世界の山旅を手がけて48年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

北欧、“巨人たちの住みか”トレッキング と最高峰登頂、フィヨルド・ハイキング 11日間

ツアーコード: CN00JJ 17

ツアーの仮予約

ノルウェーを代表するフィヨルド展望スポット、プレーケストーレンへハイキング。その後、北欧を代表する山岳風景が広がるヨートゥンハイメン国立公園を3泊4日で山小屋から山小屋へトレッキングを楽しみます。夏の淡い光の中、北欧の大自然に触れる山旅です。旅のさいごには、北欧最高峰ガルホピッゲンにも登山します。

●山小屋縦走トレッキングと北欧最高峰登頂、絶景のフィヨルド展望ハイキング

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
4
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
サミット倶楽部 ロングトレイル倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
催行間近 ・ 大募集中  08/18(金) 08/28(月) 11日間 東京発着料金682,000円    

● 燃油サーチャージ(2017年3月20日現在:目安約17,000円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
● ツアーリーダー:スタヴァンゲルからオスロまで同行します。添乗員は同行しませんが、出発日によってはツアーリーダーが全行程同行します。
● 最少催行人数:10人
● 食事:朝9回、昼6回、夕8回
● 一人部屋利用追加料金:¥36,000(ロッジ泊を含む、山小屋泊を除く)
● 利用予定ホテル:Bクラス以上。

  • ● 利用予定航空会社:スカンジナビア航空

※大阪・名古屋・福岡・札幌などからのお得な日本国内線特別代金プランあり。※詳しくはお問い合わせください。
大阪・名古屋/東京間往復・・・24,000円 福岡・札幌間往復・・・34,000円。
※ロッジ、ホテルの浴室設備はシャワーのみとなります。

ツアー情報ツアー情報

快適な山小屋をつないで、北欧屈指の山岳地帯を歩く

北欧最大の山岳地帯で“巨人たちの住みか”と呼ばれるヨートゥンハイメン国立公園の核心部を縦断します。玄関口であるイェンデ湖畔より歩き始め、一部はボートを利用して、北欧最高峰ガルホピッゲン山麓のスピターストゥーレンまで、全長約53kmを3泊4日かけて歩きます。1日の歩行時間は6時間から8時間と長いですが、1日日のベッセゲン尾根以外は、おおむね高低差の少ないトレイルを歩きます。宿泊するノルウェーの山小屋は快適さでは定評があり、温水シャワー、乾燥室はもちろん、小屋によってはサウナまで備わっています。その日の昼食はおいしいハムやチーズでサンドイッチを自分の手で作り、トレッキングに持参します。北欧は緯度が高いため、標高が低いところでも、高山植物が見られます。北欧ならではの、淡くやさしい光、氷河が作出した巨大なU字谷地形、雪と氷河を抱いた山々、北欧の誇る山岳風景を思う存分、満喫してください。

ライルバスブー小屋へ向けてU字谷をいく
ライルバスブー小屋へ向けてU字谷をいく

メムルブー小屋
メムルブー小屋

北欧最高峰ガルホピッゲン

北欧最高峰のガルホピッゲンは標高2,469m、北緯61.6度の高緯度地域にあるため、標高2,000mといえど、周囲3方向を大きな氷河に囲まれた雄大な山です。中腹の台地に建つ標高1,841mのユッバス小屋から標高差約630mを登降します。ルートの一部は傾斜の緩い氷河上の雪原を横断します。雪原の横断では安全のためにガイドと参加者が登山用ロープを結びハーネスを付けます。これらの装具は現地で無料のレンタルを用意しています。ストックはあれば便利ですが、ピッケルやアイゼンは必要ありません。 

ガルホピッゲンからの大展望
ガルホピッゲンからの大展望

ガイドとロープを結んで氷河上の氷原を横断
ガイドとロープを結んで氷河上の氷原を横断

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1
東京  発
スタヴァンゲル 着/発
リーセ・フィヨルド地区 着
午前、東京発飛行機ヨーロッパ内都市で乗り継ぎ、ノルウェー南西部の港町スタヴァンゲルへ。夜、スタヴァンゲル着。着後、バスリーセ・フィヨルド地区のロッジへ(1.5時間)。

食事

宿泊地 リーセ・フィヨルド地区泊 [ロッジ]

2
リーセ・フィヨルド地区 滞在
 
リーセ・フィヨルド展望
プレーケストーレン
ハイキング
朝プレーケストーレン小屋(270m)へ。歩き湿原や氷河に磨かれた花崗岩帯の道をリーセ・フィヨルドへ。フィヨルドへ突き出た高度差約600mの垂直の岩塔プレーケストーレン(604m)からの眺めは圧巻です。往路を戻ります(徒歩約5時間)。バス船往路をロッジへ戻ります。

食事

宿泊地 リーセ・フィヨルド地区泊 [ロッジ]

3
リーセ・フィヨルド地区 発
スタヴァンゲル 着/発
オスロ  着/発
イェンデスハイム 着
早朝バススタヴァンゲル空港へ(1.5時間)。午前飛行機ノルウェーの首都オスロへ。午前、オスロ着。着後バスヨートゥンハイメン国立公園の玄関口イェンデスハイム小屋(994m)へ(5時間)。

食事

宿泊地 イェンデスハイム泊 [山小屋]

4
トレッキング1日目
イェンデスハイム 発
メムルブー 着
歩き朝、イェンデスハイムよりイェンデ湖北側の山へ標高差約750mを登ります。湖面の標高が400mほど異なる2つの湖(ベス湖とイェンデ湖)を隔てる細い岩尾根、ベッセゲン尾根を下り、メムルブー小屋(995m)へ(徒歩約8時間)。

食事

宿泊地 メムルブー泊 [山小屋]

5
トレッキング2日目
メムルブー 発
イェンデブー 着
イェンデストゥンガ峰
船ボートでイェンエブー小屋(995m)へ。歩き着後、希望者はイェンデブーの裏に聳える好展望の山、イェンデストゥンガ峰(1,516m)を往復します(徒歩約4時間)。

食事

宿泊地 イェンデブー泊 [山小屋]

6
トレッキング3日目イェンデブー  発
ライルバスブー  着
歩き巨大なU字谷ストラー谷沿いを歩き、大小いくつかの湖を過ぎ、湖畔のライルバスブー小屋(1,400m)へ(徒歩約8時間)。

食事

宿泊地 ライルバスブー泊 [山小屋]

7
トレッキング4日目
ライルバスブー 発
スピターストゥーレン  着/発
ガルホピッゲン山麓 着
歩き小さな湖畔をいくつか過ぎ、ビス谷の上部へ、谷沿いをゆるやかにくだり、スピターストゥーレン小屋(1,106m)へ(徒歩約7時間)。バスガルホピッゲン山麓のロッジへ(40分)。

食事

宿泊地 ガルホピッゲン山麓泊 [ロッジ]

8
ガルホピッゲン山麓 滞在ガルホピッゲン登山
バスユッバス小屋(1,841m)へ(20分)。歩き山小屋より緩やかに登り、ストゥッゲ氷河の上の雪原をガイドとともにロープをつないで横断し、北欧最高峰ガルホピッゲン山頂(2,469m)へ。360度の展望を楽しんだ後、往路を下ります。標高差約630mを往復する登山となります(徒歩約6時間)。バスガルホピッゲン山麓へ戻ります(20分)。

食事

宿泊地 ガルホピッゲン山麓泊 [ロッジ]

9

ガルホピッゲン山麓 発
オスロ 着

専用車でオスロへ(6時間)。

食事

宿泊地 オスロ泊 [ホテル]

10

オスロ発
 

午前、オスロ発飛行機ヨーロッパ内都市で乗り継ぎ、東京へ。

食事

宿泊地 機中泊

11

東京 着

午前、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

ツアーの仮予約