世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

【お盆休みに行く名古屋発着特別企画】ギリシャ最高峰オリンポス山登頂と 世界遺産メテオラ・ハイキング  8日間

ツアーコード: ZNC001 190810

ツアーの仮予約

お盆休みに訪れる特別設定。ゼウスをはじめギリシャ神話の神々が住むと言われる最高峰オリンポス山を山小屋に2泊する行程で登ります。旅の前半には、ギリシャの本土で随一の絶景を誇る世界遺産のメテオラを訪れ、ハイキングを満喫します。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
3
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル 山小屋
ツアーの種類
サミット倶楽部

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
名古屋
催行予定 ・ 募集中  08/10(土) 08/17(土) 8日間 名古屋発着料金498,000円    
備考:
定員14名:お早めにお問合せください

燃油サーチャージは、旅行代金に含まれています。
● ツアーリーダー:名古屋(中部)発着にて全行程同行します。 
● 最少催行人数:12人
● 食事:朝5回、昼4回、夕5回
● 一人部屋利用追加料金:¥40,000(山小屋泊を除く)

  • ● 利用予定航空会社:エティハド航空

※ギリシャの最高峰オリンポス山はいくつかのピークから構成されます。最高点であるミティカスピーク(2,917m)へは険しい岩場の登降となるため、このコースでは一般的なトレッキングコースとして登られている2番目の高さを誇るピーク、スコーリオピーク(2,911m)に登ります。

ツアー情報ツアー情報

ギリシャ最高峰オリンポス山

ギリシャ神話において、ゼウスやアポロン、ポセイドンなどオリュンポスの十二神が山頂に住まうと言われるギリシャの最高峰オリンポス山(2,917m)はバルカン半島でブルガリアのムサラ山についで2番目に高い山です。山はいくつかのピークから構成され、最高点であるミティカス・ピークへは険しい岩場の登降となります。そのため、多くの一般的な登山者は2番目に高いピーク、スコーリオ・ピーク(2,911m)を目指します。このコースでもスコーリオ・ピークの登頂を目的とし、山小屋泊の2泊3日のゆったり行程でご案内します。

スコーリオ・ピークからの最高点ミティカス・ピーク(5日目)
スコーリオ・ピークからの最高点ミティカス・ピーク(5日目)

ギリシャ随一の奇観メテオラ

ギリシャ本土のほぼ中央の平原に突如、林立する岩山。標高は高いものでおよそ600メートル。頂上にたどり着くことすら困難と思われる垂直な岩山の上に、修道院が建つ、世界遺産のメテオラ。メテオラはギリシャ語で「宙に浮く」という意味の「メテオロス」に由来し、その名のとおり、天空に浮かび上がったかのような修道院に現在もギリシャ正教を信仰する50人あまりの修道士・修道女が暮らしています。この岩山に修道院ができたのは、イスラム教を信仰するオスマントルコが侵攻してきた14世紀。修道士たちはギリシャ正教の教えを守り抜こうと支配を逃れ岩山に上がりました。岩山を縫うようにつけられたトレイルを歩き、ふもとから人や荷物などを引きあげた巻き上げ機や、雨水を貯めた樽などを見て、往時、急峻な岩山で修道生活に従事した修道士たちの厳しかった生活などを偲びます。

カランバカの街より望む奇岩群(3日目)
カランバカの街より望む奇岩群(3日目)

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

名古屋 発

夜、名古屋(中部)発。飛行機中東経由都市へ。

食事

宿泊地 機中泊

2

中東経由都市  着/発
アテネ  着/発
カランバカ 着

早朝、中東内経由都市着。飛行機乗り継いでギリシャの首都アテネへ。午後、アテネ着。バス着後、メテオラ観光の拠点となるカランバカへ(約4.5時間)。

食事

宿泊地カランバカ泊 [ホテル]

3

カランバカ  滞在

世界遺産メテオラ
ハイキング

 

終日、カランバカ滞在。歩き世界遺産のメテオラをハイキング。メテオラの岩峰群を見上げながらトレイルを歩き、メガロ・メテオロン修道院(606m)へ。その後、ルサヌ修道院(430m)、を経て、アギア・トリアダ修道院(450m)へ。ここからカランバカへ下ります(徒歩約4時間)。

食事

宿泊地 カランバカ泊 [ホテル]

4

カランバカ  発
プリオニア 着/発

オリンポス登山1日目
スピリオス・
アガピトス小屋 着

バス朝、専用車で登山口のプリオニア(1,100m)へ(約4時間)。ここから登山開始。歩き森の中のトレイルを標高差1,000mをゆっくりと登り、スピリオス・アガピトス小屋(2,100m)へ(徒歩4時間)。

食事

宿泊地スピリオス・アガピトス小屋泊 [山小屋]

5

スピリオス・
アガピトス小屋 滞在

オリンポス登山2日目
スコーリオ・ピーク登頂

 

歩き朝、登山開始。森林限界を越え砂礫帯のトレイルを登り、スカラ・ポイント(2,866m)を経てギリシャ最高峰オリンポス山のピークのひとつスコーリオ・ピーク(2,911m)へ。往路を戻り、スピリオス・アガピトス小屋へ戻ります(徒歩約6時間)。

食事

宿泊地 スピリオス・アガピトス小屋泊 [山小屋]

6

スピリオス・
アガピトス小屋  発

オリンポス登山3日目

プリオニア  着/発
アテネ  着

歩き朝、山小屋を出発し、往路をプリオニアへ向けて下山します(徒歩約3時間)。着後、バス専用車でアテネへ戻ります。(約6時間)。夜、アテネ着。

食事

宿泊地 アテネ泊 [ホテル]

7

 

アテネ 発
中東経由都市  着/発
 

午前、バス専用車で空港へ。

午後、アテネ発飛行機中東経由都市へ。
夜、中東経由都市着。乗り継いで飛行機帰国の途へ。

食事

宿泊地 機中泊

8

名古屋  着

午後、名古屋(中部)着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

ツアーの仮予約