世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

第105回 岩崎元郎さんと行く“地球を遠足”シリーズ ネパール・しゃくなげのヒマラヤ展望と世界最高峰エベレスト・マウンテンフライト 8日間

ツアーコード: ZT00IW 200324

ツアーの仮予約

10月から5月の乾季がトレッキングのベスト・シーズンのネパール・ヒマラヤですが、なかでも3〜4月頃のヒマラヤ山麓では、標高2,000m〜4,000mの高さにシャクナゲの花が見事に咲き誇り、山麓が華やかになるとっておきの季節です。特にアンナプルナ山群のゴラパニ周辺は圧倒的にシャクナゲが多く、山腹全体が赤く染まります。

ごあいさつ
 還暦を迎えた2005年3月にスタートした“地球を遠足”も、2019年6月のスイスで100回を数え、100回達成記念として11月18日〜12月4日、南極半島冒険クルーズを楽しんできました。この3月で75歳を迎えます。15年も“地球を遠足”が続けられたのは、アルパインツアーサービス・スタッフのバックアップのおかげです。企画スタート時はスタコラ動いていた足も、古希を過ぎたころよりスムースに動かなくなりました。後期高齢者ですものね・・。ということで、“地球を遠足”を卒業することにしました。75歳を迎える3月下旬、ファイナルツアーを企画してもらいます。
 ファイナルツアーは大好きなネパールヒマラヤ・トレッキング、1回目にトレースしたゴラパニ峠をめざします。ネパールは開発がどんどん進み、昔は三日がかりだったゴラパニ峠も、現在では峠直下まで車道が延び、息を切らせることもなく峠に立って満開のラリーグラス(シャクナゲ)をめでることができます。最高所はプーン・ヒル(3,194m)ですから高山病の心配もありません。“地球を遠足”を締めくくる山旅、ぜひご一緒しましょう。今後はゆったりのんびり歩く、年齢や体力に合った山旅を提案していきたいと思っています。足がスタコラ動かなくなった方、こちらへご参加下さい。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
3
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京 大阪 名古屋 福岡
満席(お問合せください)  03/24(火) 03/31(火) 8日間 東京発着料金390,000円 大阪発着料金390,000円 名古屋発着料金390,000円 福岡発着料金390,000円    

●燃油サーチャージ(2019年12月20日現在:目安約17,000円〜18,600円)が別途必要です。今後変更となる場合は、ご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
●ビザ=ネパール/申請料金(東京8,400円/大阪8,800円)=実費(東京4,000円/大阪4,400円)+申請料金4,400円(2019年12月現在、手数料・消費税込み)の取得が別途必要となります。
●ツアーリーダー(添乗員):東京または大阪から東京または大阪まで同行します。
●最少催行人数:14人 
●食事:朝6回、昼6回、夕5回
●利用予定ホテル:Bクラス以上。
●一人部屋利用追加料金:¥42,000(ロッジ泊を含む。ただし、日程9日目の昼以降のホテルでの部屋利用を含みません。)

 

  • ● 利用予定航空会社:大韓航空

※トレッキング:現地ガイド、ポーターが同行
※行動範囲:1,170m~3,194m。最高宿泊地2,895m。高山病の影響小さい。

ツアー情報ツアー情報

今回で最終回を迎える“地球を遠足”は2005年3月にシリーズ第1回としてネパール・アンナプルナ山群を訪れスタートしました。それから足掛け15年、岩崎さんとご参加者の皆様は世界各地を登り巡り、2019年には記念すべき100回を迎えました。今回はその原点となるシャクナゲのゴラパニ周辺に専用車で訪れます。旅の最後には世界最高峰エベレストを眺める展望フライトにもご案内します。

プーンヒルから望むファング(左)とアンナプルナサウス(右)
プーンヒルから望むファング(左)とアンナプルナサウス(右)

8,000m峰を擁する2つの山群を同時に展望するプーン・ヒルへ

アンナプルナとダウラギリ、8,000m峰を擁する2つの山群を同時に見渡すことができる大展望の丘プーン・ヒルは、ネパールで一、二を争う人気のトレッキング・コースのひとつです。ゴラパニ峠のロッジより日の出前にヘッドランプをつけてプーン・ヒルへ上がり、ご来光を待ちます。日の出とともに刻々と変わるダウラギリⅠ峰やアンナプルナ山群の大パノラマはヒマラヤに憧れる人すべてにとって必見です。

プーンヒルからのダウラギリ山群
プーンヒルからのダウラギリ山群

世界最高峰を望むエベレスト・マウンテンフライト

カトマンズ空港発着の遊覧フライトに乗って、機窓より世界最高峰エベレストを望みます。早朝、ホテルから空港への送迎車でカトマンズ空港の国内線乗り場へ。カトマンズを飛び立ち東のクーンブ山群へ向かい、世界最高峰エベレストが見えるあたりで旋回します。機窓からは、ランタン・ジュガール山群からロールワリン山群、クーンブ山群の山々が展開します。運航・気流が安定している場合には乗客を交代で操縦席に案内してくれます。フライト時間は往復約1時間です。

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

各地 発
ソウル(仁川)着/発
カトマンズ 着

午前、各地発飛行機大韓航空にて韓国のソウル(仁川)へ。ソウル( 仁 川)で 乗り継 ぎ、ネパール のカトマンズ(1,300m)へ。
着後、バス専用車でホテルへ(約30分)。

食事

宿泊地 カトマンズ泊 [ホテル]

2 カトマンズ 発
ポカラ 着/発
タトパニ 着

朝、空港へ。午前飛行機国内線でアンナプルナ山群を一望にする湖畔の街ポカラ(800m)へ。天候が良ければ右側機窓よりランタン山群からマナスル山群の大パノラマが展開します。
着後、バス専用車で天然温泉のあるタトパニ(1,190m)へ(約5時間)。
午後、ヒマラヤの温泉(水着着用)をお楽しみください。

食事

宿泊地 タトパニ泊 [ロッジ]

3

タトパニ 発
ゴラパニ周辺 着/発

トレッキング1日目ゴラパニ 着

朝、バス専用車で悪路をゴラパニ周辺へ(途中、現地の車両規制の事情で車を乗り換える場合がございます)(約2時間)。
歩きシェルパ達とトレッキング開始。ジョムソン街道を登り、ゴラパニ峠(2,895m)へ(約1時間)。

食事

宿泊地 ゴラパニ泊 [ロッジ]

4

ゴラパニ 滞在
トレッキング2日目好展望の丘
プーン・ヒル
好展望の丘
デウラリ

ゴラパニ滞在。歩き早朝、好展望の丘 プ ーン・ヒル(3,194m)を往復します。好天に恵まれれば、ダウラギリⅠ峰(8,167m)、アンナプルナ山群のパノラマが堪能できます(約2時間)。その後、ゴラパニに戻り、歩き午後は尾根道をデウラリ(2,990m)往復へ。デウラリからはパノラマの景色が広がります(約3時間)。

食事

宿泊地 ゴラパニ泊 [ロッジ]

5

ゴラパニ  発

トレッキング3日目

ウレリ周辺 着/発
ポカラ 着

歩きゴラパニ峠からジョムソン街道をポカラ方面へ下ります。ウレリ周辺でトレッキング終了(約2時間)。ウレリ周辺から専用車に乗り換え、悪 路をナヤプル(1,070m)経由、ポカラへ戻ります(途中、現地の車両規制の事情で車を乗り換える場合がございます)(約4時間)。

食事

宿泊地 ポカラ泊 [ロッジ]

6

ポカラ 発
カトマンズ 着カトマンズ・フリータイム

 

午前、ポカラ発飛行機国内線でカトマンズへ戻ります。
着後、バス専用車でホテルへ。
午後は自由行動。街の散策やオプショナルツアー(半日市内観光)をお楽しみください。

食事

宿泊地 カトマンズ泊 [ホテル]

7
エベレスト
マウテンフライト
カトマンズ 発
 

朝、カトマンズから東のエベレストマウンテンフライトをお楽しみいただきます。その後、夜の出発まで自由行動。街の散策やオプショナルツアー(半日市内観光)でお過ごしいただきます。
夜、カトマンズ発飛行機大韓航空にてソウル(仁川)へ。

食事

宿泊地 機中泊

8

ソウル(仁川)着/発
各地 着

午前、飛行機ソウル(仁川)にて乗り継ぎ、各地へ。
午前、各地着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。 なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。
当ツアーで訪れる「ネパールの全行程」には、外務省渡航情報「十分注意して下さい」が出されています(2019年12月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。

ツアーの仮予約