世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

アルゼンチン最北部 プーナ高地絶景紀行 12日間

ツアーコード: HA00PS 20

ツアーの仮予約

アルゼンチンの最北部プーナと呼ばれる高地乾燥地帯の大地をいく旅です。動植物にとってあまりにも過酷な自然環境から、21世紀の現代にいたるまでほぼ手つかずの自然が残ったこの地は、現在、世界中の自然を愛好する旅行者から最も注目を集める場所です。高山病対する注意が必要です。

●新企画 アルゼンチンの地球最後の手つかずの大地をいく旅

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
1.5
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  06/17(水) 06/28(日) 12日間 東京発着料金742,000円    
催行状況※ 出発日 帰国日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  09/29(火) 10/10(土) 12日間 東京発着料金742,000円    

●燃油サーチャージ(2020年1月20日現在:目安約21,000円)となっておりますが、今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際にご案内いたします。
●米国ESTA(エスタ=電子渡航認証システム、実費14USドル+申請料金4,400円、2020年1月現在、手数料・消費税込み)の取得が別途必要となります。
●ツアーリーダー(添乗員):東京から東京まで全行程同行してご案内します。
●最少催行人数:10人 
●食事:朝8回、昼7回、夕8回
●利用予定ホテル:Bクラス以上。
●一人部屋利用追加料金:¥48,000(ロッジ泊を含む、山小屋泊を除く。ただし、部屋数に限りがあるため、ご希望に添えない場合もございます。)

  • ● 利用予定航空会社:アメリカン航空、エア・カナダ、エールフランス、アエロメヒコ航空、アビアンカ航空、デルタ航空、イベリア航空、日本航空、KLMオランダ航空、ラタム航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、全日空、ユナイテッド航空

※各地からの日本国内線はお問い合わせください。
※行動範囲:約1,152m〜5,100m。最高宿泊地約3,550m。高山病の影響あり。
※宿泊高度は標高3,800m以下となりますが、標高4,000m以上の峠を越えて進む旅のため高山病に対する充分な注意が必要です。

ツアー情報ツアー情報

色彩豊かな、地球の原風景が広がるプーナ高原乾燥地帯を周遊する旅

アルゼンチンの最北部に広がるプーナと呼ばれる高地乾燥地帯の絶景の大地をいくオーバーランドの旅です。アルゼンチン最北部は近年の絶景ブームもあって、現在、世界中の自然を愛好する旅行者から最も注目を集める場所です。地平線まで広がる荒涼とした大地、氷雪を抱く高峰、美しい水をたたえる高原の湖、虹色と称されるカラフルな岩肌の溪谷、真っ白な軽石が累積する独特の景観を誇る大地など、世界でもここにしかない絶景の大地が広がります。旅の後半に立ち寄るサルタの南部のカファヤテ周辺はブドウ畑が広がり、ワインの生産地としても有名な場所です。数日ぶりに目にする緑の木々にひときわ感銘を受けるはずです。絶景の広がる各地で、ショート・ハイキングを組み込んだ当社ならではの内容です。21世紀の現代にあってこのような場所が残されたことは、まさに新大陸のラテン・アメリカの雄大さを実感する旅でもあります。ぜひ、ご参加ください。

角錐が美しい砂岩の丘コノ・デ・アリタ(3,689m)(5日目)
角錐が美しい砂岩の丘コノ・デ・アリタ(3,689m)(5日目)

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

東京 発

午前、東京発。飛行機北米または欧州都市で乗り継ぎ、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。

食事

宿泊地 機中泊

2
ブエノスアイレス 着/発
サルタ 着

朝、ブエノスアイレス着。国内線に乗り継ぎ飛行機サルタ州の州都サルタ(1,152m)へ。

食事

宿泊地 サルタ泊 [ホテル]

3
サルタ 発
トラル・グランデ 着

朝、バス専用車でサン・アントニオ・デ・ロス・コブレス(3,775m)へ(約3時間)。さらにバスアブラ・ブランカの峠(4,880m)を越えて、アリサロ塩湖近くのトラル・グランデ(3,550m)へ(5時間)。アリサロ塩原の奥にはユーヤイヤコ山(6,723m)やソコンパ山(6,051m)などの火山がそびえプーナと呼ばれる荒涼とした高原が広がります。

食事

宿泊地 トラル・グランデ泊 [山小屋]

4

トラル・グランデ 滞在

プーナ探訪
カスアリダー鉱山
&フリア鉱山

 

朝、バス四輪駆動車で、アリサロ塩原(3,460m)を横断し、かつて硫黄の鉱山だったカスアリダー鉱山(4,184m)へ。さらにフリア鉱山(5,100m)へ登り、高い場所からプーナの大地を眺望します。その後、オホス・デ・マール池に立ち寄りトラル・グランデに戻ります(約8時間)。

食事

宿泊地 トラル・グランデ泊 [山小屋]

5

トラル・グランデ 発

プーナ探訪
アントファリャ塩湖
アントファガスタ・デ・ラ・シエラ 着
 

朝、 バス四輪駆動車で、アリサロ塩湖を縦断し、円錐形のシルエットがひときわ目を引く砂岩の丘コノ・デ・アリタ(3,689m)の脇を通り、アントファリャ塩湖を横切り、アントファガスタ・デ・ラ・シエラ(3,320m)へ(約8時間)。

食事

宿泊地 アントファガスタ・デ・ラ・シエラ泊 [山小屋]

6

アントファガスタ・デ・ラ・シエラ 滞在

プーナ探訪
ピエドラ・ポメズ・フィールド

 

朝、 バス四輪駆動車で、軽石状の岩盤が累積した独特の景観を誇るピエドラ・ポメズ・フィールド(3,000m)へ。その後、フラミンゴの生息する池に立ち寄り、アントファガスタ・デ・ラ・シエラに戻ります(約8時間)。

食事

宿泊地 アントファガスタ・デ・ラ・シエラ泊 [山小屋]

7

アントファガスタ・デ・ラ・シエラ 発カファヤテ 着

朝、バス専用車で南下し、砂丘が展開する道を標高を下げながら進み、やがてブドウ畑と赤い岩肌のコントラストが美しいカルチャキ谷に入り、カファヤテ(1,600m)へ(約8時間)。

食事

宿泊地カファヤテ泊 [ロッジ]

8
クエブラダ・デ・
ラス・コンチャス
カファヤテ 発
サルタ 着

午前、「悪魔の喉笛」「円形劇場」などの名前がついたカラフルな岩の造形に立ち寄りながら、サルタに戻ります(約4時間)。

食事

宿泊地 サルタ泊 [ホテル]

9

サルタ 発
ブエノスアイレス 着

ブエノスアイレス市内観光

サルタ発、飛行機国内線でブエノスアイレスへ。着後、ブエノスアイレスの市内観光
その後、バス専用車でホテルへ。

食事

宿泊地 ブエノスアイレス泊 [ホテル]

10

 ブエノスアイレス 発

昼、バス空港へ。午後、ブエノスアイレス発飛行機北米または欧州経由都市へ。

食事

宿泊地 機中泊

11

北米または欧州経由都市 着/発

朝、北米または欧州経由都市着飛行機乗り継いで、東京へ。

食事

宿泊地 機中泊

12

東京 着

夕刻、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります

●当ツアーで訪れる「ボリビアの全行程とブエノスアイレス市部分」には、外務省渡航情報「十分注意して下さい」または「不要不急の渡航は止めてください」が出されています(2020年1月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。

ツアーの仮予約