世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

オートルート・トレッキング シャモニからツェルマットへ 11日間

ツアーコード: CH00AU 19

ツアーの仮予約

アルプス最高峰モンブランの山麓シャモニから名峰マッターホルンの山麓ツェルマットへと歩く“オートルート(高い道)”を5泊6日でトレッキングするコース。観光客の少ない静かなアルプスの谷と峠越え、牧場、高山植物、素朴な山村風景など変化に富んだトレッキングは、日本での夏山山小屋縦走程度の体力が必要となります。

●モンブラン山麓からマッターホルン山麓へ、“オートルート”を歩く

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
4
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
ロングトレイル倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京 大阪 名古屋
満席(お問合せください)  07/25(木) 08/04(日) 11日間 東京発着料金672,000円 大阪発着料金682,000円 名古屋発着料金692,000円    

●燃油サーチャージ(2019年1月20日現在:目安約25,000円~32,000円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
● ツアーリーダー:ジュネーブからジュネーブまで同行します。添乗員は同行しませんが、出発日と発着地によってはツアーリーダーが全行程同行します。
● 最少催行人数:12人
● 食事:朝9回、昼6回、夕7回
● 一人部屋利用追加料金:¥58,000(山小屋とロッジ泊を除く)
● 利用予定ホテル:Bクラス以上。

  • ● 利用予定航空会社:エールフランス、フィンランド航空、日本航空、KLMオランダ航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スイスインターナショナルエアラインズ

※各地からの日本国内線特別プランあり。詳細はお問い合わせください。
※天候・残雪によっては、コースを変更して代替ルートやエスケープ・ルートをとったり、コースの一部を割愛・省略することがあります。こちらの決定に際してはツアーリーダー及び現地ガイドの判断と指示に従っていただきますようお願いを申し上げます。
●トレッキング:ツアーリーダーと現地トレッキング・ガイド同行。山小屋は寝具・食事つき。
●トレッキング中、スーツケース類を、以下の通りに別送します。
 ・3日目の朝:シャモニのホテル → 4日目のアローラのロッジへ。
 ・5日目の朝:アローラのロッジ → 6日目のツィナールのロッジへ。
 ・7日目の朝:ツィナールのロッジ → 8日目のツェルマットのホテルへ。

ツアー情報ツアー情報

モンブラン山麓からマッターホルン 山麓へオートルート・トレッキング

アルプス最高峰モンブランの山麓のリゾート・シャモニから世界的な名峰マッターホルンの山麓ツェルマットまで、いくつもの峠を越えて歩くオートルート(フランス語で「高い道」の意味)。もともとは、英国の登山家たちが現地のガイドを雇い歩いたルートでした。当時は、今回歩く「ウォーカーズ・ルート」ではなく、氷河をつめて万年雪の残る峠をいくつも越えていく、「グレイシャー・ルート」でした。その後、スキーによるこのコースの縦走が盛んとなり、一躍オートルートの名前を有名にしました。このツアーでは日本での夏山山小屋縦走程度の経験と持ち物(装備)で歩ける「ウォーカーズ・ルート」のハイライト部分を5泊6日かけて現地ガイドとともに歩きます。観光客が入ってこない静かなアルプスの谷と峠をいくつも越えてつなぎながら歩き通す達成感はもちろんのこと、丹念に維持されるアルプの牧場、高山植物、昔ながらの静かな山村など素朴なアルプスの原風景に出会えるトレッキングです。特に途中で宿泊するディス小屋とモアリー小屋、そしてグラン・ムンテ小屋の3軒の山小屋は絶景の展望地に位置します。山小屋とロッジはいずれも寝具・食事つきです。昼食は宿泊する山小屋などで買うことができます。トレッキングに不要な荷物(スーツケース)はシャモニからアローラへ、アローラからツィナールへ、ツィナールからツェルマットへ回送します。ツェルマットでの滞在日には、ご希望の方にはマッターホルン登山のベースとなるヘルンリ小屋までの往復ハイキングなどにご案内します。名峰マッターホルンにより近づくことでより達成感が得られることでしょう。

マッターホルンの登山基地、ヘルンリ小屋(3,260m)へ(9日目)
マッターホルンの登山基地、ヘルンリ小屋(3,260m)へ(9日目)

オートルートの山小屋案内


3日目 ディス小屋 (スイス)

5日目 モアリー小屋 (スイス)

絶景のディス小屋で、楽しいひとときを 過ごします。
絶景のディス小屋で、楽しいひとときを 過ごします。

モアリー小屋では、ガラス張りのダイニ ングから居ながらにして氷河を眺めるこ とができます。オートルートならではの 宿泊する価値のある山小屋です。
モアリー小屋では、ガラス張りのダイニ ングから居ながらにして氷河を眺めるこ とができます。オートルートならではの 宿泊する価値のある山小屋です。

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1
各地 発
ジュネーブ 着/発
シャモニ 着
午前、東京・大阪・名古屋発ヨーロッパ内都市で乗り継ぎ、ジュネーブへ。夜、専用車でフランスのシャモニへ(約1.5時間)。

食事

宿泊地 シャモニ泊 [ホテル]

2

シャモニ 滞在エギーユ・デュ・ミディ
展望台
シャモニ針峰群展望
ハイキング

シャモニ観光のハイライト、ロープウェイエギーユ・デュ・ミディ展望台(3,842m)へ。その後、中間駅(2,310m)へ下り歩きシャモニ針峰群の中腹をグランドジョラス北壁や尖峰ドリュ、メール・ド・グラス氷河を眺めながら、モンタンベール(1,909m)までハイキング(徒歩約3時間)。その後、登山電車シャモニへ。

食事

宿泊地 シャモニ泊 [ホテル]

3

シャモニ 発
ディス湖 着/発

トレッキング1日目

ディス小屋 着

午前、バス専用車とロープウェイロープウェイでダム湖のディス湖(2,364m)へ。
歩きディス湖沿いのトレイルを歩き湖を大きく回り込んだ後、モレーン上のトレイルを登り、絶景のディス小屋(2,928m)へ(徒歩約5.5時間)。

食事

宿泊地 ディス小屋泊 [山小屋]

4

ディス小屋 発

トレッキング2日目

アローラ 着

朝、歩き前日のトレイルを途中まで下り、対岸へ渡りゴーロ帯を抜け、ハシゴのつけられたトレイルを登り、シェーブル峠(2,855m)へ。その後、アローラ(2,006m)へと下ります(徒歩約5時間)

食事

宿泊地 アローラ泊 [ホテル]

5

アローラ 発

トレッキング3日目

モアリー小屋 着

朝、バス専用車でモアリー湖の奥にあるシャトープレー湖(2,349m)へ(約2時間 )。歩きシャトープレー湖(2,349m)から、モレーン上のトレイルを、モアリー氷河のアイスフォールが迫るモアリー小屋(2,825m)へ(徒歩約2時間)。

食事

宿泊地 モアリー小屋泊 [山小屋]

6

モアリー小屋 発

トレッキング4日目

ツィナール 着

歩きモアリー湖畔のトラバース道をたどり、ソルボア峠(2,835m))を越えてソルボア(2,438m)へ(徒歩約6時間)。
ロープウェイロープウェイでツィナール(1,675m)へ。

食事

宿泊地 ツィナール [ロッジ]

7

ツィナール 発

トレッキング5日目

グラン・ムンテ小屋 着

朝、歩きツィナールより歩き始め、村の奥に伸びる林道を1時間ほど進むとやがて登りとなります。ジグザグの急登を登り、アップダウンを繰り返すトラバース道を進むとやがて、ガレた岩場と簡単な鎖場があるトレイルとなります。大きな岩のゴーロ帯をつめるとグラン・ムンテ小屋(2,886m)です(徒歩約7.5時間)。

食事

宿泊地 グラン・ムンテ小屋泊 [山小屋]

8

グラン・ムンテ小屋 発

トレッキング6日目
ツィナール 着/発
ツェルマット 着

朝、歩きグラン・ムンテ小屋発、往路をツィナールへと下山します(徒歩約5.5時間)。午後、ツィナール着後、バス専用車でツェルマットへ(約2時間)。

食事

宿泊地 ツェルマット泊 [ホテル]

9

ツェルマット 滞在ヘルンリ小屋
往復ハイキング

終日、ツェルマット滞在。ご希望でヘルンリ小屋(3,260m)へのハイキング(徒歩約5時間)などにご案内(ロープウェイ代個人負担)。

食事

宿泊地 ツェルマット泊 [ホテル]

10
ツェルマット 発
ジュネーブ 着/ 発
早朝、列車と専用車でジュネーブ空港へ。午前、ジュネーブ発ヨーロッパ内都市で乗り継ぎ、東京・大阪・名古屋へ。

食事

宿泊地 機中泊

11 各地 着 朝、東京・大阪・名古屋着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

ツアーの仮予約