世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

ゆったり小豆島滞在
展望ピーク登山とアートの島 5日間

ツアーコード: ZTST0A

瀬戸内海シリーズ Aコース

<ツアーのポイント>
◆瀬戸内海に浮かぶ小豆島にゆったり4泊。山あり谷ありの自然豊かな島の魅力に迫ります。
◆日本三大渓谷美の寒霞渓(かんかけい)をハイキング、瀬戸内海の最高峰も登頂します。
◆大正・昭和初期の懐かしい雰囲気を残す二十四の瞳村映画村を訪問。
◆瀬戸内海に浮かぶ現代アートの島・豊島をハイキング、豊島美術館も訪問。
◆小豆島の特産である醤油やオリーブ油を使った料理も魅力です。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
2
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
全ホテル
ツアーの種類
ポレポレ倶楽部

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
  02/02(火) 02/06(土) 5日間 発着地備考欄参照発着料金160,000円    
催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
  02/16(火) 02/20(土) 5日間 発着地備考欄参照発着料金160,000円    
催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
  02/23(火) 02/27(土) 5日間 発着地備考欄参照発着料金160,000円    
催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
  03/02(火) 03/06(土) 5日間 発着地備考欄参照発着料金160,000円    
催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
  03/16(火) 03/20(土) 5日間 発着地備考欄参照発着料金176,000円    
催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
  03/30(火) 04/03(土) 5日間 発着地備考欄参照発着料金176,000円    

◆集合場所/時間: JR岡山駅 中央改札前 13:00

◆解散場所/時間: JR岡山駅 13:00(予定)

◆ツアーリーダー: 岡山駅から岡山駅まで同行

◆最少催行人数: 10人

◆食事条件: 朝4回、昼3回、夕4

◆宿泊先:
◎【小豆島】リゾートホテル・オリビアン小豆島、ベイリゾートホテル小豆島、小豆島国際ホテル

 ※宿泊は男女別またはグループ別での相部屋(2名1室が基本)となります。部屋の広さによっては3~4名一室の場合もあります。

 

● 歩行時間 :2日目/約3時間、3日目/約3時間、4日目/約3時間 

● 体力度 : 2

● 難易度 : 2

● 歩行ペース : 2 

※体力度、コースグレードの詳細はこちらをご参照ください。
※登山中不要なお荷物は預けることができます。

 

◆交通のご案内
【往路】東京駅9:37発・名古屋駅11:10発・新大阪駅12:02発<新幹線のぞみ21号>岡山駅12:47着
【往路】博多駅11:02発<新幹線さくら548号>岡山駅12:52着


【復路】岡山駅13:23発<新幹線のぞみ21号>新大阪駅14:07着・名古屋駅14:58着・東京駅16:36着

ツアー情報ツアー情報

アートの島・豊島(てしま)

穏やかな瀬戸内海に位置する豊島は、面積14.5㎢、人口約800人の島です。島の中央にそびえる壇山からは湧水が出ており、古代から現在に至るまで豊島の稲作、農業、そして人々の生活を支えています。近代に入ってからは酪農が栄えたこともあり「ミルクの島」と呼ばれ、戦後間もなく先進的な福祉施設ができたことから「福祉の島」としても知られてきました。1970年代から始まった産業廃棄物の不法投棄は、全国的にも最大規模の産廃問題となりましたが、不法投棄された廃棄物の処理もすすみ、環境の再生を目指した取り組みが続いています。 2010年には豊島美術館をはじめとする現代アートの施設もでき、国内外から多くの方が訪れています。

アートの島・豊島 提供:(公社)香川県観光協会
アートの島・豊島 提供:(公社)香川県観光協会

小豆島は醤油の町

香川県の小豆郡・小豆島の名産品といえば「醤油」。香川の醤油の生産量は全国5位で、そのうちの約半分近くが小豆島産です。小豆島には醤油の町『醤の郷』があり、そこでは歴史ある多くの醤油蔵が軒を連ねています。醤の郷の散策路を歩けば、醤油と佃煮の香りが漂います。小豆島の醤油の特徴は「木桶仕込み」。木桶仕込みの醤油は、戦後減り続けていますが、小豆島ではいまなお木桶による醤油づくりが行われています。木桶でつくられた小豆島醤油には、自然の恵みにあふれる味わいがあります。

木桶仕込みの醤油作り ©マルキン醤油記念館
木桶仕込みの醤油作り ©マルキン醤油記念館

二十四の瞳映画村

小豆島の南、田浦地区よりさらに700m南方、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平方メートルの敷地には1954年の木下惠介監督の映画『二十四の瞳』のロケにつかわれたオープンセットが今に残ります。木造校舎や男先生の家、漁師の家、茶屋、土産物屋など大正から昭和初期の雰囲気をたっぷり残す村です。また、壺井栄文学館では、生前壺井栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では、『二十四の瞳』を常時上映しています。「キネマの庵」では、1950年代日本映画の黄金期の名作の数々を映像と写真で紹介したギャラリーや、アルマイトの食器が懐かしい給食セットが楽しめます。

二十四の瞳映画村 ©二十四の瞳映画村
二十四の瞳映画村 ©二十四の瞳映画村

寒霞渓と島の最高峰

牛が左を向いたような形の小豆島、そのお尻あたりに位置する寒霞渓(かんかけい)は島の最高峰星ヶ城山(ほしがじょうやま)と四方指(しほうざし)の間にある渓谷です。寒霞渓では約1300万年前の火山活動によってできた安山岩層や火山角礫岩層などの岩塊が、長い年月の地殻変動や風化と侵食によって、多種多様の奇岩と崖地の絶景を創造されました。この特異な地形からなる渓谷は日本三大渓谷美のひとつと賞され小豆島が世界に誇る景勝地となっています。このコースでは島の最高峰・星ヶ城山に登った後、寒霞渓の中に備えられたトレイルの一つ『裏八景』を下ります。

 

寒霞渓より瀬戸内海を望む ©小豆島総合開発株式会社
寒霞渓より瀬戸内海を望む ©小豆島総合開発株式会社

日本初の国立公園・瀬戸内海国立公園

瀬戸内海国立公園は1934年に雲仙、霧島とともに日本で最初の国立公園に指定されました。広い海域とそこに点在する島々、それを望む陸地の展望地が公園区域として指定されています。その範囲は1府10県にまたがり、海域を含めると90万ヘクタールを超え、国内で最も広い国立公園でもあります。この国立公園の特長は、なんといっても大小数々の島で構成された内海の多島海景観です。今回のコースではそんな瀬戸内海に浮かぶ島の中で淡路島に次いで2番目に大きい島、小豆島のリゾートホテルに滞在し、毎日、登山やハイキングに出かけます。冬でも温暖な瀬戸内地方の山旅の休日をお楽しみください。

冬でも温暖な小豆島 ©(一社)小豆島観光協会
冬でも温暖な小豆島 ©(一社)小豆島観光協会

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

JR岡山駅 

新岡山港 着/発

小豆島・土庄港 着/発

小豆島のホテル 着
 

JR岡山駅に集合後、バス専用車にて新岡山港へ。

着後、フェリーで小豆島・土庄港へ。土庄港からは専用車でエンジェルロードに立ち寄ったのち、小豆島のホテルへ。

 

食事

宿泊地 小豆島[ホテル]


 
2

小豆島のホテル 発

 

星ヶ城山・寒霞渓ハイキング

 

映画村・醤油記念館訪問

 

小豆島のホテル 着

朝、専用車で星ヶ城山登山口(760m)へ。

歩き登山開始。小豆島、ひいては瀬戸内海の島々の最高峰である星ヶ城山(816m)に登頂します。瀬戸内海の眺望を愉しんだのち、星ヶ城神社を経て樹林帯の中を寒霞渓ロープウェイ山頂駅(610m)まで進みます。山頂駅からは裏八景のトレイルを下り、猪谷を経て紅雲亭(300m)へ。【歩行時間:約3時間】

 

下山後は大正・昭和の雰囲気を残す二十四の瞳映画村、マルキン醤油記念館を経て、ホテルに戻ります。

 

食事

宿泊地 小豆島[ホテル]

3

小豆島のホテル 発

 

千羽ヶ嶽ハイキング

 

小豆島オリーブ公園

 

小豆島のホテル 着

朝、専用車で小豆島の東面にある橘登山口(8m)へ。


歩き樹林帯中のトレイルを歩きながらところどころ補助ロープが設置された急登を進み、展望が良い拇指平へ。さらに補助ロープのある岩場を慎重に抜けて尾根上を進み、千羽ヶ嶽山頂(371m)を目指します。下りは反対側のトレイルを降り、林道を通り粟池ダムを経て安田の集落(7m)へ下山します。【歩行時間:約3時間】

 

下山後、小豆島オリーブ公園など島の見どころを経て、ホテルに戻ります。

食事

宿泊地 小豆島[ホテル]

4

小豆島のホテル 発

土庄港 着/発

豊島ハイキング

豊島美術館見学

豊島・唐櫃港 着/発

小豆島のホテル 着

朝、小豆島の土庄港へ向かいフェリーでアートの島・豊島へ。

 

小豆島の西方に位置する、周長18㎞の小さな島・豊島にてハイキング。途中、豊島美術館にも立ち寄ります。

 

夕刻、豊島の唐櫃港からフェリーで小豆島へ戻ります。

食事

宿泊地小豆島[ホテル]

5

小豆島のホテル 

土庄港 着/発

新岡山港 着/発

JR岡山駅 着
 

朝、バス専用車にてホテルを出発。

土庄港からはフェリーで新岡山港へ。

着後、再び専用車でJR岡山駅へ向かい、解散(13:00予定)

食事


 

 

● 上記日程・発着時刻は、天候、交通機関の都合、現地事情、歩行ペース等により 変更されることがあります。
● 上記歩行時間は一般コースタイムであり、休憩・食事時間は含みません。
● 直近の気象予報により非常な荒天が予想される場合には、催行を中止または行程を変更する場合があります。その場合には、出発の前々日の夕方までに判断し、中止の場合はお電話・メール等でご連絡いたします。   

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。
 
●ツアー実施にあたり、下記の感染予防対策を講じておりますのでご協力をお願いいたします。
 
(1)当日、健康チェックシートに記入いただき、発熱や咳などの症状や健康状態に不安がある方はご参加をお控えください。
 
(2)集合時にスタッフによるご体調の確認をさせていただきます。
 
(3)ツアー中は、マスク、ネックゲーター、バンダナ等の着用をお願いします。同行スタッフもマスク着用で対応させていただきます。登山中のマスク着用は、密集などの状況に応じて、無理のない範囲でお願いいたします。
 
(4)ツアー中は、手洗いやうがいなど清潔を保つようお願いいたします。
 
(5)行動中は、ソーシャルディスタンスを意識して密接にならないようお願いいたします。