世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2017/01/30 お知らせ

新春座談会④ 名古屋営業所

● 出席者:中川、 前田、 宇津木(2017年1月30日(月曜日)


中川:2017年企画のご案内をする前に、各自が去年ツアーリーダーとして同行したコースの中で印象深い山旅はありましたか?

宇津木:アメリカのグランドサークルです。国立公園ごとに特徴があり風景にも変化があって毎日が感動の連続でした。もう一つはドロミテの山小屋巡りです。山小屋滞在だからこそ味わえる迫力や朝晩の風景などロングトレイル倶楽部の特徴とも重なるコースでしたが、今年はロングトレイル倶楽部、そして山旅フォト倶楽部の担当者として、お客様の声を大切にしながらこれまで以上に企画に関わっていこうと思います。

前田:熊野古道へ頻繁に訪れていたので良い経験を積むことが出来ました。鈴木みきさんの“山っていい友”に同行した大雲/小雲取越えや、宿の雰囲気が熊野古道らしい小辺路も良かったですね。次回は王道の中辺路を今年秋に予定していますのでご期待ください。またポレポレ俱楽部の企画でご一緒することが多く、特に夏のモンゴルが印象的でした。

中川:モンゴルはご参加者の皆様から大好評でした。今年は“地球を遠足”で6月に予定されていますね。新しく花旅ハイキング倶楽部が始まりますが、ゆったり楽しむという点ではポレポレ倶楽部のツアーで同行経験の豊富な視点で、お客様のご意見を反映させていくことはとても重要でしょう。

前田:はい、ポレポレ倶楽部、そして花旅ハイキング倶楽部の担当として、お客様の視点に立ってより良い企画をご案内していきたいです。ところで中川さんはどうでしたか?

中川:南アのナマクワランドは日程を改訂して移動を少なくした分、より多くの時間を“花を観る”ことに集中しゆっくり楽しんでいただけました。カナダの厳冬期のエノダロッジとクルアニロッジは寒かったけどオーロラが最高でした。寒さが気になる方は秋のクルアニの方がお勧めですけど。

宇津木:私も秋のユーコンにご一緒させてもらいましたが、日本より広いあの大地に人口が2万人にも満たないなんて、ちょっとオーバーですが貸切りのようなものでしたが、景観は素晴らしくオーロラも観えたのでお気に入りの一つになりました。今夏は名古屋からエアカナダ・ルージュ便が新規就航するので、それにあわせた企画も発表しますが、いまカナダは大注目ですね。

前田:名古屋発着のカナダ方面は、6月の初夏のカナディアン・ロッキーを訪れてフラワーハイキングを楽しむ内容があります。また新たに発表する7月コースは、盛夏をテーマに少し健脚向けの山小屋泊まりの内容で、夏の花も楽しめるし氷河や山岳景観のパノラマは絶対お勧めです。

中川:これらの就航記念企画はどちらもツアーリーダーが名古屋発着なので安心してご参加ください。他にも新企画やお勧めコースがたくさんありますが、すべてが名古屋発着の設定ではありません。

宇津木:そうですね、名古屋便は曜日限定の運行が多いため、成田発着の直行便を利用する企画もご用意していますが、今回発表したアメリカのカスケード山脈の企画はどうですか?

中川:北米直行便は限られているのでソウル経由の便を利用します。カスケード山脈は南のカルフォルニア州からオレゴン州を抜け、北のワシントン州までの火山の連なりですが、6月下旬は山麓の高山植物も見頃を迎え、マウントレーニア国立公園内のロッジにも連泊してゆったり滞在で展望を楽しみます。

前田:私が担当する6月のスイスは、関空発着のエミレーツ航空を利用しますが名古屋駅からの無料バスを利用していただけます。滞在型日程で計6回のハイキングと4回の展望台観光が含まれるスイス・アルプスの魅力が凝縮されたコースです。

宇津木:このようにたくさんの名古屋営業所企画を発表していきますが、2〜3月に各地で開催される説明会やイベントにぜひお越しいただきたいですね。どんなコースなのか、また同行するツアーリーダーリーダーを知っていただく機会にもなります。

前田:金沢会場には岩崎元郎さんに、静岡会場にはカナダから石塚さんにゲストとしてご来場いただく予定です。地球を遠足の年間プランや現地の最新情報などをご案内出来ると思います。

一同:今年もアルパインツアー名古屋スタッフ一同、世界の山旅へのご参加をお待ちしております。