世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

News / ニュース

2018/08/09 お知らせ

【特集】 「ニュージーランドの山旅」おすすめのポイント ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック

 「ミルフォード・トラックとルートバーン・トラック、どちらがおすすめですか?」というご質問をよくいただきます。これはなかなか難しい質問なのですが、『どちらもおすすめです。』といつも答えてしまいます。それぞれに良さと特徴があるため、次にまとめた紹介文を参考にしていただければ幸いです。

美しい森と、氷河がつくり上げた雄大な景観を楽しめるミルフォード・トラック
 世界中のトレッカー憧れのミルフォード・トラックはフィヨルドランド国立公園の玄関口テアナウからスタートし、景勝地ミルフォードサウンドまでの約54kmの行程を3泊4日で踏破します。途中、標高差約700mのマッキノンパスの峠越えがあるほかは、ほとんどが平坦なコースで、雄大なフィヨルドのU字谷を埋め尽くす緑豊かなブナの原生林の中を歩きます。途中、NZ固有の可愛らしい野鳥との出会いもあるかもしれません。絶壁から流れ落ちる大小の滝、峠から望むフィヨルドランドの峻峰群など、幻想的かつ迫力ある自然を堪能することができます。

変化に富む山岳景観を楽しめるルートバーン・トラック
 ルートバーン・トラックは、世界遺産に指定されるフィヨルドランド国立公園とマウント・アスパイアリング国立公園にまたがる約40kmの行程を2泊3日で踏破します。フィヨルドのU字谷を歩くミルフォードトラックとは対照的なダイナミックな山岳展望が展開し、南極ブナの森にはじまり、山上湖、滝、湿原、氷河峰の展望に加え、稜線の峠越えと変化に富んだ自然景観が最大の魅力です。十分な歩き応えと達成感が得られる、NZ国内でも最も人気の高いトレッキングコースで、高山植物やたくさんの野鳥との出会いも楽しみです。

快適なロッジに滞在
 ミルフォード・トラック、ルートバーン・トラックともに、宿泊するロッジにはベッドに温水シャワー、水洗トイレ、乾燥室が完備され、美味しい3コースの食事が提供されます。強力な乾燥機のおかげで洗濯ものは翌日には乾くため、着替えなどの荷物は軽量化できます。毎日たくさん歩いたあとはシャワーで汗を流し、美味しい食事とともに世界各国の参加者との交流も楽しみの一つです。

 いかがでしたか? どちらも本当にすばらしいコースですので、ぜひこの冬は、南半球で夏を迎えるニュージーランドへお出かけください。


文:小山 晴彦(東京本社)


ニュージーランドの山旅  コース詳細はこちら



ハリス峠を越えたところに咲く高山植物(ルートバーン・トラック)



氷河を抱く峰々が連なるアオラキ/マウントクック国立公園をハイキング(ミルフォード・トラック)