世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

Alpine Square / アルパイン広場

【エリア紹介】 アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ(タンザニア)

【エリア紹介】 アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ(タンザニア)

アフリカ大陸で最も高い場所“白く輝く山”

キリマンジャロは、タンザニア北東部に位置するアフリカ大陸の最高峰です。スワヒリ語で“白く輝く山"を意味しており、赤道直下にも関わらず、頂上台地には今なお氷河が残り、1年を通して輝いています。火山の噴火活動により形成された山なので、そのかたちは富士山によく似ており、登山ルートも東西南北から複数のアプローチが可能です。しかし裾野は富士山よりはるかに広く、最短で登るルートでも往復で5日間はかかります。このあたりはサバンナ気候帯に属する地域ですが、山麓だけは鬱蒼とした森林に覆われています。これは湿った空気が巨大な山塊にぶつかり、降水量が多いためで、あの有名な『キリマンジャロ・コーヒー』が育つのも、キリマンジャロがもたらす自然の恵みなのです。登山では、ルート上にある3つの山小屋を利用しながら、5泊6日かけておこないます。青々とした樹林帯から、固有の花々が咲く草原帯、氷河が輝く頂上稜線まで、日毎に変化していく見たこともない景色に毎日感動の連続です。登頂だけが目的ではない、とても魅力的な山なのです。

ザ・サドル付近を行くザ・サドル付近を行く

“体力づくり”“高所順応”“防寒対策”

キリマンジャロは特別な登山技術や装備は必要ありません。しかし標高が高く、行動時間、登山日数も長いため、まずはしっかりと登山の体力をつけることが重要です。登頂日は行動時間が12時間を越えます。低山でも構わないので長時間行動できる体力をしっかりと養いましょう。高所登山では身体を徐々に高い標高に慣れさせていく“高所順応”が重要になります。高所順応は『登りながら現地で行う』ことが基本です。当社では途中のホロンボハット(3,720m)に2連泊し、順応にゆとりを持たせています。高所経験豊富なツアーリーダーと屈強な現地ガイドが複数名同行し、歩くスピードから呼吸法など細かくご案内します。最後に登頂日の防寒対策です。赤道直下といえど、標高4,000mを越えると気温は寒いときでマイナス10℃を下回ります。高所では体感温度はさらに低くなるため、保温性の下着、厚手の手袋、厚手のダウンジャケットなど十分な防寒着を準備してください。皆さまが無事に登頂できるよう私たちは最大限のお手伝いをさせていただきます。ぜひ一緒に7大陸最高峰のひとつ、キリマンジャロの頂を目指しましょう!

屈強なガイドと共に登頂!屈強なガイドと共に登頂!

このレポートはわたしが担当しています。

小林 博史

小林 博史

/ 東京本社

高所、スキー、社内業務、何でもこなすオールラウンダー。ロングトレイル倶楽部担当としてヴィア・アルピナの紹介に力が入る。同志社大学山岳部出身。(営業)

①国内で好きな山:剱岳(北アルプス)
②海外で好きな山:ネパールヒマラヤ、カラコルム、スイス
③趣味:弾丸日帰り登山、焚火・キャンプ、料理。