世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

News / ニュース

2017/04/04 お知らせ

〜キリマンジャロからの便り〜 母なるアフリカ大陸最高峰へようこそ

 日本の皆さまジャンボ(こんにちは)!私は、キリマンジャロ登山ガイドのジョセフ・ライアトンガです。昨シーズンも日本から沢山の方々にお越しいただきました。心より感謝申しあげます。ありがとうございました。キリマンジャロに初めてチャレンジされる方が多いなか、今回が2回目のチャレンジという方がいつもより多かったシーズンだったように思います。特に印象的だったのは、79歳の方がウフルピークに登頂された事でした。山好きの皆さまのことですから、きっとそれぞれの新しい夢に向かって今も登り続けていらっしゃるのだと思います。
 私は今、日本の皆さまに宛てたこの手紙を自宅で書いています。私の家はキリマンジャロの山麓にありますが、ここ一帯は、周辺と比べると雨期における降水量が多いのが特徴で、今日も恵みの雨が降っています。どうやら季節が変わり、雨期(4月から6月、10月から11月)に入ったようです。振り返りますと、昨年の5月には、私は東京に行きました。日本に行くことは私の長年の夢でしたので、その感動を興奮しながら家族と共有したことが昨日のことのように思い出されます。いつも礼儀正しい日本の皆さまと登山をおこなううちに芽生えた私の夢は、アルパインツアーの強力なバックアップの下、叶えることができたのです。
 私は、日本の皆さまにキリマンジャロ登頂の夢を叶えていただきたいと、いつも思っています。長年苦楽を共にしてきたガイドチームの仲間たちを代表して、母なるキリマンジャロのことをご紹介させていただきます。キリマンジャロ(5,895m)は、標高が高く大きな山です。その堂々たる山容からは、アフリカ大陸の最高峰の冠に恥じないものを感じられるはずです。キリマンジャロ登山は、ルート上にある3つの山小屋を利用しながら、5泊6日(または4泊5日)かけておこないます。青々とした森林から氷河が輝く頂上稜線まで、日毎に変化していく見たこともない景色に、皆さまは興味を抱かれることに違いありません。私たちは、皆さまが高山病に悩まされないよう、ポレポレ(ゆっくり)山頂を目指すことをお約束します。登るスピードは、キリマンジャロ登山の成否を大きく左右する要素だからです。私は、アルパインツアーの現地登山ガイドを始めてから20年以上が経ちます。安全で快適で楽しい登山をおこなうことは、昔も今も変わっていません。
 私たちは、ベスト・パフォーマンスとベスト・サービスを合言葉に、皆さまを夢の山頂までご案内させていただきます。キリマンジャロでお会いできることをガイドチームの仲間たちと共に、心より楽しみにしております。


ジョセフ・ライアトンガ   氏の紹介
キリマンジャロ山麓(マラング)在住の登山ガイド。ポーターやアシスタント登山ガイドの実務経験を積んだのち、1993年にチーフ登山ガイドに昇格。以来20年以上にわたり登山スタッフを束ねるガイド長を務め、ツアーリーダーと二人三脚で皆さまをサポートする頼れる存在。キリマンジャロ登頂回数は実に250回以上。


キリマンジャロのツアー詳細はこちら



TL鈴木達夫、TL東豊久、ジョセフ氏、芹澤社長


 
金時山山頂からの富士山



箱根の温泉にて、浴衣姿に大満足