世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2018/06/13 お知らせ

ベストシーズンに楽しむ 秋に行く、北欧のオーロラとハイキング

北欧の秋のオーロラ
 オーロラというと冬の印象が強いかもしれませんが、実は秋の時期もオーロラ鑑賞に適した季節です。北極圏の夏の白夜が終わり、9月が近づく頃からは夜が暗くなるため、オーロラが見られるようになります。オーロラの冬のイメージから、美しいオーロラを鑑賞するには低い気温が必要なのではと思われるかもしれませんが、気温自体はオーロラの出現と強さには影響しませんので、冬と同じくオーロラチャンスがある時期となります。むしろ、9月の北欧は北極圏周辺でも最低気温は氷点下にはならず、東京の11月終わりから12月ころの気温となるため、お手持ちの防寒具で十分に過ごせます。また、一般に北欧のオーロラのピークは、22時から23時頃となるため、オーロラ鑑賞後に夜はゆっくり休んで翌日またハイキングに出かけることができるのも嬉しい点です。


絶景のセニヤ島ハイキングとトロムソ
 本コースでは、ノルウェー北部の北極圏の街・トロムソの南西に浮かぶセニヤ島を訪れます。海上からそそり立つ断崖絶壁やフィヨルドが複雑に入り組んだ景観が素晴らしいまさに絶景の島です。4連泊するセニヤ島のホテルは海沿いの一軒宿で、まわりにはホテル以外の明かりはありません。絶景のハイキングを楽しみながら、夜はゆったりとオーロラのチャンスを待ちます。

フィヨルドに面した絶壁上の、セグラ直下のコルへと向かう


北欧3カ国周遊ハイキング オーロラ3都物語
 ノルウェーのトロムソを起点として、フィンランドのキルピスヤルヴィ、スウェーデンのアビスコに連泊をして、それぞれの国の自然を感じながら周遊型のゆったりとした行程で巡ります。キルピスヤルヴィとアビスコは、白樺を始めとした黄葉をする木々と、どこまでも同景色が続くかのような雄大な原野に囲まれています。特に、その晴天率でオーロラ鑑賞地として有名なアビスコでは広大なラップランドの夜空に舞うオーロラを期待できるでしょう。

夜空に舞うオーロラの光


洋上のアルプス・ノルウェー ロフォーテン諸島ハイキング
 ロフォーテン諸島は、スカンジナビア半島から大西洋に突き出したように伸びる北極圏の島々です。周囲には無数のフィヨルドがあり、海面からそびえる岩峰や、絶壁が海に向かって切り落ちるその風景はまさに圧巻で、視界を遮るものもなく望むその独特な地形からは、まるでアルプスの高峰に囲まれているかのような迫力ある山岳展望を目にすることができます。
 秋の北欧は、充実のハイキングとオーロラ観測が一度にお楽しみいただける場所です。北欧で過ごす静かな秋の山旅は、きっと思い出深いものになることでしょう。

周囲を一望にするマンネン山山頂(3日目)


文:林 知篤(東京本社)


北欧の山旅 コース詳細はこちら