世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

桃源郷フンザとグレート・カラコルム
展望トレッキング 10日間

ツアーコード: 9B00JH 23

“中央アジアの屋根”カラコルム山脈は、世界第2の高峰K2をはじめ8,000m峰が4座、7,000m峰なら実に60座以上もある白い巨峰群が連なる世界です。桃源郷と称されるフンザは、長寿の村としても知られており、雪山に囲まれながら華やかな風景が広がります。パスー氷河周辺では名峰を望みながらのハイキングを楽しみます。
地球上で8,000m峰はヒマラヤ山脈とカラコルム山脈のみにしか存在しませんが、中でもカラコルム山脈は、ヒマラヤのように東西に細長い山脈と違い、高峰が密集する山岳地帯であり、山岳地帯としては、地球上でもっとも壮大なスケールの場所といえるでしょう。また、イスラマバードからギルギット(フンザ)へは国内線のフライトを利用します。通常、陸路移動だと片道2日かかるのを、わずか1時間で移動します。これだけで往復4日間の移動が、2日間ですみますので、その分、フンザでの滞在時間が増え、体への負担もありません。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
2
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
ポレポレ倶楽部 ポレポレ倶楽部 トレッキング

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  04/07(金) 04/16(日) 10日間 東京発着料金518,000円    
催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  05/12(金) 05/21(日) 10日間 東京発着料金518,000円    

●燃油サーチャージ(2022年12月20日現在:目安約52,000円)となっておりますが、今後変更となる場合はご旅行代金ご請求の際ご案内いたします。
● ビザ=パキスタン/ビザ申請料金:=申請料(US$8)と査証取得手数料(4,000円+消費税)(2022年12月20日現在/手数料・消費税込み)の取得が別途必要になります。
● ツアーリーダー(添乗員):東京から東京まで同行します。
● 最少催行人数:8人
● 食事:朝8回、昼6回、夕6回
● 利用予定ホテル:Cクラス以上
● 一人部屋利用追加料金:¥68,000(フンザ泊ロッジ含む。その他ロッジ含まない。)

 

  • ● 利用予定航空会社:タイ国際航空

●大阪、名古屋、福岡発着はお問合せください

 

【日本帰国時の水際対策について】
2022年12月現在、日本入国(帰国)の際には、ワクチン接種証明書(3回以上接種済み)が必要です。
今後、日本帰国時の水際対策が変更になる可能性もございますので、詳しい手続内容につきましては、最終のご案内書類(旅のしおり等)にて改めてご案内させていただきます。

 

ツアー情報ツアー情報

偉大なグレート・カラコルム

カラコルム山脈の中でもとくに高峰が密集しているグレート・カラコルム。東のネパールヒマラヤと並ぶ世界的スケールの豪快な大山脈であり、8,000m峰の数でこそ一歩譲るものの、高峰の密集度ではむしろネパールヒマラヤを凌いでいます。さらに、カラコルムは極地帯を除けばもっとも長大な氷河が発達している地域の一つです。また、カラコルム山脈は中央アジアの5つの国が出会う要に位置しています。延々550kmの長さで連なるこの大山脈を越えて、南のパンジャブ平原と北の中央アジア高原とを結ぶルートは、古くからシルクロードのひとつとして、また、仏教伝来の道として、あるいは紀元前4世紀のアレキサンダー大王の遠征など征服者の略として、南北双方からの数々の異なった民族や文明の足跡が刻まれた舞台であり、興味は尽きません。

ホーパル村からの姿をかえたウルタルⅡ峰(7,388m)
ホーパル村からの姿をかえたウルタルⅡ峰(7,388m)

カラコルムの名峰を仰ぎみる 5つのハイキングコースを歩く

今回、桃源郷フンザや氷河や高峰に囲まれたパスー村から日帰りで5つの展望地ハイキングを楽しみます。フンザの中心地カリマバード上部のドゥイカルの丘から、ラカポシやディラン、スパンティークなどを望むコース、ラカポシの北面を仰ぎ見るコース、グルキン氷河のアブレーションバレー(氷河側谷)をシスパーレやウルタルを望むコース、真白い氷塔が乱立するパスー氷河を望むコース、フンザの対岸の奥地に位置するホーパル村から、ブアルタール氷河やウルタルなどを望むコースなど、合計すると7,000m峰を11座見ることができます。また、イスラマバードからフンザ、ギルギットへの移動途中では、ヒマラヤの最西端に位置する8,000m峰ナンガ・パルバット(8,125m)も望むことができます。どのハイキングも1〜2時間程度のハイキングになりますので、のんびりと白銀の山々を展望しながら、お楽しみください。

グルミット付近からのトポップダン(6,106m)
グルミット付近からのトポップダン(6,106m)

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

東京 発
イスラマバード 着

午前、東京発飛行機東南アジア経由地飛行機夜、イスラマバード着。

食事

宿泊地 イスラマバード泊 [ホテル]

2

イスラマバード 発
ギルギット  着/発

 

フンザ  着

朝、飛行機国内線にてギルギットへ。機窓からはナンガーパルバットをはじめ、カラコルムの名峰を望むことができます。ギルギット着後、バスでフンザへ。午後はフンザにてゆっくりとお過ごしください。フライトキャンセルの場合は、バスチラスへ。専用車でカラコルムハイウェイを北上します。

食事

宿泊地 フンザ泊 [ロッジ]

3


フンザ 滞在滞在

ドゥイカルの丘
散策

ウルタル展望ハイキング

 

午前、バスフンザ上部にあるドゥイカルの丘へ(2,850m)へ。歩き丘からハイキング開始。氷河で作った水路を辿りながら、ラカポシ、ディラン、スパンティークをはじめ、フンザピーク、レディースフィンガー、ウルタルⅠ峰、ウルタルⅡ峰などを望みながら歩きます(徒歩約2時間)。午後は、歩きフンザ上部からハイキング開始。ウルタル谷の入り口付近まで往復します。圧倒的な迫力でそびえるウルタル峰を仰ぎ見ます。(徒歩約1時間)その後はフンザの村の散策などを楽しみます。

食事

宿泊地 フンザ泊 [ロッジ]

4

フンザ 滞在

ラカポシ展望
ハイキング
桃源郷フンザ観光
 

午前、バス専用車でフンザから、グルメット村へ。歩き秀峰ラカポシの高度差、5,700mを仰ぎ見るショートハイキングへ(徒歩約1時間)。ラカポシの北面が圧倒的迫力で望めます。
午後、フンザに戻り、フンザ王国時代の象徴バルチット城の見学やフンザの村の散策などを楽しみます。

食事

宿泊地 フンザ泊 [ロッジ]

5

フンザ 発

グルキンハイキング

パスーハイキング

パスー 着

バスカラコルムハイウェイをさらに奥へ進みグルキン村へ(2,500m)へ。
歩きグルキン氷河のアブレーションバレー(氷河側谷)を進み、シスパーレ、ウルタル1峰、ウルタルⅡ峰、トポップダンなどを望みながら、グルキン氷河を望む展望地までハイキング(徒歩約1.5時間)。その後、バスパスー氷河の入り口付近(2,600m)まで移動し、歩きパスー氷河を眼下に望む展望地をハイキングします(徒歩約1時間)。バスパスーへ戻ります。

食事

宿泊地 パス―泊 [ロッジ]

6

パスー 発

ホーパルハイキング

ギルギット 着

バス午前、パスー村からナガールのホーパル村へ。歩きホーパル村(2,790m)からウルタルやブアルタール氷河、カペルピークなどを望むビューポイントへ(徒歩約1.5時間)。
その後、専用車でギルギットへ。

食事

宿泊地 ギルギット泊 [ホテル]

7

ギルギット 発
イスラマバード 着

朝、飛行機国内線にて、イスラマバードへ。着後は、イスラマバードで登山の疲れをいやしてください。

食事

宿泊地 イスラマバード泊 [ホテル]

8

イスラマバード 滞在

バス専用車で世界遺産にも指定されているガンダーラの遺跡群であるタキシラを見学します。

食事

宿泊地 イスラマバード泊 [ホテル]

9

 イスラマバード 発

終日、イスラマバード市内観光を楽しみます。
夜、イスラマバード発飛行機東南アジア経由地へ。

食事

宿泊地 機中泊

10

 東京 着

飛行機東南アジア経由地飛行機午後、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

※各地からの日本国内線はお問い合わせください。

 

【日本帰国時の水際対策について】
2022年12月現在、日本入国(帰国)の際には、ワクチン接種証明書(3回以上接種済み)が必要です。
今後、日本帰国時の水際対策が変更になる可能性もございますので、詳しい手続内容につきましては、最終のご案内書類(旅のしおり等)にて改めてご案内させていただきます。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります

●当ツアーで訪れる「パキスタン全行程」には、外務省渡航情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」が出されています(2022年12月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。