世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

News / ニュース

2019/07/29 ツアー情報

ロッキーの聖地“レイクオハラ”の魅力に迫る

「レイクオハラ」。カナディアンロッキーを訪れたことがある方であれば一度は耳にした事があるかもしれません。ブリティッシュ・コロンビア州、ヨーホー国立公園の谷深くに位置する美しい氷河湖は、標高2,000mを超える高山帯に位置し、辺りは迫力ある氷河を抱いたMt.ビクトリアやMt.レフロイなど3,000m級の名峰達に囲まれています。レイクオハラを起点に周辺にはバラエティに富んだハイキングコースが整備されており、静まり返ったいくつもの神秘的な氷河湖の姿や、鋭く切り立ち迫りくる様な山々の景色は、カナディアンロッキー随一と言っても過言では無いでしょう。



▲展望台からのぞむレイクオハラとオダレイマウンテン
 


 また、このエリアは自然保護を目的として1日の入山者数を制限しており、完全予約制の専用バスで入山するほかには、半日かけて林道を歩いてたどり着くしか方法がありません。その為、ハイキング中に他のハイカーとすれ違うことはごく稀で、この美しい世界を自分たちだけで貸切りにしているかの様なとても贅沢な気分を味わうことができます。まさに「ロッキーの聖地」と称され、地元の人々でも簡単に訪れることのできない特別な場所であると言えるでしょう。

ツアーが設定されている秋は、このエリアの魅力が凝縮された最も価値のあるシーズンです。レイクオハラ周辺にはカラマツの自然林がいくつもあり、このカラマツが黄金色に染まった樹林帯とコバルトブルーの氷河湖、雪化粧した辺りの山々とのコントラストは息をのむ美しさで、これほど芸術的な山岳風景は他にはありません。私にとって秋のレイクオハラはカナディアンロッキーで最も好きな場所の一つです。これまで何度も訪れていますが、同じ景色は2度と見る事はありません。そうやって何度も訪れる事で、心のどこかで「次はどんな景色が見られるのだろう。」と期待しているのかも知れません。



カラマツの黄葉が美しいトレイルを歩く


レイクオハラエリアには「エリザベス・パーカー・ハット」と「レイクオハラ・ロッジ」という2つの宿泊施設があります。それぞれの特徴と魅力をお伝えします。
 

「エリザベス・パーカー・ハット」は、1912年に建てられ、現在はカナダ山岳会が持つロッキーで最も歴史のある山小屋の一つです。重厚なログで作られた小屋は、築100年以上であることを感じさせることのない堅牢な造りでありながら、そこに小屋がない事が不自然と思えるほど周りの山々の景色に溶け込んでおり、100年と言う歴史を感じざるを得ません。日本で言う無人小屋にあたりますが、定期的に国立公園のスタッフが清掃や備品の管理などに訪れる為、清潔で快適に過ごす事ができます。定員は決まっており、基本的に予約なしでは宿泊できません。寝床はマットレスが敷いてある場所に、持参した寝袋を敷いて寝ます。キッチンも完備されており、調理器具、食器等も揃っている為、宿泊客は食材を持ち込んでここで自炊する事ができます。ツアーではツアーリーダー自ら腕を振るい、美味しい食事を提供しますのでご安心ください。山小屋滞在中の私のお気に入りのひとときは、朝早起きして少しずつ暖炉に薪をくべながら飲むコーヒータイムです。



▲山と森に囲まれたエリザベスパーカー小屋


 1926年にCPR(カナダ太平洋横断鉄道)によって建てられた「レイクオハラ・ロッジ」はスタッフ、シェフなどが常駐し、ベッドやシャワーも完備された宿泊施設です。じつはエリザベス・パーカー・ハットも元はこのCPRが建てたのですが、当時はカナダの大陸横断鉄道が開通した直後で、CPRはロッキーに観光客を集めるべく、ホテルやロッジ等の開発を積極的に行なっていた時代だったのです。ロッジ本館のエントランスを跨ぐと、大きな暖炉と広いダイニングを全て見渡す事ができ、すぐにその洗練された空間に魅了されます。2階は全て客室となっており部屋のドアを開けると、吹き抜けから下のリビングスペースを一望する事ができます。湖畔には離れの個室キャビンがいくつもあり、プライベートな時間を過ごす事ができ、デッキに出てその景色をゆっくりと堪能するだけでも良いでしょう。ロッジの雰囲気、スタッフの対応、料理と全てが一級品です。ロッキーのロッジ最高の贅沢空間と言っても過言ではないでしょう。



▲憧れのレイクオハラ・ロッジに4連泊


 2つのタイプの宿泊施設をご紹介しましたが、それぞれに異なる魅力があり、好みが分かれるかも知れません。だた、何より贅沢なのはこのレイクオハラに連泊して数日間にわたりハイキングを満喫できる事です。

このエリアには、カナディアンロッキーの数あるハイキングコースの中でも、最高峰のコースが揃っています。バンフやキャンモアから日帰りで訪れる場合は時間に余裕がなく、どこか一箇所のハイキングコースしか歩くことが出来ませんが、数日あればレイクオハラがどれだけ魅力に溢れているかをきっとお分かりいただけることと思います。どうかご自身の目でお確かめ下さい!!

カナダ在住ツアーリーダー:堀口 慎太郎

 


まだ間に間に合う!7名様限定のレイクオハラ山小屋滞在コース
『ロッキーの聖地“レイクオハラとヨーホー国立公園ハイキング
 8日間
発着地:東京
9 / 25(水)〜 10 / 2(水)
¥462,000