世界の山旅を手がけて47年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

中米最高峰タフムルコ(4,220m)登頂、密林に眠るティカル遺跡満喫とカリブ海 11日間

ツアーコード: HG00UA 16-17

ツアーの仮予約

先住民の文化が色濃く残る国グアテマラを訪れ、中米最高峰タフムルコに登ります。登山後は密林に囲まれたティカル遺跡を訪れ、マヤ文明の神秘に触れます。遺跡を取り巻く密林の鳥や動物との出会いも楽しみです。旅の最後は国境を越えてベリーズへ。遊覧飛行でカリブ海の絶景を堪能します。

中米最高峰タフムルコ(4,220m)
 中米最高峰のタフムルコ(4,220m)はメキシコ国境に近いグアテマラの南西部にある山で、現地マヤの言葉で“大地の奥深い場所”という意味を持ちます。標高こそ4,000mを越えるものの、技術的に難しいところはなく、熱帯にあるために雪も通常はありません。晴れれば山頂からは遠く太平洋や隣国メキシコ、エル・サルバドル、ホンジュラスまでも見渡すことができます。登山はテント泊で1泊2日の行程です。登山にはガイド、ポーターがつきますが、寝袋は日本からお持ちいただく必要があります。熱帯とはいえ、山頂付近の気温は氷点下近くになる(朝晩はさらに冷え込む)ことがありますので十分な防寒の装備をご用意ください。11 ~ 4月の乾季がベストシーズンとなります。下山後にはロス・バーニョス温泉で登山の疲れを癒します。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
3
宿泊高度
3000-3800
宿泊施設
ホテル ロッジ テント
ツアーの種類
サミット倶楽部

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
催行決定 ・ 募集中  03/17(金) 03/27(月) 11日間 660,000円 寺井 信之  5,000

● 燃油サーチャージ(2016年7月20日現在)は不要となっておりますが、今後変更になる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
● 米国ESTA(エスタ=電子渡航認証システム、実費14USドル+申請料金4,320円、2016年7月現在、手数料・消費税込み)の取得が別途必要となります。
● 最少催行人数:10人
● 食事:朝8回、昼7回、夕8回
● 利用予定ホテル:Bクラス以上
● 一人部屋利用追加料金:¥68,000(ロッジ泊を含む、テント泊を除く)

  • ● 利用予定航空会社:アメリカン航空、エア・カナダ、デルタ航空、ラタム航空、全日空、ユナイテッド航空

大阪・名古屋・福岡・札幌などからのお得な日本国内線特別代金プランあり。
※行動範囲:300m ~4,220m、最高宿泊地:3,700m、高山病の影響ややあり。
※トレッキング:現地ガイドが同行。荷物はキャンプ地までロバが1人7kgまで運搬。
※寝袋は日本からお持ちください。

ツアー情報ツアー情報

中米最高峰タフムルコ(4,220m)

中米最高峰のタフムルコ(4,220m)はメキシコ国境に近いグアテマラの南西部にある山で、現地マヤの言葉で“大地の奥深い場所”という意味を持ちます。標高こそ4,000mを越えるものの、技術的に難しいところはなく、熱帯にあるために雪も通常はありません。晴れれば山頂からは遠く太平洋や隣国メキシコ、エル・サルバドル、ホンジュラスまでも見渡すことができます。登山はテント泊で1泊2日の行程です。登山にはガイド、ポーターがつきますが、寝袋は日本からお持ちいただく必要があります。熱帯とはいえ、山頂付近の気温は氷点下近くになる(朝晩はさらに冷え込む)ことがありますので十分な防寒の装備をご用意ください。11 〜 4月の乾季がベストシーズンとなります。下山後にはロス・バーニョス温泉で登山の疲れを癒します。

中米最高峰タフムルコ山頂
中米最高峰タフムルコ山頂

3,700mキャンプ地へ向けて
3,700mキャンプ地へ向けて

密林に眠るティカル遺跡

マヤ文明の神殿都市遺跡として、最大規模を誇るティカル遺跡はマヤの言葉で「精霊の声のするところ」という意味で、最盛期の8世紀には6万人もの人々が暮らしたといわれます。その後、10世紀には急激な気候変動の影響などを受け、忽然と姿を消しました。以降、17世紀末のスペイン人神父により再発見まで密林の奥に埋もれることとなりました。現在、ティカル遺跡を含む約576k㎡にもおよぶ熱帯雨林は国立公園として保護され、遺跡の価値はもちろんそれをとりまく熱帯雨林に生息する貴重な動植物などの価値が認められ、1979年にユネスコの世界複合遺産に登録されました。樹高20数メートルにも及ぶ熱帯雨林の上に頭をのぞかせる遺跡群は見るものを圧倒します。このコースでは国立公園内のロッジに宿泊し、1泊2日かけてたっぷりと遺跡を満喫していただきます。日帰りの観光客の喧噪が去った朝晩のひとときは、もっとも、マヤ遺跡の神秘を感じられるひとときです。

グラン・プラサとⅠ号神殿
グラン・プラサとⅠ号神殿

密林より仰ぎ見るⅢ号神殿
密林より仰ぎ見るⅢ号神殿

世界自然遺産ベリーズのバリアリーフ保護区 グレート・ブルーホール

ユカタン半島の付け根に位置するベリーズは、カリブ海に面する小さな国です。その東海岸に沿って伸びる珊瑚礁は全長300kmに達し、北半球で最大、世界で第2の規模を誇ります。貴重な自然形態や生態系の価値が評価されて1996年に世界自然遺産に登録されました。このバリアリーフには直径300mのグレート・ブルーホールと呼ばれる、真っ青な円があり、近年、一度は見てみたい絶景の場所として知られるようになりました。このコースでは遊覧飛行で上空よりグレート・ブルーホールの絶景をお楽しみいただきます。

グレート・ブルーホール
グレート・ブルーホール

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1 東京 発
グアテマラ・シティ 着
夕刻、東京発飛行機北米経由都市で乗り継ぎ、グアテマラの首都グアテマラ・シティ(1,500m)へ。

食事

宿泊地グアテマラシティ泊[ホテル]

2
グアテマラ・シティ 発
パナハッチェル 着/発
アティトラン湖畔
先住民の村めぐり
パナハッチェル 着/発
ケツァルテナンゴ 着

朝、グアテマラ・シティ発バス専用車でアティトラン湖のパナハッチェル(1,597m)へ(約2.5時間)。ボートでアティトラン湖畔の先住民の村々(サンチアゴ・アティトラン、サンアントニオ・パロポなど)をめぐります。午後、バス専用車でケツァルテナンゴ(2,357m)へ(約2時間)

食事

宿泊地 ケツァルテナンゴ泊 [ロッジ]

3 ケツァルテナンゴ 滞在

サンタマリア火山登山
バス登山口(2,500m)へ(約20分)。歩きタフムルコの高所順応を兼ねて、ケツァルテナンゴの郊外にそびえるサンタマリア火山(3,772m)に登ります。展望が許せば頂上からは近くに噴煙を上げるサンティアゴ火山(2,488m)や遠く中米最高峰タフムルコが望まれます。往路を下山します(徒歩約7時間)。バスケツェルテナンゴへ戻ります(約20分)。
 

食事

宿泊地 ケツァルテナンゴ泊 [ロッジ]

4
ケツァルテナンゴ 発
登山口 着/発
3,700mキャンプ 着

バス専用車で中米最高峰タフムルコの登山口(3,071m)へ(約2.5時間)。歩きここから登山開始。3,700mキャンプ(3,700m)へ(徒歩約4時間)。

食事

宿泊地 3,700m キャンプ泊 [テント]

5
3,700mキャンプ 発
中米最高峰タフムルコ登頂
3,700mキャンプ 着/発
ケツァルテナンゴ  着
歩き未明、山頂を目指します。天候が許せば山頂よりご来光を望みます。山頂からの大展望を楽しんだ後、往路を下山します。キャンプサイトを経て登山口へ(徒歩約6時間)。
下山後、専用車でロス・バーニョス温泉に立ち寄り入浴した後、ケツァルテナンゴを経て、アティトラン湖畔のパナハッチェルへ(約4時間)。
 

食事

宿泊地 ケツァルテナンゴ泊 [ホテル]

6
ケツァルテナンゴ  発
アンティグア 着

世界遺産の古都
アンティグア観光

バス専用車で世界遺産の古都アンティグア(1,530m)へ(約3時間)。午後、世界遺産の古都アンティグア市内観光をします。

食事

宿泊地 アンティグア泊 [ホテル]

7
アンティグア 発
グアテマラ・シティ 着/発
フローレス 着/発
ティカル国立公園 着
 
世界遺産ティカル遺跡

早朝バス専用車でグアテマラ・シティへ(約1時間)。

飛行機国内線でフローレス(130m)へ(約1時間)。着後バス専用車で世界複合遺産のティカル遺跡(300m)へ(約1.5時間)。着後、遺跡を見学します。

宿泊はティカル国立公園内のロッジとなります。
 

食事

宿泊地 ティカル国立公園泊 [ロッジ]

8 ティカル遺跡
朝日観賞
ティカル遺跡 発
カル・ペチ遺跡ベリーズ・シティ 着
歩き未明、ロッジより70mの高さでそびえるⅣ号神殿へ。Ⅳ号神殿より熱帯雨林に浮かぶ朝日を観賞します。ロッジに戻ります(徒歩約1.5時間)。朝食後バス専用車で国境を越えて、カリブ海沿いのベリーズ・シティへ(約4時間)。途中、マヤ・アーチが残るカル・ペチ遺跡に立ち寄ります。

食事

宿泊地ベリーズシティ[ホテル]泊 

9 ブルーホール遊覧飛行ベリーズ・シティ 発
北米経由都市 着
飛行機小型飛行機でカリブ海の沖合約70kmにある世界自然遺産「ベリーズ・バリア・リーフ保護区」の一部であるグレート・ブルーホールの遊覧飛行へ。上空から美しいカリブ海を堪能します(所要約50分)。午後、ベリーズ・シティ発1北米経由都市へ。

食事

宿泊地 北米経由都市泊 [ホテル]

10

北米経由都市 発

午前、北米経由都市発飛行機東京へ。


食事

宿泊地機中泊 

11 東京 着 午後、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。
※ケツァルテナンゴのロッジの浴室設備はシャワーのみとなりバスタブはありません。あらかじめご了承ください。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

●当ツアーで訪れる「:グアテマラとベリーズの全行程」には、外務省渡航情報「十分注意して下さい」が出されています(2016年7月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。

ツアーの仮予約