世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

ツール・ド・モンブラン トレッキング・スペシャル 12日間

ツアーコード: CT00MB 19

ツアーの仮予約

大好評のツール・ド・モンブランを完全踏破により近い形で歩きます。モンブラン山群の南壁を展望する絶景のトレイルや、スイスらしいのどかな風景の中を歩くトレイル、モンブラン山群を囲む3カ国でそれぞれ行程を増やし、ツール・ド・モンブランの魅力により一層迫ります。

●改訂 大好評のツール・ド・モンブランをしっかりと歩く充実のプラン

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
4
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
ロングトレイル倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京 大阪
満席(お問合せください)  07/04(木) 07/15(月) 12日間 東京発着料金578,000円 大阪発着料金588,000円    
催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京 大阪
催行間近 ・ 大募集中  07/23(火) 08/03(土) 12日間 東京発着料金578,000円 大阪発着料金588,000円    

●燃油サーチャージ(2019年1月20日現在:目安約21,000円~34,000円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
●ツアーリーダー:ジュネーブからジュネーブまで同行します。添乗員は同行しませんが、出発日と発着地によってはツアーリーダーが全行程同行します。
● 最少催行人数:12人
●食事:朝9回、昼8回、夕7回
●一人部屋利用追加料金:¥52,000(山小屋泊を除く)
●利用予定ホテル:Bクラス以上。

  • ● 利用予定航空会社:エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空、ターキッシュエアラインズ

※各地っからの日本国内線特別プランあり。詳細はお問い合わせください。
※天候・残雪の状況やご参加者のコンディションによっては、コースを変更して代替ルートやエスケープ・ルートをとったり、コースの一部を割愛・省略することがあります。これらの決定に際してはツアーリーダー及び現地ガイドの判断と指示に従っていただきますようお願いを申し上げます。
●トレッキング:ツアーリーダーと現地トレッキング・ガイド同行。山小屋は寝具・食事つき。
●トレッキング中、着替えや使用済み衣類を、以下の通りに順番に回送します。衣類を入れるための袋・バッグを1つご用意ください。スーツケース類はシャモニへ置いていきます。
 ・4日目の朝:シャモニのホテル  → 6日目のクールマイユールのホテルへ。
 ・7日目の朝:クールマイユールのホテル  → 8日目のシャンペの山小屋へ。
 ・9日目の朝:シャンペの山小屋  → 10日目のシャモニのホテルへ。

ツアー情報ツアー情報

ツール・ド・モンブランをより充実した日程で楽しむ

フランス、イタリア、スイスの3カ国にまたがり、モンブラン山群を一周する雄大なロングトレイル「ツール・ド・モンブラン」。国境を越える峠を含むハイライト部分をコンパクトな日程で歩くツールドモンブランの9日間コースに比べて、3カ国それぞれでより時間をとり、魅力あふれるトレイルを楽しむ内容です。イタリア側では、モンブラン山群の迫力ある南面を展望する絶景のトレイルをボナッティ小屋宿泊を含めて2日間かけて歩きます。スイス側では一転して、のどかな牧草地と森の中をシャンペからトリアンまでを歩きます。フランス側では、バルムのコルを越えてから、シャモニのホテルへ入り、翌日ラックブランへとモンブランに対面するトレイルを歩きます。盟主モンブランと荒々しいシャモニ針峰群を一望にするこの最後の区間こそ、雄大なツール・ド・モンブランのフィナーレを飾るのにふさわしい、素晴らしいコースです。迫力の氷雪の峰々、緑の牧草地、かわいらしい高山植物などモンブラン山群の懐深い魅力に抱かれる山旅となるでしょう。

グランドジョラス(4,208m)が迫る(7日目)
グランドジョラス(4,208m)が迫る(7日目)

エギーユ・ド・ノワールを正面にコンバル湿原へと下る(6日目)
エギーユ・ド・ノワールを正面にコンバル湿原へと下る(6日目)

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1
 東京・大阪 発

夜、東京・大阪発飛行機中東経由都市へ。

食事

宿泊地 機中泊

2

ジュネーブ 着/発
シャモニ 着

未明、中東経由都市着飛行機乗り継いでスイスのジュネーブへ。午後、バス専用車でフランスのシャモニへ。

食事

宿泊地 シャモニ泊 [ホテル]

3

シャモニ 滞在

エギーユ・デュ・ミディ
展望台
シャモニ針峰群展望
ハイキング

 

シャモニ観光のハイライト、エギーユ・デュ・ミディ展望台(3,842m)へ。その後、中間駅(2,310m)へ下りシャモニ針峰群の中腹をグランドジョラス北壁や尖峰ドリュ、メールドグラス氷河を眺めながら、モンタンベール(1,909m)までハイキング(徒歩約3時間)。その後、バスシャモニへ。

食事

宿泊地 シャモニ泊 [ホテル]

4

トレッキング1日目

シャモニ 発
ボンノム小屋 着
朝、モンブラン山群西面のノートルダム・ド・ラ・ゴルジュ(1,250m)へ。谷筋から高度差約1,200m登って、クロワ・デュ・ボンノムのコル(2,479m)を越えてボンノム小屋(2,433m)へ(徒歩約6時間)。

食事

宿泊地 ボンノム小屋泊 [山小屋]

5

トレッキング2日目

ボンノム小屋 発
エリザベッタ小屋 着
フーのコル(2,665m )を越え、グラシェ谷(1,789m)へ。ゆるい谷を登りモッテ小屋(1,870m)を経て、急斜面を高度差約700m登って、フランス/イタリア国境のセーニュのコル(2,516m)へ。モンブラン山群のイタリア側の大パノラマが開けます。その後、エリザベッタ小屋(2,258m)へ(徒歩約8時間)。

食事

宿泊地 エリザベッタ小屋泊 [山小屋]

6 トレッキング3日目
エリザベッタ小屋 発
シェクルイのコル 着/発
クールマイユール 着
コンバル湿原(2,000m)へ下った後、急登をヴィエイユ峠(2,420m)へ。モンブランからグランドジョラスまでイタリア側の展望のハイライトが続く道をシェクルイのコル(1,956m)へ。さらにクールマイユール(1,210m)へ(徒歩約7時間)。

食事

宿泊地 クールマイユール泊 [ホテル]

7

トレッキング4日目

クールマイユール 発
ボナッティ小屋 着
標高差約800mを登りベルトーネ小屋(1,989m)へ。さらに山腹の好展望のトレイルをグランドジョラスを眺めながらボナッティ小屋(2,022m)へ(徒歩約5時間)。

食事

宿泊地 ボナッティ小屋泊 [山小屋]

8 トレッキング5日目
ボナッティ小屋 発
フェレ 着/発
シャンペ 着
フェレの谷(1,800m)へと一旦下り、路線バスにてアルヌーバ(1,800m)へ。アルヌーバより、イタリア/ スイスの国境にあるフェレのコル(2,537m)を越えて、フェレ(1,700m)へ(徒歩約6時間)。シャンペ(1,477m)へ。

食事

宿泊地 シャンペ泊 [山小屋]

9 トレッキング6日目
シャンペ 発
トリアン 着
スイスらしいのどかな森と牧草地を歩き、ボバン峠(1,987m)、フォルクラ峠(1,526m)を越えトリアンへ(徒歩約7時間)。

食事

宿泊地 トリアン泊 [山小屋]

10 トレッキング7日目
トリアン 発
トレ・ル・シャン 着/発
シャモニ 着
スイス/フランス国境の好展望のバルムのコル(2,191m)を経て、ル・トゥール(1,479m)まで歩きます(徒歩約5時間)。バスル・トゥールから路線バスでシャモ二へ。

食事

宿泊地 シャモニ泊 [ホテル]

 
11
シャモニ 発
ジュネーブ 着/発
午前、ジュネーブへ。午後、ジュネーブ発中東経由都市で乗り継ぎ東京・大阪へ。

食事

宿泊地 機中泊

12 各地 着 夕刻、東京・大阪着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

ツアーの仮予約