世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2018/03/23 お知らせ

特選!2018年4月から6月出発「私たちがご案内します!」2018年第2弾

特典 ボーナス・ポイント5,000ポイントを還元!
下記コースを対象に、通常のポイントに加えて更にボーナス・ポイントとして5,000ポイントを還元いたします。
詳細はこちらをクリック。


5,000ポイント加算ツアー一覧はこちらをクリック。


大変お得なアルパイン・メイト・ポイント
例えば5,000ポイントで下記のような商品と交換ができます。


        


[ 満席 ] 催行決定しており満席ですが、増席が出来る可能性がございます。お問合せください。
[ 催行決定 ] ツアーの実施が決定しました。
[ 催行予定 ] 催行を予定しておりますが、今後のキャンセル状況によって変更される場合があります。
[ 催行間近 ] あと少しのお申し込みで催行可能人数に達します。


□ 4月28日出発 パプアニューギニア最高峰ウィルヘルム山登頂とゴロカの休日 8日間
                   ツアーリーダー:山田 浩嗣(やまだ ひろつぐ)
山小屋2泊3日の行程でパプアニューギニア最高峰の頂きを目指します。登頂 日は4,000m以上での行動時間が8時間を越える健脚者向けのコースですが、山頂からの展望は素晴らしく、達成感満点の山旅が楽しめます。


□ 5月10日出発 第92回 岩崎元郎さんと行く“地球を遠足”シリーズ
           ツツジ咲く月出山(ウォルチュルサン)登頂と辺山(ピョンサン)半島ハイキング 4日間
                   ツアーリーダー:松村 亮太(まつむら りょうた)
ツツジ咲く春のベストシーズンに、知る人ぞ知る韓国の名峰に岩崎さんと一緒に登りませんか。高度感抜群の吊り橋と岩稜歩きなど変化に富んだ山歩きが楽しめます。下山後の温泉や美味しい韓国料理も楽しみです。


□ 5月21日出発 トルコの世界遺産カッパドキア・ハイキング 7日間
        ツアーリーダー:水津 幹夫(すいず みきお)
春の花で彩られる初夏のベストシーズンにカッパドキアへご案内します。計5回のハイキングで奇岩群を仰ぐ谷に入り込めば、観光バスの喧騒音も消え、まるで桃源郷に迷い込んだような気分になることでしょう。


□ 5月22日出発 アメリカ西部の大自然グランドサークル・ハイキング 9日間
     ツアーリーダー:ジョシュ・メリン
アメリカを代表する6つの国立公園を効率良く巡ります。想像を超えた岩の芸術品が点在し、毎日が驚きの連続です。数十億年の歳月をかけて作り上げた奇岩や峡谷に対峙して、地球の歴史を肌で感じてください。


□ 5月23日出発    茶馬古道の旅 世界遺産の古都・麗江からシャングリラ、梅里雪山ハイキング 8日間
     ツアーリーダー:東 豊久(あずま とよひさ)
少数民族が暮らす雲南省を舞台に、いにしえの交易路を辿り世界遺産の麗江や三江併流などを訪ねます。5月下旬は乾期にあたり、荒々しくも神々しい梅里雪山の山々と主峰カワカブの眺望が期待できる季節です。


□ 5月25日出発 世界遺産の島・コモド3島ハイキング、コモドドラゴンに出会う旅 6日間
     ツアーリーダー:山里 直穂(やまざと なほ)
インドネシアの世界遺産コモド国立公園で、美しい 海を展 望しながらネイチャーハイキングを楽しみます。世界最大のトカゲ、コモドドラゴンの迫力に驚くと同時に、意外に可愛らしい顔に癒やされることでしょう。


□ 5月30日出発 ロンボク島最高峰リンジャニ山登頂 6日間
     ツアーリーダー:松本 伸夫(まつもと のぶお)
裾野に広がる草原帯から山頂まで標高差約2,600mを1泊2日のテント泊で登り、巨大な火口湖を擁した南海に浮かぶ名峰の頂きを目指します。見渡す限りの大展望が広がる山頂からはバリ島最高峰アグン山も望めます。


□ 6月1日出発 グランドサークルゆったりハイキングとバーミリオンクリフス国立モニュメント 11日間
    ツアーリーダー:ジョシュ・メリン
大人気のグランドサークルを各地に連泊しながらたっぷりと満喫します。ゆったり行程だからこそ足を伸ばせる穴場のスポットにもご案内します。地 球 上とは思えない景 観が広がるバーミリオンクリフスは必見です。


6月3日出発 第93回 岩崎元郎さんと行く“地球を遠足”シリーズ
                    スペイン・テイデ山登頂とカナリア諸島 10日間
     ツアーリーダー:白旗 美紀(しらはた みき)
往復ともにロープウェイを利用し標高差僅か218mの登山でスペイン最高峰に登頂します。滞在中は年に1度開催されるフラワーカーペット祭りも見学します。海と山の幸をふんだんに使ったカナリア料理も楽しみです。


□ 6月4日出発 スロヴェニア&クロアチア・ハイキングと世界遺産ドブロヴニク 12日間
     ツアーリーダー:中嶋 千春(なかしま ちはる)
白い岩肌の岩山が連なるユリアンアルプスから大小16の湖が滝で結ばれたプリトヴィッツェ、紺碧のアドリア海に面した要塞都市ドブロヴニクなどを巡り、変化に富んだ6回のハイキングを楽しむ充実の内容です。


□ 6月5日出発 初夏のウォータートン・レイクス国立公園とロッキー満喫ハイキング 8日間
     ツアーリーダー:篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
カナディアンロッキーでは見られない珍しい花が自生するウォータートンに3連泊してのんびりとハイキングを楽しみます。後半に訪れるロッキー核心部では黄色いカタクリなど初夏を代表する花々も満喫できます。


□ 6月5日出発 世界遺産サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩く 10日間
     ツアーリーダー:水津 幹夫(すいづ みきお)
数ある巡礼路の中でも特に人気の高い「フランス人の道」の最 終 部 分 約105kmを5日間で踏破します。様々な思いを胸に集う世界中からの巡礼者と交流しながら、緑豊かな大地を歩き感動のゴールを目指しましょう。


□ 6月6日出発   アンデス・ブランカ山群 ゆったりハイキング 9日間
     ツアーリーダー:西川 茂樹(にしかわ しげき)
山中深くに発達した車道をフル活用して、ロッジを起点に好展望地へご案内します。世界有数の華麗な氷雪群の大展望を手が届きそうな至近距離からお楽しみください。山岳写真が好きな方にもおすすめの山旅です。


6月7日出発   ポルトガル最高峰登頂と魅惑のアゾレス諸島ハイキング 10日間
     ツアーリーダー:堤 清弘(つつみ きよひろ)
ポルトガル本土から約1,500kmも離れた絶海の群島に聳えるピコ山に、日帰り登山(約8時間)で挑戦します。趣の異なる4島を巡り世界遺産も訪問する充実の山旅で、美味しい海鮮料理や名産のワインも楽しみです。


6月7日出発 アラスカ・フラワーハイキングと北米最高峰デナリ・フライト&氷河クルーズ 7日間
     ツアーリーダー:北島 聡之(きたじま としゆき)
短い夏を謳歌するように咲く花々を求めて初夏のアラスカを満喫する「花旅ハイキング倶楽部」一押し企画です。フライトから望むデナリの雄姿や大迫力の氷河クルーズでラストフロンティアの魅力を体感しましょう。


6月8日出発 英国3つの最高峰登頂と湖水地方エディンバラゆったり滞在 11日間
     ツアーリーダー:春木 朗男(はるき あきお)
英国を南から北へウェールズ、イングランド、スコットランドと縦断しながら、それぞれの最高峰に日帰り登山で山頂を目指します。また、英国の田園風景が広がるエリアや湖水地方の「フットパス」も歩きます。


□ 6月8日出発 初夏のアイルランド満喫ハイキング 12日間
     ツアーリーダー:志水 三智子(しみず みちこ)
島が緑にひときわ輝く初夏に訪れる「ポレポレ倶楽部」の新企画です。風光明媚な風景が広がる大地で、趣の異なる5回のハイキング(2〜3時間)へご案 内します。パブでのアイリッシュダンス鑑賞も楽しみです。


6月9日出発 花の宝庫 ピレネー山脈ハイキング 9日間
     ツアーリーダー:山里 直穂(やまさと なほ)
ピレネー山脈を代表する絶景ポイント・トップ5を全て訪れる大人気企画です。スイス・アルプスに比べて緯度が南のため、6月が高山植物のベストシーズンです。1,000m以 上の大岩壁に囲まれた圏谷は圧巻です。


□ 6月12日出発 花の宝庫ピレネー山脈ゆったりハイキングとカタルーニャ地方の小さな街 11日間
     ツアーリーダー:森中 あゆみ(もりなか あゆみ)
連泊型のゆったり行程でフランスからスペインへ向かいます。世界遺産のガバルニー大圏谷やオルデサ渓谷を含む計5回のハイキングと、中世の城塞を改装したパラドールの宿泊でピレネーの魅力に迫ります。


□ 6月12日出発 ペルー・アンデスの聖なる山アウサンガテとレインボーマウンテン 撮影紀行 11日間
     ツアーリーダー:鈴木 謙介(すずき けんすけ)
ビルカノータ山群の最高峰で神々が宿る山と崇められるアウサンガテと人気のマチュピチュ、そして奇跡の絶景とも呼ばれるレインボーマウンテンを巡り、これぞアンデスといえる美しい光景を捉えましょう。


□ 6月19日出発 アンデス・ブランカ山群トレッキング 11日間
     ツアーリーダー:松本 伸夫(まつもと のぶお)
秀峰ひしめくブランカ山群の2つの谷を3泊4日のテント泊で踏 破します。短い行程ながら、アンデス襞の美しい山々が至近距離で展開し、その迫力はヒマラヤの長期トレッキングで望む展望に勝るとも劣りません。