世界の山旅を手がけて48年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2017/09/11 お知らせ

【特集】 最高級ロッジでめぐる新しいかたちのネパール・ヒマラヤ・トレッキング

 昨年の11月、14名のお客様とともにネパールのエベレスト街道をトレッキングしてきました。トレッ キング中に宿泊したのは、高いクオリ ティの設備を持つロッジ・グループ「イエティ・マウンテン・ホーム」が運営している快適なロッジです。そんな新しいかたちのトレッキングをエベレスト街道 の魅力とともにご紹介します。

1日目:トレッキングの玄関口ルクラへ
 朝、16人乗りの小型プロペラ機でカトマンズを出発し、トレッキングの玄関口ルクラへ向かいます。約35分のフライトでは、機窓からヒマラヤ山脈の眺めが楽しめます。ガウリシャンカール(7,134m)の怪異な山容を左手に眺めつつルクラへと着陸。標高2,840mにある滑走路は、山の傾斜に沿って作られており、着陸時には少しだけドキドキします。ルクラ便は風や霧などの影響を受けやすいため、予定日にさえ飛んでくれれば、数時間の遅延など気にもなりません。ルクラ到着後は、村はずれのゴンパまでの散策など、各自で思い思いに過ごしました。高所順応を考えて、ルクラ到着後はできるだけリラッ クスすることが大切です。夕刻、ロッジの暖炉に火が入り、「ハッピーアワー」と称したロッジからのワンドリンクのサー ビスがありました。ドリンクを片手に暖炉を囲んでの団らんに会話が弾みます。夕食は、ご飯に味噌汁、チキンカツにサラダ、キンピラ、茶碗蒸し、煮物に漬物 など、日本から来ている私たちのための特別メニューは大好評でした。日本 食を作るコックさんのレベルの高さには 毎回頭が下がります。

2日目:トレッキング開始。モンジョへ
 今日からいよいよトレッキング開始です。ドゥードゥーコシの峡谷沿いの 生活道を歩き、モンジョにあるロッジを目指します。はじめは緩やかに川をめがけて標高を下げていきます。タドコ シにかかる橋から6,000m峰のクスムカングルの雄姿が見えました。パグディンに建つロッジで、ペンネ・アラビアータ の昼食で腹ごしらえをした後、再び歩きはじます。途中のベンカール村付近で姿を現す氷雪を抱いたタムセルク峰(6,623m)の雄姿が印象的でした。今日の宿泊地のモンジョ(2,835m)も前夜のルクラとほぼ同じ標高です。高所では少しづつ宿泊高度を上げることが高所順応の大きなコツです。夕食は昨晩から一転してネパール定食でした。 野菜スープにモモ(ネパール風餃子)、 チャーハン、ほうれん草など、こちらも お客様に大好評でした。

3日目:ナムチェへ
 今日はいよいよ、世界最高峰のエベレストが姿を現すビックデイです。国 立公園のゲートで入園手続きを済ませてからしばらく進み、吊り橋を渡るといよいよ、ナムチェ村へと続く急斜面の始まりです。ナムチェ村までは標高差にして約600m。つづら折りの道をゆっくりゆっくりと登ります。モンジョに前日宿泊していると、お昼頃にはナムチェ村に到着できるので、気分的にはとても楽です。この村では毎週土曜日に市が建つことから「ナムチェバザール」の名で広く知られています。宿泊するロッジでランチを食べました。この日のランチは日本風のカレーライスです。漬物にオクラの和え物が好評でした。 午後は村外れにある展望の丘に登り、 エベレストや世界第4位の高峰ローツェ、名峰アマダブラムの雄姿を楽し みました。傾きかけた太陽の光にエベレ ストの南西壁が輝く姿に皆さん大感激でした。

4日目:ナムチェ滞在
 今日はナムチェ村での滞在日です。村上部の展望の素晴らしいシャンボチェの丘周辺をのんびり歩き、エベレストをはじめとしたクーンブ山群の山々の展望を満喫しながら、シェルパ族の暮らすクムジュン村などを訪問します。ヒマラヤ の山々を見ながら暮らしてきたシェルパ族の生活を垣間見るような、素敵で 印象的な1日でした。

5日目:ヘリコプターで絶景のコンデ・ロッジを経てカトマンズへ
 朝、ヘリコプターを利用して村から峡谷を隔てた背後の絶景の場所に建つコンデ・ロッジへ。エベレストの眺望を楽しみながらの贅沢な朝食は、旅のハイライトに相応しく、皆さまにとっても最高の思い出になりました。その後、再びヘリに乗って一気にルクラへ下山しました。眼下には2日間滞在したナムチェの村や、昨日歩いたシャンボ チェの丘が見渡せます。そして奥に聳えるエベレストの雄姿に後ろ髪を引かれながら、あっという間のフライトでした。ナムチェ村からヘリでルクラに一気に戻るのではなく、大展望の朝食タ イムを挟んで下山するという「粋」な行程に、皆さん大喜びでした。今回のトレッキングで宿泊したハイ・クオリティのロッジ・グループは、現在エベレスト・エリアに6カ所あります。いずれも専用庭や快適なダイニング、 広々とした2人部屋には清潔で快適なベッドと寝具、専用の洗面所と温水 シャワーとトイレがあります。「最高級 ロッジ」ということでご案内しておりますが、宿泊してみて、一番印象的だったのは、「快適性と清潔さ」、そして「雰囲気の良さ」です。外観や内装も現地 のシェルパ族の住居の雰囲気を残しつつ、快適さや清潔さは、先進国からの トレッカーにも全くストレスを感じさせないクオリティが維持されており、 まさに新たなトレッキングの「かたち」 だと思いました。10月からいよいよトレッキング・シーズンの到来です。是非、 新しい「かたち」でのトレッキングにご参加ください。


<文>小山 晴彦(東京支社)


最高級ロッジでめぐるエベレスト展望ヘリコプター・トレッキング 9日間



帰路はエベレストを背にヘリコプターで下山