世界の山旅を手がけて48年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

北島の名峰ルアペフ山、タラナキ山登頂とトンガリロ・クロッシング 9日間

ツアーコード: BT00OC 17-18

ツアーの仮予約

南島のサザンアルプスの氷河峰とは対照的な景観を誇る北島の火山地帯を訪れます。独特の火山風景が広がるトンガリロ国立公園に3連泊し、日帰りで周辺のハイキングを楽しみます。旅の後半では秀麗なタラナキ山に登ります。それぞれの歩行時間は約6〜10時間となる、歩きごたえのあるコースです。

ダイナミックな世界遺産、 トンガリロ国立公園
ルアペフ、ナウルホエ、トンガリロの3つの火山が連なるトンガリロ国立公園。1894年、ニュージーランドでは初めての、そして世界でも4番目の国立公園となり、1990年には世界自然遺産に登録されました。さらに1993年には、山岳地帯の自然保護とマオリの文化遺産の継承を目的とし、珍しい複合遺産として世界遺産に登録されました。マオリの伝説と深い関わりを持つこの地には、火山地帯特有の風景が広がっており、日帰り登山やハイキングでは火口湖や溶岩台地の眺望を満喫できます。

●『アルパインツアー+モンベルクラブ』提携カードとモンベルの便利なアウトドア・ギアをプレゼント!
●icebreaker社製  登山用ソックス “HIKE HEAVY CREW” × 2足
 メリノウールを使用した、保温性に優れる厚手ソックスです。耐摩耗性と伸縮性、通気性を高め、部位により素材を変えることで、快適性を追求しています。ボトム部分はクッション性のある肉厚パイルで衝撃を吸収し、足の負担を軽減し、長期間着用してもにおいにくい抗菌防臭効果も備えています。
 【素材】ウール63%、ナイロン34%、ポリウレタン(ライクラ®)3%(メリノウール使用)  ※色のご指定はできません。
●macpac社製 ウエストバック “Module Small”
 優れた強度と防水性を持ち、使えば使うほど風合いが増すアズテックR製のウェストバッグです。長めのファスナーに1気室のみの無駄のないシンプルな構造。内部にベルクロのメッシュポケットを装備。たすき掛けできるようにベルトはやや長めに設定しています。
 ・サイズ:約W11×D28×H7cm ・容 量:約2L ※色のご指定はできません。
●当コースでは、トンガリロ国立公園に建つ高級ホテル、シャトー・トンガリロに3連泊します。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
4
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
全ホテル
ツアーの種類
サミット倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
催行決定 ・ 残席僅か  01/16(火) 01/24(水) 9日間 東京発着料金598,000円 中嶋 千春  5,000
催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  02/24(土) 03/04(日) 9日間 東京発着料金598,000円    
催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  03/17(土) 03/25(日) 9日間 東京発着料金598,000円    

● 燃油サーチャージは、旅行代金に含まれています。
● ツアーリーダー(添乗員):ツアーリーダーが東京から東京まで全行程同行します。
● 最少催行人数:8人[1グループ最大15人]
● 食事:朝6回、昼6回、夕7回
● 利用予定ホテル:Bクラス以上
● 一人部屋利用追加料金:¥86,000

  • ● 利用予定航空会社:ニュージーランド航空

●大阪・名古屋・福岡・札幌などからのお得な日本国内線特別代金プランあり。
●ビジネスクラス、プレミアム・エコノミーをご希望の方はお問い合わせください。

ツアー情報ツアー情報

トンガリロ・クロッシング

北島最大の山岳地帯・トンガリロ国立公園の中で、最も人気のあるのがトンガリロ・クロッシング。NZで“もっともドラマチックな日帰りハイキング”としても名高いコースです。コースの全長は約19km。ナウルホエ山の裾野に広がる草原帯からスタートし、北島の火山地帯ならではの荒涼とした溶岩台地や、月世界を思わせる巨大なクレーター、色鮮やかな火山湖や緑豊かな原生林など、変化に富んだ景観を見ながら歩くコースは充実度満点です。また、コース中の最高点レッドクレーター付近からの眺めは、圧巻です。

雲上の尾根を登りルアペフ山頂へ(3日目)
雲上の尾根を登りルアペフ山頂へ(3日目)

トンガリロ国立公園内に建つ高級ホテル シャトー・トンガリロに宿泊

“シャトー”の名の通り、お城のような外観の高級ホテル。世界遺産に指定された国立公園の中に建ち、NZ国内でも有数の歴史を有しています。ロビーや客室は落ち着いた雰囲気で、ゆっくりとした時間をお過ごしいただくことができます。プールなど設備も充実しているほか、クオリティの高いお食事もここでの滞在の楽しみのひとつです。

お城のような外観のホテル
お城のような外観のホテル

ニュージーランド富士と称される タラナキ山(Mt.エグモント)に登頂

北島西部、エグモント国立公園の中心に一際高く聳える独立峰Mt.エグモントは、標高2,518m。別名タラナキ山とも呼ばれ、富士山を彷彿とさせる美しいコニーデ型の山です。山麓の美しい海辺の街、ニュープリモスを起点にその頂を目指します。標高差1,400m以上を登る登山はかなり登りごたえがありますが、山頂からの360度の大展望は圧巻です。

タラナキ山頂(2,518m)を目指す(6日目)
タラナキ山頂(2,518m)を目指す(6日目)

山頂に到着
山頂に到着

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

東京  発

夕刻、東京発飛行機 ニュージーランド航空直行便で、オークランドへ。

食事

宿泊地 機中泊

2

オークランド 着/発
トンガリロ国立公園 着

午前、オークランド着。バストンガリロ国立公園へ(約6時間)。国立公園内に建つシャトー・トンガリロに3連泊します。

食事

宿泊地 トンガリロ国立公園泊 [ホテル]

3

トンガリロ国立公園 滞在

北島最高峰
ルアペフ山登頂

リフトを乗り継ぎ、標高約2,000m地点より登山開始。
歩きグレーシャーノブへと続く緩やかな岩尾根を登り、稜線上部へ。クレーターの頂稜にある、最高点手前のドーム・ピーク(2,672m)に登頂。その後、往路を下ります(徒歩約6時間/約7km/標高差約650m)。

食事

宿泊地 トンガリロ国立公園泊 [ホテル]

4

トンガリロ国立公園  滞在

トンガリロ・クロッシング

歩きルアペフ山麓北側のマンガテポポ登山口よりスタート。約19kmの行程は、荒涼とした溶岩台地や月世界を思わせるクレーターを巡り、色鮮やかな湖、原生林など、火山地帯のさまざまな景観を存分に満喫できるコースです(徒歩約9時間/19km/標高差560m)。

食事

宿泊地 トンガリロ国立公園泊 [ホテル]

5

トンガリロ国立公園  発
ニュープリモス  着

バス車窓に広がるのどかな田園地帯や羊の放牧地を見ながら、タラナキ地方の中心、ニュープリモスへ(約6時間)。

食事

宿泊地 ニュープリモス泊 [ホテル]

6

ニュープリモス 滞在

タラナキ山登頂

歩き早朝、プラトー登山口(1,172m)より登り初め、タフランギ・ロッジを経て山頂へ。“ニュージーランド富士”とも称される美しいタラナキ山(2,518m)に登頂し、展望を満喫します(徒歩約10時間/約12km/標高差約1400m)。

食事

宿泊地 ニュープリモス泊 [ホテル]

7

ニュープリモス 滞在

エグモント国立公園
ハイキング

歩き清流や滝、高層湿原など自然豊かなエグモント国立公園でのハイキングにご案内します(徒歩約2~3時間)。
滞在中の天候を考慮し、6日目と7日目の予定を入れ替えてご案内する場合があります。

食事

宿泊地 ニュープリモス泊 [ホテル]

8

ニュープリモス  発

ワイトモ鍾乳洞のツチボタル観光

オークランド 着 

バスワイトモへ(約3時間)。ワイトモ鍾乳洞で神秘的な光を放つツチボタルをご覧いただきます。
昼食後、バスオークランドへ(約3時間)。

食事

宿泊地 オークランド泊 [ホテル]

9

オークランド  発
東京  着

午前、オークランド発飛行機ュージーランド航空直行便で東京へ。
午後、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

ツアーの仮予約