世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

最高級ロッジでめぐるアンナプルナ山群展望
トレッキングと南壁ヘリ・フライト 10日間

ツアーコード: 9B00AA 23

アンナプルナ山麓に建つ最高級のロッジ・グループを利用して、生活面でのストレスを最小限に、高山病の心配がない標高1,000mから2,000mの低所をゆったりトレッキングします。帰路はガンドルンからヘリコプターでアンナプルナ山群の核心部、アンナプルナBC周辺を遊覧飛行し、絶景を堪能した後、ポカラに戻ります。

●名峰アンナプルナの展望と憧れのアンナプルナ内院周辺へのヘリ・フライト
●旅行代金に燃油サーチャージは含まれています。
●ラグジュアリーなロッジに宿泊しながら歩きます。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
2.5
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル ロッジ
ツアーの種類
ポレポレ倶楽部 ラグジュアリー

ツアー地図を見るツアー地図を見る

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
  04/10(月) 04/19(水) 10日間 東京発着料金688,000円 久保 典彦   

●燃油サーチャージは旅行代金に含まれています。
●ビザ=ネパール/申請料金10,400円(実費6,000円+申請料金4,400円 2022年11月現在、手数料・消費税込み)の取得が別途必要となります。
●ツアーリーダー(添乗員):東京から東京まで同行します。
●最少催行人数:8人 
●食事:朝8回、昼6回、夕5回 
●利用予定ホテル:Bクラス以上。
●一人部屋利用追加料金:¥128,000(ダンプスのロッジ泊を除く)

  • ● 利用予定航空会社:キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、大韓航空、シンガポール航空
※トレッキング:現地ガイド、ポーターが同行。コックは同行しません。
※行動範囲:1,440m~2,070m、最高宿泊地2,070m、高山病の影響なし。
※ガンドルン〜アンナプルナBC周辺〜ガンドルンのヘリコプター便は天候条件や機材その他の現地事情により予定通りに飛べないことがあります。フライトがキャンセルになった場合の差額はご帰国後に精算させていただきます。

※厳選ロッジでいく:厳選ロッジに宿泊するコースです。トレッキング中の食事は、ロッジ提供のものになります。当社専属のコックは同行しません。

※各地からの日本国内線はお問い合わせください。

 

【日本帰国時の水際対策について】
2022年12月現在、日本入国(帰国)の際には、ワクチン接種証明書(3回以上接種済み)が必要です。
今後、日本帰国時の水際対策が変更になる可能性もございますので、詳しい手続内容につきましては、最終のご案内書類(旅のしおり等)にて改めてご案内させていただきます。

 

 

ツアー情報ツアー情報

ヘリ・フライトで氷雪峰を仰ぐヒマラヤの円形劇場へ

アンナプルナ山群のふところ深くに位置するアンナプルナ内院は、標高4,130m、ほぼ360度をヒマラヤの高峰に囲まれた別天地です。アンナプルナⅠ峰(8,091m)の雄大な南壁をはじめ、アンナプルナ・サウスや、ヒマラヤひだ美しいガンダルバチュリ(別名:ガーベルホルン)やアンナプルナⅢ峰、マチャプチャレ峰の北面などアンナプルナ山群の核心部を間近に仰望できることでトレッカーに絶大な人気を誇ります。通常のトレッキングでは片道5日間ほどかけて、ようやく辿りつけるトレッカー憧れの場所ですが、このコースでは、ヘリコプターを特別にチャーターし、ガンドルンの村から、狭いモディ渓谷を飛び越えて、アンナプルナBC周辺を遊覧して展望を堪能する特別企画です。

ダンプス周辺より望むマチャプチャレ(3日目)
ダンプス周辺より望むマチャプチャレ(3日目)

アンナプルナ山麓の最高級ロッジ

このコースでご宿泊いただくロッジ・グループはアンナプルナ山麓に6軒を数え、すでに日本では当社の、そして欧米人トレッカーの定評を得ています。ロッジはいずれもゆったりとした専用庭、広々とした食堂と美味しい食事、現地の伝統的家屋の雰囲気を保ちつつも、ゆったりとしたベッド、専用のトイレ、温水シャワー設備を備え、生活面でのストレスを最小限にヒマラヤ・トレッキングをお楽しみいただけます。ロッジはいずれもメインのトレッキングコースから外れている場所に建つため、人気のアンナプルナ山群にあって、とても静かなトレッキングが楽しむことができるのも大きな魅力のひとつです。

伝統的家屋の雰囲気を残す最高級ロッジの外観(5日目)
伝統的家屋の雰囲気を残す最高級ロッジの外観(5日目)

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1 東京 発
カトマンズ 着

 
午前、東京発飛行機アジア経由都市で乗り継ぎ、夕刻、ネパールの首都カトマンズへ。
バス着後、カトマンズ郊外のホテルへ。

食事

宿泊地 カトマンズ泊 [ホテル]
2

カトマンズ 発
ポカラ 着/発

  ポカラフリータイム  

 

朝、バス空港へ。午前、飛行機国内線でポカラへ。天候が良ければ右側機窓からはランタン山群やマナスル山群の大パノラマが望めます。着後、ホテルへ。午後、アンナプルナ山群を一望にする湖畔の街ポカラでゆっくりお過ごしください。

食事

宿泊地 ポカラ泊 [ホテル]
3

ポカラ 発
フェディ 着/発
トレッキング1日目

ダンプス  着
 

午前、バス専用車でフェディ(1,440m)へ(約1.5時間)。トレッキング・ガイドやポーターと合流し、トレッキング開始。歩き森の中につけられた急なトレイルを登り、アンナプルナ山群を一望にする好展望地ダンプス(1,700m)へ(徒歩約2時間)。

食事

宿泊地 ダンプス泊[ロッジ]
4 ダンプス 発トレッキング2日目ランドルン 着

 
歩きダンプスより好展望のポタナ(1,890m)を経て、ネパールの典型的な山村風景が残るトレイルを、好展望のランドルン(1,640m)へ(徒歩約6時間)。

食事

宿泊地 ランドルン泊[ロッジ]
5 ランドルン  発トレッキング3日目ガンドルン  着

 

歩きランドルン村より、アンナプルナ内院を源流に流れる峡谷モディコーラ(1,320m)へと下り、ゆっくりと標高差630mを登り、グルン族の村ガンドルン(1,950m)の上部に建つロッジ(2,070m)へ(徒歩約5時間)。ロッジからはアンナプルナ・サウスがひときわ大きく眺められます。 

食事

宿泊地 ガンドルン泊 [ロッジ]
6

アンナプルナ南壁展望
ヘリコプターフライト

ガンドルン  発

ポカラ  着

 

朝、ガンドルンのヘリ・ポートへ。ヘリガンドルンより、ヘリコプター特別便で、アンナプルナ山群のまっただ中、“円形劇場”という言葉がふさわしいアンナプルナ内院のアンナプルナBC(4,130m)周辺フライトへ。標高差約4,000mもの迫力でそびえ立つアンナプルナ南壁などを間近に仰ぎ見た後、ヘリガンドルンへ戻ります。その後、歩きガンドルン周辺(1,690m)へ下ります(40分)。バス専用車でポカラへ(約3時間)。

食事

宿泊地  ポカラ泊[ホテル]
7 ポカラ 発
カトマンズ 着

午前飛行機国内線でカトマンズへ(約30分)。
午後はホテルでゆっくりとお過ごしください。
 

食事

宿泊地カトマンズ泊[ホテル]
8
バクタプール
市内観光
カトマンズ  滞在
 

 

午前、ホテルでゆったりお過ごしください。又は自由行動。その他オプショナルツアーでヒマラヤ遊覧飛行をお楽しみください。午後、バクタプール市内観光

食事

宿泊地 カトマンズ泊 [ホテル]
9

 


カトマンズ市内観光など     (オプショナル)

 

カトマンズ  発

夕刻までカトマンズ市内観光などのオプショナルツアーをお楽しみください。夜、カトマンズ空港へ。
飛行機カトマンズ発、アジア経由都市へ。

 

食事

宿泊地 機中泊 [機中泊]

10

東南アジア経由地  着/発

東京  着


 

東南アジア都市で乗り継ぎ飛行機夕刻、東京着。

食事

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

●当ツアーで訪れる「ネパールの全行程」には、外務省渡航情報「十分注意して下さい」が出されています(2022年12月20日現在)。外務省渡航情報と、外務省渡航情報が出されている地域への当社企画旅行に関する対応と自主規準についてはこちらをご参照ください。