世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2018/04/01 お知らせ

【特集】サミット倶楽部 ヨーロッパの名峰を登る! ブルガリア・ポーランド編

 ヨーロッパ各国にはまだまだ皆様におすすめしたい最高峰があります。今回はブルガリアとポーランドの最高峰の登頂を目指す山旅をご紹介します。

ブルガリア名峰3座登頂
 本コースで挑戦するのはいずれも登りごたえがある3座です。最初に登頂を目指すのはブルガリア最高峰ムサラ(2,925m)山です。ブルガリア人なら誰しもが一度は登ってみたいと思う人気の山です。ゴンドラを利用して中腹まで上がり、平坦な登山道から、やがてガレ場も登り山頂へ向かいます。山頂からはリラ山脈の雄大な景色がひろがります。
 2番目に挑戦するマリオヴィッツァ(2,729m)は、ブルガリアの登山愛好家に人気の山です。登山口から山頂までの標高差が約1,000m、往復徒歩約8時間と、おそらく3座の中で一番登りごたえのある山です。氷河地形の谷を詰めて稜線上に上がれば、山裾に建つ世界遺産リラの僧院を見下ろすことができるので、いかに僧院が山深く建てられたのかを目の当たりにすれば感慨もひとしおとなるでしょう。
 3座目となるビフレン(2,914m)はブルガリア国内で2番目に高い山です。ピリン山脈の山麓バンスコから、ひときわ目立つ美しい白い山を望むことが出来るのですが、これこそがビフレンです。夏でも白く見える山の正体は残雪ではなく、なんと大理石の一枚岩。ピラミダルな山容の非常に格好の良い山での登山を楽しみます。登山以外に、古都ソフィアでの観光も楽しみです。ぜひブルガリアの山旅にご期待ください。

ポーランド最高峰リシィ山登頂
 ポーランドは北をバルト海、西にドイツ、南にチェコ・スロバキアと面しており、スロバキアとの国境付近にはタトラ山脈が広がり、登山愛好家の格好のフィールドとなっています。リシィ山のポーランド側は急峻な岩場になっているため、スロバキアに回り込んでから山頂を目指します。登山前日に山麓のロッジに宿泊し、翌日山頂を往復、再び山麓のロッジに泊まりますので、ある程度時間に余裕をもって登山をお楽しみいただくことができるようになりました。タトラ山脈は荒々しい岩峰群が連なり、雄大な景色を見ながらの登高は山登りの楽しみが詰まっています。山頂直下のガレ場に注意して登ると、やがて展望が広がる山頂に到着です。登山の前後には世界遺産のワルシャワ、クラクフでの散策もお楽しみいただくことができます。人気が高まるポーランドの山旅にご期待ください。


文:寺井 信之(東京本社)


ヨーロッパ各国 コース詳細はこちら



ブルガリア最高峰ムサラ(2,925m)の山頂を目指す



ポーランド最高峰リシィ山(2,499m)(右のピーク)