世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

インカ・トレイル・トレッキングと太陽の祭り&世界遺産リマ歴史地区散策 12日間

ツアーコード: HI00NS 20

ツアーの仮予約

世界遺産マチュピチュへと続くインカ古道の3泊4日のトレッキングの後、年に一度の大祭“太陽の祭り(インティ・ライミ)”を観光する特別企画。トレッキング中には、インカの遺跡群やアンデス山脈の山々を望むことができます。マチュピチュ遺跡の背後に聳えるワイナピチュ峰登頂、リマ市内観光もご案内します。

●憧れのインカ・トレイルに加え、南米3大祭りとリマ市内観光を楽しむ

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
3.5
宿泊高度
3000-3800
宿泊施設
ホテル テント
ツアーの種類
ロングトレイル倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  06/16(火) 06/27(土) 12日間 東京発着料金678,000円    

●燃油サーチャージ(2019年7月20日現在:約21,000円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
●米国ESTA(エスタ=電子渡航認証システム、実費14USドル+申請料金4,320円、2019年7月現在、手数料・消費税込み)の取得が別途必要となります。
● ツアーリーダー(添乗員):東京から東京まで同行してご案内します。
● 最少催行人数:10人
● 食事:朝9回、昼9回、夕9回
● 利用予定ホテル:Bクラス以上
● 一人部屋利用追加料金:¥78,000(テント泊を含む)
●トレッキング:寝袋・マットは現地でご用意いたします。※トレッキング許可証代はご旅行代金に含まれております。

  • ● 利用予定航空会社:アメリカン航空、エア・カナダ、デルタ航空、ラタム航空、全日空、ユナイテッド航空

各地からの日本国内線特別プランあり。詳細はお問い合わせください。
※登山中は現地ガイド、コックが同行。荷物は各キャンプ地までポーターが運搬。
※行動範囲:約2,200m~約4,198m、最高宿泊地約3,700m。高山病の影響ややあり。



寝袋は当社が準備します。
※清潔で暖かい寝袋(シュラフ)を現地にて準備しています。日本から持参される必要はありません。


インカ・トレイルの入山規制について
現在、インカ・トレイルの入山者数はガイドやポーターなども含めて500人までに制限されています。入山許可には氏名、生年月日、パスポート番号を提示が必要な上、先着順となります。許可を確保する難しさは年々増してきている状況であり、今シーズンはなんと半年先の許可が取れない、ということが何度もありました。そのため入山許可を取得した場合にのみツアーを催行することができますので、確実に許可を取得してトレッキングを楽しんでいただくためにも、皆さまには早めのお申し込みをお願いしております。ご理解とご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

ツアー情報ツアー情報

年に一度の大祭、太陽の祭り(インティ・ライミ)

インカ帝国の時代に最も重要な祭りとして催されたのが、太陽の祭り(インティ・ライミ)です。かつての都クスコで年に一度催されるこの祭りは、南米3大祭りの一つにも挙げられ、現在では世界中から観光客が訪れます。

太陽の祭り
太陽の祭り

祭りのハイライト、皇帝の登場
祭りのハイライト、皇帝の登場

1日目 チルカ村~ワイリャバンバ 徒歩約5時間/歩行距離12km

トレッキング・スタート!ウルバンバ川沿いに歩き、最初の遺跡ヤクタパタ遺跡(2,600m)に到着。さらに谷沿いの道をコース中唯一の村ワイリャバンバ(2,950m)へ。振り向けば氷雪に覆われた秀峰ベロニカを一望できます。

いざ出発!スタート地点のチルカ近郊
いざ出発!スタート地点のチルカ近郊

2日目 ワイリャバンバ~パカマヨ 徒歩約7時間/歩行距離9km

急坂を登り、インカ・トレイルの最高地点ワルミワニュスカ峠(4,198m)を目指します。ランなどが咲く雲霧林から次第にアンデス独特の草原帯に変わっていきます。峠を越えて、インカ時代 の 段 々 畑 が 連 な る パカマヨ(3,650m)へ。

ワルミワニュスカ峠への登り
ワルミワニュスカ峠への登り

3日目 パカマヨ~プユパタマルカ 徒歩約6時間/歩行距離7km

ルンクラカイ峠(3,998m)を越えると、かつての城砦サヤクマルカ遺跡に到着します。インカ時代の見事な石畳の道を歩き、ビルカバンバ山群最高峰サルカンタイ(標高6,264m)を眺めながら、ベロニカ峰を正面に望めるプユパタマルカ(標高約3,700m)へ。

サヤクマルカ遺跡 。背後にはビルカバンバ山群が連なる
サヤクマルカ遺跡 。背後にはビルカバンバ山群が連なる

4日目 プユパタマルカ~マチュピチュ 徒歩約5時間/歩行距離12km

プユパタマルカ遺跡を通り、さらに精巧に組まれた石畳の道を、インティパタ遺跡、ウィニャイワイニャ遺跡を経て、マチュピチュの正門インティプンク(太陽の門)へ。門をくぐると、ついにマチュピチュ遺跡が現れます。最後、遺跡の中へ下ります。

太陽の門で感動のゴールをむかえる
太陽の門で感動のゴールをむかえる

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1 東京 発
リマ 着
午後、東京発飛行機北米経由都市で乗り継ぎ、ペルーの首都リマへ。

食事

宿泊地 リマ泊 [ホテル]

2 リマ 発
クスコ 着/発クスコ市内観光ウルバンバ谷 着

朝、リマ発飛行機国内線で“インカ帝国の都”クスコ(3,360m)へ。着後、世界遺産に登録されているクスコを観光。その後、バス専用車で“インカの聖なる谷” ウルバンバ谷(2,900m)へと下ります。

食事

宿泊地 ウルバンバ谷泊 [ホテル]

3 ウルバンバ谷 滞在モライ遺跡、マラス塩田
オリャンタイタンボ遺跡
ミスミナイ村
終日、高所順応を兼ねて、ウルバンバ谷滞在。見事に積まれた石組みが残るオリャンタイタンボ遺跡マラスの塩田、円形のモライ遺跡を見学し、地元住民が生活するミスミナイ村を訪れます。

食事

宿泊地 ウルバンバ谷泊 [ホテル]

4 トレッキング1日目ウルバンバ谷 発
チルカ近郊 着/発
ワイリャバンバ 着
バス専用車でウルバンバ谷を通り、チルカ近郊の82km地点(2,600m)へ。歩きインカ・トレイル・トレッキング開始。氷雪のベロニカ山を眺めながら、谷沿いの道をコース中唯一の村ワイリャバンバ(2,950m)へ(徒歩約5時間)。

食事

宿泊地 ワイリャバンバ谷泊 [テント]

  
5 トレッキング2日目ワイリャバンバ 発
パカマヨ 着
歩き急坂を登り、インカ・トレイルの最高地点ワルミワニュスカ峠(4,198m)を越えて、パカマヨ(3,650m)へ(徒歩約7時間)。

食事

宿泊地 パカマヨ泊 [テント] 

6 トレッキング3日目パカマヨ 発
プユパタマルカ 着
歩きルンクラカイ峠(3,998m)を越え、サヤクマルカ遺跡を経て、氷雪のサルカンタイ山を眺めながらプユパタマルカ(3,700m)へ(徒歩約6時間)

食事

宿泊地 プユパタマルカ泊 [テント] 

7 トレッキング4日目プユパタマルカ 発
マチュピチュ 着/発
マチュピチュ村 着

歩き石畳の道をインカ時代のマチュピチュへの正門インティプンク(太陽の門)へ。目の前にマチュピチュ遺跡(2,460m)が現れます(徒歩約5時間)。バス遺跡からシャトルバスでマチュピチュ村(2,200m)へ下ります。

食事

宿泊地 マチュピチュ村泊 [ホテル]

  
8
マチュピチュ遺跡観光マチュピチュ村 発
クスコ 着

午前、シャトルバスで再びマチュピチュ遺跡へ上がり、世界遺産登録の“謎の空中都市” マチュピチュ遺跡の観光をお楽しみください。午後、バスシャトルバスでマチュピチュ村へ戻り、電車バス列車と専用車でクスコへ戻ります。

食事

宿泊地 クスコ泊 [ホテル]

9 クスコ 滞在
太陽の祭り
クスコにて南米3大祭りのひとつ“太陽の祭り”を観光します。

食事

宿泊地 クスコ泊 [ホテル]

10

クスコ 発
リマ 着
リマ市内観光リマ 発

朝、クスコ発飛行機国内線でリマへ戻ります。
リマ着後、バス世界遺産であるリマ歴史地区の観光へ。
深夜、リマ発飛行機北米経由都市へ。

食事

宿泊地 機中泊

 
11

北米経由都市 着/発

北米経由都市で乗り継ぎ、飛行機東京へ。

食事

[機中泊]

12 東京 着

午後、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。
 

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。
●当ツアーで訪れる「ペルーの全行程」には、外務省渡航情報「十分注意して下さい」が出されています(2019年7月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。

ツアーの仮予約