世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2017/04/04 お知らせ

〜ピレネーからの便り〜 花咲くピレネーへお越しください。

 Hola(オラ)!皆さん、こんにちは!ピレネー山脈登山ガイドのフランシスコ・ディアス、通称パコです。雪に恵まれた今年のピレネー山脈は、連日スキー客でにぎわい、3月末にも標高818mのハカで雪が降りました。4月から5月にかけて雪解けが本格化すると、雪解け水が大地に恵みを与え、ピレネー山脈周辺の自然が生き生きと花開きます。スペインには「雪の多い年は良い年」ということわざがありますが、まさに今年はそんな年が期待されます。
 ピレネー山脈はイベリア半島の付け根に連なる、スペインとフランスの国境を成す山脈です。巨大な自然の壁は、西は大西洋から、東は地中海までを駆け抜け、長さは約440km、最大幅は130kmに及びます。今回は、名峰が集う中央ピレネー、通称「アラゴン・ピレネー」を中心にご紹介します。
 ピレネー山脈最高峰のアネト山(3,404m)が位置していることからも分かるように、アラゴンにはピレネー山脈の中でも最も標高の高い3,000m級の山が集まっています。標高差が生み出すダイナミックな景色、豊かな森や湖、滝の数々。中でも、ユネスコ世界遺産に登録されるオルデッサ渓谷は、春から秋にかけてスペイン国内外のハイカーで大きな賑わいを見せます。
 6月には小さな花たちが見ごろを迎えます。スペイン語で「雪の花」と呼ばれるエーデルワイスは、スペイン側のピレネー山脈の中ではアラゴンに最も広く分布していると言われています。ピレネー・イワタバコはピレネー山脈にのみ分布する花で、地元では「クマの耳」という愛称で親しまれています。その他にも、ゲンチアナやカンパニュラ、スノードロップが広大な景色を彩ります。大学時代に生物学を学んだ僕にとっては夢のような季節です。
 旅の舞台となるテナ渓谷、ブロート渓谷、アラゴン渓谷は、ピレネーきっての美しい谷です。景色だけではなく、谷独自の文化にもご注目ください。素朴な佇まいで静かに建っているプレ・ロマネスク建築、石造りの家にはスレートの屋根、魔女よけの煙突やアザミの飾りは、ここでしか出会うことのできない風景です。
 標高2,000mから3,000mで雪解けがすすむ7月中旬から8月は、登山が楽しい季節です。特にローランの裂け目(2872m)を通るの国境越えは世界中のハイカーを魅了します。氷河によって削られたU字型の谷を上から眺める時は、何度もこの道を歩いた僕にとっても心が震える瞬間です。
 魅力が尽きないピレネー山脈を、是非一緒に歩きましょう!


パコ(フランシスコ・ディアス)   氏の紹介

ピレネー山麓の登山ガイド。スペイン出身ながら、現在はフランス側ピレネーのピック・デュ・ミディ・ドッソオの山麓に住み、スペインとフランス両面のピレネーを知り尽くしたガイド。山と自然を舞台にスペイン人らしい情熱を持って皆様をご案内いたします。


ピレネーのツアー詳細はこちら



ピック・デュ・ミディ・ドッソオ展望ハイキング