人気のカナダの「エスプラナーデ」やヨーロッパの「ツール・ド・モンブラン」はすでに多くのご予約を頂戴しています。

藤村:特に「ツール・ド・モンブラン」は早期割引キャンペーンも実施しており、残席僅かの出発日もあるので、今夏にご検討の方はお早めにご予約いただきたいです。

小林:その他にも2月に発表となる「ピレネー縦走」や「王様の散歩道」なども毎年お問い合わせの多いコースです。さらに、今後はユーコンを舞台としたロングトレイルの新企画を発表する予定です。ぜひ、ご期待ください。

藤村:それでは、待望の6番目の倶楽部について聞かせてください。

白旗:新しい倶楽部はズバリ“女性のための倶楽部”で、その名も「山旅Ramri(ラムリ)倶楽部」です。

鈴木:「ラムリ」とはどんな意味なんですか。

白旗:ネパール語で「綺麗、美しい」という意味です。輝かしい人生を送る女性たちへ、この倶楽部を通してますます人生を輝かせていただきたいと願いを込めて、女性社員全員で倶楽部の名前を考えました。

小林:素敵なネーミングですね。

白旗:ハイキングだけでなく、女性の方が興味を抱くような山旅プラスαの魅力をご紹介したいと思っています。企画から同行まで、女性スタッフが心を込めてご案内いたします。専用パンフレットは4月に発表します。どうぞご期待ください。

藤村:各倶楽部ともに新しいチャレンジ(挑戦)が目白押しです。いよいよ夏に行く企画がすべて発表となります。海外からゲストを迎えてのイベントや説明会も予定していますので、ぜひ多くの皆さまにお越しいただきたいと思います。本日はありがとうございました。