世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

ニュージーランド最高峰マウントクック氷河上の2つの絶景山小屋滞在・ヘリハイキング12日間

ツアーコード: 9B00BH 23

マウントクック登頂者が宿泊するプラトーハットと絶景のサドルハットに宿泊プラトーハット(標高2,200m)は、ニュージーランドの最高峰マウントクック(3,724m)の遠征隊の登頂者が前泊する山小屋です。氷河上のマウントクック東壁を真正面に仰ぎ見るまさに別天地です。通常は遠征隊のために使われている山小屋ですが、登頂者が少なくなるシーズンには、トレッカーも宿泊することが可能です。山小屋はベッド、キッチン、などが完備されており、現地のガイドが美味しい食事を作ってくれます。プラトーハットまでは、マウントクック村から小型ヘリでわずか15分でたどり着くことができ、プラトーハットで連泊し、周辺での氷河上ハイキングを楽しみます。 その後、再び、小型ヘリにて、もうひとつの絶景の山小屋タスマンサドルハットに移動します。サドルハットは氷河上の絶景地に位置し、こちらもプラトーハット同様の快適な設備を整え、マウントクックをはじめ、タスマン、エリーデバーモント、ミナレッツなどの白銀の山々と大氷河を展望できる素晴らしいロケーションです。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
2
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ホテル 山小屋
ツアーの種類
ポレポレ倶楽部 ポレポレ倶楽部 世界の絶景

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
東京
催行決定 ・ 残席僅か  05/26(金) 06/06(火) 12日間 東京発着料金946,000円 久保 典彦   

● 燃油サーチャージは、旅行代金に含まれています。
● ツアーリーダー:東京から東京まで同行します。
● 最少催行人数:5人
● 食事:朝3回、昼2回、夕4回
● 利用予定ホテル:Bクラス以上
● 一人部屋利用追加料金:¥120,000(山小屋泊を除く)

 

  • ● 利用予定航空会社:シンガポール航空

※ビジネスクラス、プレミアム・エコノミーをご希望の方はお問い合わせください。

お申し込みの方へのお願いとご注意

マウントクックの氷河上にある2つの山小屋は大氷河の真っ只中にある気諸条件がめまぐるしく変わる場所に位置します。この場所へは小型ヘリでのフライトになり、有視界飛行となりますので、フライトキャンセルになる場合があります。そのため、日程3日目~10日目の8日間に関しては、日程変更が生じる可能性があるため、その状況に応じて、マウントクックにて、周辺ハイキングや見どころをご案内させていただきます。その場合は、すべてオプショナルツアーとしてご案内させていただきます。詳細については、別途ご案内させていただきますので、お問合せください。また、フライト予備日については十分確保しておりますが、万が一、長期にわたって天候悪化が続く場合は、2つの山小屋に飛べない場合もありますので、ご了承ください。その場合は差額をご返金いたします。また、フライトキャンセルの場合に発生するマウントクックの追加の宿泊代等については、当日の手配となり、別途料金がかかる場合がありますので、ご了承ください。

※各地からの日本国内線はお問い合わせください。

 

【日本帰国時の水際対策について】
2022年12月現在、日本入国(帰国)の際には、ワクチン接種証明書(3回以上接種済み)が必要です。
今後、日本帰国時の水際対策が変更になる可能性もございますので、詳しい手続内容につきましては、最終のご案内書類(旅のしおり等)にて改めてご案内させていただきます。

ツアー情報ツアー情報

マウントクック村にのんびり滞在

今回、氷河上の山小屋に3泊するため、フライト予備日をマウントクック村にて3日間を設けております。予備日を使わなかった場合は、オプショナルにてマウントクックの南壁を望みながら、フッカー谷ハイキングやMtセフトンの氷河を真近に望むセアリターンズハイキング、ミューラーハットやハイキングなど多種多様のハイキングコースをご用意しておりますので、飽きることなく楽しめる滞在になることでしょう。

マウントックック村ではキッチン付きの部屋に滞在
マウントックック村ではキッチン付きの部屋に滞在

マウントクック登頂者が宿泊するプラトーハットと絶景のサドルハットに宿泊

プラトーハット(標高2,200m)は、ニュージーランドの最高峰マウントクック(3,724m)の遠征隊の登頂者が前泊する山小屋です。氷河上のマウントクック東壁を真正面に仰ぎ見るまさに別天地です。通常は遠征隊のために使われている山小屋ですが、登頂者が少なくなるシーズンには、トレッカーも宿泊することが可能です。山小屋はベッド、キッチン、などが完備されており、現地のガイドが美味しい食事を作ってくれます。プラトーハットまでは、マウントクック村から小型ヘリでわずか15分でたどり着くことができ、プラトーハットで連泊し、周辺での氷河上ハイキングを楽しみます。 その後、再び、小型ヘリにて、もうひとつの絶景の山小屋タスマンサドルハットに移動します。サドルハットは氷河上の絶景地に位置し、こちらもプラトーハット同様の快適な設備を整え、マウントクックをはじめ、タスマン、エリーデバーモント、ミナレッツなどの白銀の山々と大氷河を展望できる素晴らしいロケーションです。

プラトーハットからマウントックックを望む
プラトーハットからマウントックックを望む

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

東京(成田)   発

シンガポール 着/発

午前、東京発、飛行機シンガポール航空にて、シンガポールで乗り継いでクライストチャーチへ。

食事

宿泊地 機中泊 [機中泊]

2

クライストチャーチ 着/発

マウントクック    着

飛行機午前、クライストチャーチ着。着後、バス専用車にて世界遺産アオラキ/マウントトクック国立公園へ。(約5時間)マウントクック村泊。

食事

 

宿泊地 マウントクック村泊 [ホテル泊]

3

マウントクック  発


氷河ヘリフライト

プラトーハット  着

 

マウントクック氷河上ハイキング
 

朝、ヘリ小型ヘリコプターにて、マウントクック東壁直下に位置する遠征隊の拠点となるプラトーハット(2,030m)へ。

機窓からは雄大なタスマン氷河をはじめ、雪山と氷河の世界が広がります。プラトーハットは、マウントクック(3,724m)の東壁を仰ぎ見る絶景の山小屋です。

歩きプラトーハット周辺で迫力あるマウントクックを望みながら、氷河ハイキングを楽しみます。

午後は、絶景の山小屋でのんびりお過ごしください。

山小屋は、ベッド、キッチン、トイレなどが完備されています。

食事

宿泊地 プラトーハット泊 [山小屋]
4 プラトーハット滞在

マウントクック氷河上ハイキング

朝、マウントクックが真っ赤に染まります。朝食後、歩き氷河と雪山を望みながら周辺ハイキングを楽しみます。

午後は、絶景の山小屋でのんびりお過ごしください。

食事

宿泊地 プラトーハット泊 [山小屋]
5

プラトーハット 発

 

氷河ヘリフライト
タスマンサドル  着

タスマンサドル氷河上ハイキング
 

朝、ヘリ小型ヘリでもう一つの氷河上の絶景の山小屋サドルハット(2,300m)へ。サドルハットは、マウントクックをはじめ、タスマン、エリーデバーモント、ミナレッツなどの白銀の山々と大氷河を展望できる絶景の山小屋です。

歩きサドルハット周辺でハイキングを楽しみます。条件が良ければ、タスマン氷河の源頭部にあたる峠まで歩きます。

峠付近からは、ヒマラヤの6,000m峰を登っているかのような、雪と氷河の世界が広がります。

午後は絶景の山小屋でのんびりとお過ごしください。

※タスマンサドルの小屋の収容状況によっては、周辺の他の山小屋に変更になる場合があります。

食事

宿泊地 タスマンサドル泊 [山小屋]

 

6

タスマンサドル 発

 

氷河ヘリフライト
マウントクック村  着
 

午前、ヘリ小型ヘリで、マウントクック村へ戻ります。

マウントクック村では、氷河上の疲れをいやすため、休養します。

食事

宿泊地 マウントクック村泊 [ホテル]
7 マウントクック村滞在

又はヘリフライト予備日 

ヘリフライト予備日。歩きマウントクック南壁を望みながら、フッカー谷ハイキングやMtセフトンの氷河を真近に望むセアリターンズハイキング、ミュラーハットハイキングなどをお楽しみください。(オプショナル)

食事

宿泊地 マウントクック村泊 [ホテル]
8

マウントクック村滞在

又はヘリフライト予備日 

ヘリフライト予備日。歩きマウントクック南壁を望みながら、フッカー谷ハイキングやMtセフトンの氷河を真近に望むセアリターンズハイキング、ミュラーハットハイキングなどをお楽しみください。(オプショナル)

食事

宿泊地 マウントクック村泊 [ホテル]
9

マウントクック村滞在

又はヘリフライト予備日 

ヘリフライト予備日。歩きマウントクック南壁を望みながら、フッカー谷ハイキングやMtセフトンの氷河を真近に望むセアリターンズハイキング、ミュラーハットハイキングなどをお楽しみください。(オプショナル)

食事

宿泊地 マウントクック村泊 [ホテル]
10

マウントクック村 発

 

クライストチャーチ 着


 

バス午前、専用車でクライストチャーチへ。

 

食事

宿泊地 クライストチャーチ泊 [ホテル]

11

クライストチャーチ 発

 

午後、クライストチャーチ発飛行機 シンガポールへ。

 

食事

宿泊地 機中泊 [機中泊]

12

シンガポール 着/発

東京  着

飛行機シンガポールで乗り継ぎ、夕刻、東京着。

食事

 

 

 

※航空会社の都合や現地事情により、日程は一部変更される場合があります。

※各地からの日本国内線はお問い合わせください。

 

【日本帰国時の水際対策について】
2022年12月現在、日本入国(帰国)の際には、ワクチン接種証明書(3回以上接種済み)が必要です。
今後、日本帰国時の水際対策が変更になる可能性もございますので、詳しい手続内容につきましては、最終のご案内書類(旅のしおり等)にて改めてご案内させていただきます。

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。