世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

チロル、ドロミテ満喫ハイキングと名峰2座登頂 11日間

ツアーコード: CT00AP 18

ツアーの仮予約

それぞれ異なる魅力を持つチロルからドロミテへと縦断し、2つの3,000m峰の登頂を目指す山旅です。このエリアではハイキングの装備で登れる貴重な山でありながら、周囲の山々や谷を見下ろす山頂からの景色は圧巻です。登頂のほかにも、歩きごたえのあるハイキングコースを厳選しました。

●チロルとドロミテ。2つのエリアで登頂を含む充実のハイキングを楽しむ

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
3.5
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
サミット倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京 大阪
催行決定 ・ 残席僅か  08/02(木) 08/12(日) 11日間 東京発着料金566,000円 大阪発着料金576,000円    

● 燃油サーチャージ(2018年1月20日現在:目安約7,000円~20,000円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
● ツアーリーダー:チューリッヒからベネチアまで同行します。添乗員は同行しませんが、出発日と発着地によってはツアーリーダーが全行程同行します。
● 最少催行人数:12人
● 食事:朝8回、昼2回、夕6回
● 一人部屋利用追加料金:¥70,000(山小屋泊を除く)
● 利用予定ホテル:Bクラス以上。

  • ● 利用予定航空会社:エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空、ターキッシュエアラインズ

※名古屋・福岡・札幌などからのお得な日本国内線特別代金プランあり。
※クロイツシュピッツェ、およびピッツ・ボエ登山はアイゼン・ピッケルを必要としません。またアイゼン・ピッケルを使用しなければならない等、自然条件が悪いときは登山を中止します。

ツアー情報ツアー情報

チロル・アルプスの山頂を極める

山頂に登らないと見られない景色や感動があります。また、せっかくアルプスへ来たのだからせめてピークをきわめたいという人は多いはずです。そんな希望をかなえてくれるのが、チロル・エッツタール山群の3,400m峰クロイツシュピッツェです。ほとんどのアルプスの高峰は夏でも雪をまとい登頂にはアイゼンやピッケルを必要とします。その中で、このクロイツシュピッツェは、特別な技術を必要とせずに山頂に登ることができます。本コースでは山小屋に2泊して余裕を持って登頂を目指します。山頂からの360度の大パノラマは登りの疲れを吹き飛ばし、心地よい達成感に包まれることでしょう。チロル最高峰ヴィルトシュピッツェも指呼の間です。また素朴ながら清潔な山小屋での滞在も楽しみです。

エッツタール山群の展望を望む(5日目)
エッツタール山群の展望を望む(5日目)

セッラ山塊最高峰(3,152m)に登頂

山岳風景が美しいドロミテ街道のハイライトのひとつポルドイ峠の北側に、独特の色をした石灰岩質の岩山があります。標高3,000m近い広大な岩盤が積み重なったような山塊の中でひときわ高いピラミッド型のピークがセッラ山塊最高峰のピッツ・ボエです。ドロミテでのハイキングは、岩峰の下に広がる草原の中をのんびりと歩くことが多いのですが、ピッツ・ボエへの登頂コースは、月面を思わせる、荒々しい岩盤や深く刻まれた峡谷など、他のコースでは見られない驚きの光景が広がります。また3,000m峰に日帰りで登頂できることも大きな魅力です。台地上までロープウェイで上がることができるため、登山の標高差は300m程度です。山頂からの展望は素晴らしいの一言で、眼下に見える荒涼としたセッラ台地、山麓に広がる鮮やかな高原の緑、ドロミテ最高峰マルモラーダや名峰サッソルンゴなど、ドロミテ・アルプスの大パノラマを心ゆくまで味わえる感動の瞬間です。

セッラ山塊最高峰ピッツ・ボエの山頂を目指して台地を歩く(7日目)
セッラ山塊最高峰ピッツ・ボエの山頂を目指して台地を歩く(7日目)

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

各地 発

夜、東京・大阪発飛行機中東経由都市へ。

食事

宿泊地 機中泊

2

チューリッヒ 着/発
サンクト・アントン 着

未明、中東経由都市着飛行機乗り継いでスイスのチューリッヒへ。バス専用車でサンクト・アントンへ(約3時間)。

食事

宿泊地サンクト・アントン泊 [ホテル]

3

サンクト・アントン 滞在
エッツタール山群
氷河展望ハイキング
フェント 着

バス専用車で、エッツタールへ(約2.5時間)。エッツタールの谷奥の村オーバーグルグルより、ロープウェイゴンドラで“山上の別天地”ホーエムート展望台(2,653m)へ。歩き眼前に迫るガイスベルク氷河やロートモース氷河を眺めながらハイキング。シェーンヴィース小屋(2,266m)を経て、オーバーグルグルへ(徒歩約2.5時間)。ハイキング後、バスフェントへ。               

食事

宿泊地 フェント泊 [ホテル]


 
4

フェント 発マルティンブッシュ小屋
ハイキング

マルティンブッシュ小屋 着

歩きフェント(1,895m)から歩き始め、広い谷をマルティンブッシュ小屋(2,501m)へ(徒歩約3時間)。

食事

宿泊地 マルティンブッシュ小屋泊 [山小屋]

5

マルティンブッシュ小屋 滞在

チロルの3,400m峰
クロイツシュピッツェ登頂

歩き斜面をジグザグに登り、上部は岩がちな尾根を登りつめてクロイツシュピッツェ山頂(3,455m)へ。チロル最高峰ヴィルトシュピッツェなどの大展望が広がります。登頂後、往路をマルティンブッシュ小屋へ下山します(徒歩約6時間)。

食事

宿泊地 マルティンブッシュ小屋泊 [山小屋]

6

マルティンブッシュ小屋 発
フェント 着/発
絶景のフネス谷散策

オルティセイまたは
セルヴァ  着

歩き往路をフェントへ下山(徒歩約2時間)。その後、バス世界遺産にも指定されたドロミテ山群へ(約3時間)。絵のように美しい風景と讃えられるフネス谷の散策(徒歩約1.5時間)の後、バスオルティセイ(約1時間)またはセルヴァ (約1時間)へ。

食事

宿泊地 オルティセイまたはセルヴァ 泊 [ホテル]

7

オルティセイまたは
セルヴァ  滞在

セッラ山塊最高峰
ピッツ・ボエ登山

バス専用車でポルドイ峠へ(約1時間)。ロープウェイロープウェイでポルドイ展望台(2,950m)へ。歩き石灰岩質の荒涼とした台地から、部分的に急な斜面と尾根を登り、セッラ山塊最高峰のピッツ・ボエ(3,152m)に登頂します。大パノラマを満喫した後、往路を下山します(徒歩約3.5時間)。ハイキング後、ロープウェイポルドイ峠へ。バスオルティセイまたはセルヴァへ。

食事

宿泊地 オルティセイまたはセルヴァ 泊 [ホテル]

8

オルティセイまたは
セルヴァ 発
ジァウ峠 着/発

クローダ・ダ・ラーゴ
展望ハイキング

コルチナ 着

バスジァウ峠へ(約1.5時間)。歩きドロミテの名峰クローダ・ダ・ラーゴの麓を歩き、美しい山上湖フェデーラ湖までハイキング。マルモラーダやチベッタ、ペルモなど、ドロミテの山々の展望が素晴らしいコースです(徒歩約4時間)。ハイキング後、バス4WD車でコルチナへ(約30分)。

食事

宿泊地 コルチナ泊 [ホテル]

9

コルチナ 滞在ドライ・チンネン
一周ハイキング

バスオーロンツォ小屋(2,320m)へ(約40分)。歩きオーロンツォ小屋を出発し、ラヴァレド小屋までは平坦な道。左手にはドライ・チンネンが大きな壁となって迫ります。その後20分ほど緩やかに登ると、3つに並ぶドライ・チンネンをのぞむ展望地に出ます。ドライ・チンネンを背にして歩きロカテッリ小屋へ。ここまで来ると、ドライ・チンネンが真っ正面に見えます。ここからオーロンツォ小屋までは一度大きく下った後に登り返しとなります(徒歩約4.5時間)。その後、バス専用車でコルチナへ。途中、ミズリーナ湖にも立ち寄ります。

食事

宿泊地 コルチナ泊 [ホテル]

10

コルチナ 発
ベネチア 着/発

午前、ベネチアへ(約2.5時間)。午後、ベネチア発飛行機中東経由都市へ。

食事

宿泊地 機中泊

11 各地 着

未明飛行機中東経由都市で乗り継いで、東京・大阪へ。夕刻、東京・大阪着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

ツアーの仮予約