世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

【創業50周年記念特別企画 ネパール第2弾・Cコース】最高級ホテルとロッジでめぐる カリガンダキ渓谷ハイキング 10日間

ツアーコード: AJ00MT 191122

ツアーの仮予約

8月中旬に新しくオープンするジョムソンの高級山岳ホテルとダウラギリⅠ峰とニルギリ連峰の雄姿を同時に望む絶景の地ナウリコットに建つ最高級ロッジにそれぞれ2連泊し毎日周辺のハイキングを楽しみます。チベット的風景が広がるカリガンダキ渓谷の上部は他のネパール・ヒマラヤのトレッキングとは異なる景観が展開します。

●改訂 迫力のダウラギリⅠ峰を間近に望む
●ご参加の皆様に、光電子製アルパインツアーロゴ入りオリジナルネックウオーマーをプレゼント
●おすすめポイント
①8,000m峰を擁するアンナプルナ山群とダウラギリ山群の間を断ち割るようにして流れるカリガンダキ渓谷上部のジョムソンが旅の舞台です。
②絶景の展望地に建つナウリコットのロッジに2連泊して、アンナプルナやダウラギリ山群を望む絶景の日帰りハイキングを楽しみます。
③最高所の宿泊地が標高約2,700mのため、高山病の影響が少なく、ネパールが初めての方にも安心です。
④カトマンズやポカラの市内観光、河口慧海ゆかりの地マルファ村や聖地ムクチナートの訪問などもお楽しみください。
⑤ネパール屈指のリゾート、ポカラにも2泊します。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
2
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
ポレポレ倶楽部

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京 大阪 名古屋
  11/22(金) 12/01(日) 10日間 東京発着料金438,000円 大阪発着料金438,000円 名古屋発着料金438,000円    

● 燃油サーチャージ(2019年6月20日現在:目安約18,000円〜26,000円)が別途必要です。今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
●ビザ=ネパール/申請料金/申請料金(東京7,320円/大阪7,620円)=実費(東京3,000円/大阪3,300円)+申請料金4,320円(2019年6月現在、手数料・消費税込み)の取得が別途必要となります。
● ツアーリーダー(添乗員):カトマンズからカトマンズまで同行してご案内します。出発日と発着地によってはツアーリーダーが全行程同行します。
● 最少催行人数:12人
● 食事:朝8回、昼8回、夕7回
● 利用予定ホテル:Bクラス以上。
● 一人部屋利用追加料金:¥76,000(ロッジ泊を含む)

  • ● 利用予定航空会社:キャセイパシフィック航空、日本航空、キャセイドラゴン航空、大韓航空、全日空、香港エクスプレス航空

※トレッキング:現地ガイドが同行。コックは同行しません。
※行動範囲:2,550m~3,760m、最高宿泊地:2,713m、高山病の影響ややあり。
※厳選ロッジでいく。厳選ロッジに宿泊するコースです。トレッキング中の食事は、ロッジ提供のものになります。当社専属のコックは同行しません。
※ポカラ〜ジョムソン間の路線は、山岳飛行便となります。天候条件や機材その他の現地事情により予定通りに飛べないことがあります。フライトがキャンセルになった場合には、小型車(分乗になります)と専用車(場合によっては一部徒歩)による陸路移動に変更させていただきます。小型車は現地事情により地元住民と混載となる場合があります。また、陸路移動に変更になったことによる差額はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。

 

ツアー情報ツアー情報

ロッジ滞在型で楽しむヒマラヤ山麓ハイキング

ともに8,000m峰を擁するアンナプルナ山群とダウラギリ山群。2つの山群の間を深く断ち割って北から南へ流れるのがカリガンダキ渓谷です。この旅はカリガンダキ峡谷上部にあるジョムソンに軽飛行機で飛び、ジョムソンをベースに聖地ムクチナート往復やダウラギリやニルギリなどのヒマラヤの氷雪峰を眺めながらのハイキングなどを楽しみます。また、ダウラギリⅠ峰のアイスフォールを間近に仰ぎ見る絶景のロッジにゆったり2連泊し、ここをベースにアンナプルナやダウラギリ山群を望む絶景のハイキングにでかけます。ジョムソン周辺はヒマラヤの北部にあるため、緑豊かなヒマラヤの南山麓と大きく景観が異なります。最高所の宿泊地が標高約2,700mのため、高山病の影響も小さく、ネパールが初めての方にも2度目以上の方にもおすすめのコースです。

アイスフォール展望ロッジよりニルギリ連峰を望む。左よりニルギリ北峰(7,061m)、中央峰(6,940m)、南峰(6,839m)
アイスフォール展望ロッジよりニルギリ連峰を望む。左よりニルギリ北峰(7,061m)、中央峰(6,940m)、南峰(6,839m)

ご参加者の皆様へ プレゼント!

ご参加の皆様に、光電子製アルパインツアーロゴ入りオリジナルネックウオーマーをプレゼントします。
光電子
自分の体温を身体に戻す高機能繊維。
Point.1 自然なあたたかさが持続
Point.2 ドライで快適
Point.3 「加湿」ではなく「保温」

ネックウオーマー
ネックウオーマー

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1
各地 発
カトマンズ  着
午前、東京・大阪・名古屋・福岡発飛行機アジア経由都市で乗り継ぎ、深夜、ネパールの首都カトマンズ(1,300m)着。

食事

宿泊地 カトマンズ泊 [ホテル]

2 カトマンズ  発
ポカラ  着
 
ポカラ市内観光
 
午前、飛行機空路、アンナプルナ山群を一望にする湖畔の街ポカラ(800m)へ(約40分)。午後、ポカラ市内観光

食事

宿泊地 ポカラ泊 [ホテル]

3
ポカラ 発
ジョムソン 着
ティニ村ハイキング
ジョムソン 発
マルファ村ナウリコット  着

早朝飛行機山岳飛行定期便にてジョムソン(2,713m)へ(約20分)。歩き着後、ティニ村(2,900m)へハイキング。ダウラギリⅠ峰(8,167m)とニルギリ北峰(7,061m)、ティリツォピーク(7,134m)を間近に仰ぎます(徒歩約3時間)。小型車に分かれて未舗装の道路をナウリコットに建つ「ロッジ・タサン・ビレッジ(アイスフォール展望ロッジ」(2,700m)へ(約1.5時間)。途中、河口慧海ゆかりのマルファ村(2,670m)に立ち寄ります。ロッジからダウラギリⅠ峰とアイスフォールを仰ぎ見ることができます。

※ポカラ→ジョムソン間のフライトが飛ばない場合は、陸路、悪路をナウリコットへ(約7時間)。

食事

宿泊地 ナウリコット泊 [ロッジ]

4 ナウリコット  滞在

ティティガオン
ハイキング
終日、ナウリコット滞在。歩きラルジュン(2,550m)へ下り、カリガンダキ川を吊橋で渡り、コケタンティ(2,595m)を経て、高台にある村ティティガオン(2,850m)へ。ダウラギリⅠ峰、ニルギリ、アンナプルナⅠ峰が望まれます。往路を戻ります(徒歩約5時間)。

食事

宿泊地 ナウリコット泊 [ロッジ]

5 ナウリコット  滞在
セコン湖
ハイキング

ジョムソン 着

歩き山上の湖セコン湖(2,725m)までの往復ハイキング。ニルギリ連峰の右にアンナプルナⅠ峰(8,091m)やファング峰(7,647m)の展望を楽しみます(徒歩約4時間)。小型車に分かれて、ジョムソンへ(約1.5時間)。

食事

宿泊地 ジョムソン泊 [ロッジ]

6 ジョムソン  滞在

聖地ムクチナート
訪問

小型車に分かれて未舗装の道路をヒンドゥー教と仏教両方の聖地ムクチナート(3,760m)を訪問します(約3時間)。歩きムクチナート周辺で軽い散策(徒歩約30分)。小型車に分かれて、往路を戻ります(約3時間)。

食事

宿泊地 ジョムソン泊 [ロッジ]

7
ジョムソン  着/発
ポカラ  着
飛行機山岳飛行定期便にてポカラへ(20分)。午後、湖畔の街ポカラでゆっくりお過ごしください。※ジョムソン→ポカラ間のフライトが飛ばない場合は、陸路、悪路をポカラへ(約8時間)。

食事

宿泊地 ポカラ泊 [ホテル]

8
ポカラ  発
カトマンズ  着カトマンズ市内観光
午前飛行機国内線でカトマンズへ(約30分)。
午後、カトマンズ半日市内観光をお楽しみください。

食事

宿泊地 カトマンズ泊 [ホテル]

9
バクタプール市内観光カトマンズ 発
 

午前、ホテルでゆったりお過ごしください。またはオプショナルツアーでヒマラヤ遊覧飛行をお楽しみください。午後、バクタプール市内観光。夜、カトマンズ空港へ。深夜飛行機カトマンズ発、アジア経由都市へ。


食事

宿泊地 機中泊 

10 各地 着
 
朝、アジア経由都市着飛行機乗り継いで東京・大阪・名古屋・福岡へ。
午後、東京・大阪・名古屋・福岡着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

●当ツアーで訪れる「ネパールの全行程」には、外務省渡航情報「十分注意して下さい」が出されています(2019年6月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。

ツアーの仮予約