世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

香港の山旅

香港公式ガイドブックをプレゼント

香港観光に必要な基本情報、エリアガイド、マップなどが入ったハンディーな公式ガイドブックをプレゼント。


 

 

 

香港公式ガイドブックをプレゼント
香港公式ガイドブックをプレゼント

香港の山と魅力〜香港の全土を貫く四大トレイル〜

香港といえば、高層ビルが建ち並ぶ大都会というイメージですが、意外なことに香港の総面積(東京都の約5割)の約40%が郊野公園(カントリーパーク)などに指定されており、実は、国土に占める国立公園の割合は世界でもトップクラスなのです。これはイギリス統治時代より自然環境保護に対してたゆまぬ努力を続けた結果です。スコットランド出身のマレー・マクリホースは1971年より約10年間総督を務め、大のハイキング好きだったこともあり、在任中に自身の名を冠した100kmに渡るロング・トレイルを完成させました。背景には、反英デモに対する若者のエネルギーのはけ口として住民向けにレクリエーションの場を作るという政治的な目的もあったと言われています。このトレイルが大変な人気を博したことからその後も3つのロング・トレイルが整備されることになりました。
この香港四大トレイルと呼ばれるマクリホース・トレイル(100km)、ランタオ・トレイル(70km)、香港トレイル(50km)、ウィルソン・トレイル(78km)は、ビル群の裏山や爽やかな海沿い、深い森や渓谷、絶景の尾根道などそれぞれが千変万化のバラエティにあふれたトレイルで、それぞれが10kmほどのセクションやステージに分けられています。また、500mごとにディスタンス・ポストという道標やあずまやが完備され、入山・下山が容易にできるようにしっかり整備されています。


 

香港四大トレイル
香港四大トレイル

香港ハイキングは楽しい! 岩崎元郎 (いわさき もとお)

香港ハイキングの魅力は、アプローチの良さと、低山ながら登山意欲を掻き立てる山容、そして歩いた後の香港グルメだろう。香港のハイキングコースはコンクリート舗装されている部分が多いと聞いて、内心、心配に思っていたが、実際に歩いてみたらこれがなかなか歩き易い。山歩きに馴れていない人でも、安心だ。「シャープピーク=槍ヶ岳」もよい山だ。しばらく森の中を歩き、峠に立つと、目の前に白い砂浜と青い海が広がり、その後ろに目指すシャープピークが聳えている。標高468mとは思えなく、とても格好がよい。山頂からは、空と海が広がる爽快感たっぷりの大展望を味わうことができる。なかなかだ!

[“地球を遠足”シリーズ実施 2009年11月、2011年1月、2011年12月、2016年12月]

 

ドラゴンズバックにて(2016年12月)
ドラゴンズバックにて(2016年12月)

便利で快適なホテルに連泊

いずれもホテルに2連泊から4連泊しますので、より快適にお過ごしいただけるよう3つの四つ星クラスのホテル(パノラマ・バイ・ロンバス、プルデンシャル、リーガル・カオルーン)を厳選しました。どちらのホテルも香港の中心地・九龍(カオルーン)地区に位置する街歩きに便利な場所に立地しています。

パノラマ・バイ・ロンバスのお部屋(イメージ)
パノラマ・バイ・ロンバスのお部屋(イメージ)

プルデンシャル・ホテルのお部屋(イメージ)
プルデンシャル・ホテルのお部屋(イメージ)

香港ならではの多彩な食と夜景

香港の魅力は、多彩な食や夜景を楽しんでこそ思い出深いものになります。各コースで宿泊するホテル周辺には、格安で味わえる庶民的なレストランから、山海の豪華な食材が楽しめる三つ星レストランまで、よりどりみどりです。格式高い“ペニンシュラ・ホテル”のアフタヌーンティーは特に有名です。また、宿泊するホテルから徒歩圏内にある香港の目抜き通り“ネイザンロード”は、夜には色とりどりのネオンが輝き、散策にはもってこいです。毎晩20時から行われる光と音のレーザーショー“シンフォニー・オブ・ライツ”も見逃せない香港の魅力です。

世界三大夜景のひとつビクトリアピークから望む百万ドルの夜景
世界三大夜景のひとつビクトリアピークから望む百万ドルの夜景