世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2018/07/01 お知らせ

【特集】 魅力あふれるトレッキング王国・バルカン半島の山旅 モンテネグロ編

バルカンの小国モンテネグロ
 バルカン半島でコソボに次いで2番目に小さな国モンテネグロは日本の福島県ほどの小さな国です。人口は福島県のおよそ3分の1のわずか64万人です。「黒い山」という意味の国名から連想されるように、緑美しい山と湖、そしてアドリア海に囲まれた自然豊かな国です。ユーゴスラヴィア紛争では直接的な被害を受けず、また早くからEUの援助を得られたために、バルカン諸国の中でも道路の美しさは目を見張るほどです。

世界遺産ドゥルミトル国立公園
 登山やハイキングが好きな方にぜひ訪れてほしい場所が世界遺産のドゥルミトル国立公園です。ルーマニア語で「眠るもの」を意味するこの山は、古代ローマの軍人たちがローマの領土拡大のために遠征した際に、あまりの山の静けさと穏やかさを評して名付けたとのことです。貴重な動植物が残されていることから1980年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。国立公園の最高峰ボボトヴクック(2,532m)をはじめ美しい山々がそびえ、豊富なハイキングコースを提供しています。

世界遺産コトル
 モンテネグロでもうひとつ訪れてほしい場所が世界文化遺産に登録されている城塞都市コトルです。この街はクロアチアのドブロヴニクに匹敵する美しい城塞都市のため世界中からの多くの観光客が訪れますが、残念なことにそのほとんどがクロアチアの都市からの日帰りで訪れ、日中の数時間をわずかに過ごしただけで帰ってしまいます。入り組んだ自然の港湾の奥にひっそり作られたコトルの街は、ライトアップされた夜こそ、この街の魅力を一層感じられるはずです。

世界遺産のドゥルミトル国立公園

ロブチェン国立公園
 ハイキングが好きな方にとって、是非チャレンジしてほしいのが、コトルの裏山のロブチェン山からコトルへのハイキングです。ロブチェン山周辺は、海から急激にせりあがった地形のために、ごく狭いエリアに豊富な種類の動植物が生息しており、その保護のために国立公園に指定されています。この山こそ、まさにモンテネグロの国名ともなった「黒い山」でもあります。このロブチェン国立公園よりコトルまでの下りのハイキングは歴史の香りを感じられるバルカン半島でも屈指の素晴らしいハイキングコースです。
 まだまだ日本では知られていない、多彩な魅力あふれるバルカン半島の国々は、是非、ハイキングと絡めて訪れてほしい場所です。

コトルへと下るハイキング


バルカン半島の山旅 コース詳細はこちら