世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

News / ニュース

2016/09/01 お知らせ

〜現地からの便り〜 NZ のミルフォード・ルートバーントラックへ !

 皆さん、こんにちは。この夏はヨーロッパのツアーに同行させていただき、ご参加の皆さまと楽しい時間を過ごすことができました。10月には私の第二の故郷ニュージーランドへ戻る予定です。7年間オークランドのガイド会社で働いていましたが、昨年から長年の私の夢、ルートバーン・トラックのガイドになり、今年は2シーズン目を迎えます。
 私がNZのトレッキングに興味を持ったのは、学生時代にミルフォート・トラックを紹介するTV番組を見たことでした。危険な動物が一切いず、安心して歩ける国と知り驚いたのをよく覚えています。シダとコケの深緑の森、このトラックを歩かなければ見られない落差580mのサザーランド滝を絶対にこの目で見たいと思いました。想像以上に美しかったミルフォードですが、それ以上に魅力を感じたのはルートバーン・トラックの景観でした。鬱蒼としたブナの森、森林限界を超えた先に見る雪を被った優雅な山々、見事な氷河谷、水しぶきが心地よい滝々、それぞれに違う趣をもつ数々の山上湖、花々が咲き乱れる山の斜面、エメラルド色に輝く清流、かわいいさえずりとともに近くに寄ってくる人懐っこい野鳥、新鮮な空気とおいしい水など、どれをとってもため息ものの美しさ。様々な景観を見せてくれるルートバーン・トラックは、ゴールするのが寂しくなるくらい魅力のつまった盛りだくさんのコースです。“何度も同じ場所を歩いて飽きない?”とよく聞かれますが、時期、天気、景色、メンバーなど常に異なりますのでいつも新鮮です。新しい発見と勉強の毎日で、何度も歩けることに幸せを感じます。
 毎年11月から始まるシーズンに向け、ガイドたちは10月下旬よりトレーニングを始めます。全員で実際トラックを歩きながら、ガイディングや、安全運行、緊急時の対応法など知識を身につけます。そして、数日間寝食を共にしてメンバーの絆も深めていきます。ガイドのほとんどがニュージーランド人です。NZの植物や野鳥、地形、自然保全のシステムや歴史の知識はもちろんのこと、彼らが本当にこの国の自然を愛し、楽しんでいるのが皆さまにも伝わるかと思います。私を含め日本人ガイドや韓国人ガイドも数名いて、英語が不安なお客様のサポートもしています。(出発日によっては英語ガイドだけになることもあります)NZガイドたちは、礼儀正しくて優しい日本人のお客様が大好きで、少しでも親しくなろうと、片言ですが日本語で挨拶をしてくれるメンバーもいるので、ぜひ皆さんからも積極的に話しかけてあげてください。フレンドリーなNZガイドたちとの交流もこのツアーの魅力のひとつです。ぜひ私の大好きな国、NZへお越しください。ガイド一同、NZで皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

文:青島 朋子(専任ツアーリーダー)