世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

「湘南妙義」の異名がある鷹取山ゲレンデ
鷹取山 岩稜講習会 日帰り

ツアーコード: KT0296-24

剱岳、槍ヶ岳、奥穂高岳などの岩稜登山に向けてのスキルアップのための基礎講習会です。岩場での三点支持、重心の移動、鎖場の通過、鎖への自己ビレイ等々、実際の登山で必要な内容を中心にトレーニングします。技術を習得して安全登山を目指します。

『岩稜講習会』
少人数のパーティーで、「熟達者向け」と呼ばれる峻険な岩峰や高度感ある岩稜を目指します。気力、体力、経験ともに充実した登山者のみに開かれる、ハードなコースをラインナップしています。

レベル・高度・施設 / ツアーの種類

ツアーレベル
3
宿泊高度
3000未満
宿泊施設
ツアーの種類
岩稜講習会 日本の名山

アイコン説明アイコン説明

催行状況※ 出発日 帰着日 日数 料金 ツアーリーダー ボーナスPtボーナスポイント説明
発着地備考欄参照
催行決定 ・ 募集中  06/23(日) 06/23(日) 1日間 発着地備考欄参照発着料金15,000円    

◆集合場所/時間: 京浜急行 追浜駅 改札前 / 8:40

◆解散場所/時間: 京浜急行 追浜駅 / 16:00(予定)

◆最少催行人数: 3人

◆食事条件: なし ※行動食やお弁当をご持参ください。

◆装備: ハーネス(岩稜歩行用など)、ヘルメット、HMS型カラビナ×2枚、スリング(60cm、120cm×各1本)

 

● 講習時間 : 約5時間

● 体力度 : (初級)

● 難易度 : (1~5段階中)

● 歩行ペース : (各種講習会やネイチャーウォッチングなどを主目的にしているコース)

● 歩行ペース : 歩き(各種講習会やネイチャーウォッチングなどを主目的にしているコース)

● ガイドレシオ : 4:1(参加者3~4人に1ガイド同行)

 

※体力・難易度、歩行ペースの詳細はこちらをご参照ください。

※ツアー選びのポイント (ガイドレシオ等) はこちらをご参照ください。

※下の『Web予約はこちらから』ボタンを押下すると最新の空き状況が確認できます。

 

◆交通のご案内(参考)
 
土日祝日…品川07:47発-<京急本線特急>-追浜08:29着
平日…品川07:41発-<京急本線特急>-追浜08:31着
 
 
◆岩稜講習会/アドバンストコースのご紹介
 
 
 
◆山岳スキルアップのための『ロングコースツアー』のご紹介
 
 
 
◆『日本の山』専用ホームページ
 

 

 

ツアー情報ツアー情報

『岩稜講習会』シリーズ

少人数のパーティーで、「熟達者向け」と呼ばれる峻険な岩峰や高度感ある岩稜を目指します。気力、体力、経験ともに充実した登山者のみに開かれる、ハードなコースをラインナップしています。
 
必要装備: □無雪期登山装備 □ハーネス(岩稜歩行用など) □ヘルメット □HMS型カラビナ×2枚 □スリング(60cm、120cm×各1本)、
 
参加条件について
山のレベルに応じて参加条件を設けています。岩稜講習会の各ツアーページをご覧ください。
※ご参加の前提として、十分な体力(標準的なコースタイムで1日8時間以上歩ける歩行力)を備えていることが必要です。
※転滑落の危険個所が頻繁にある難コースのため、これまでの登山経歴によっては事前に日帰りの岩稜講習会へのご参加が必要になります。

 

八ヶ岳・権現岳
八ヶ岳・権現岳

日程表日程表

日程 発着地 スケジュール/食事/宿泊地
1

追浜駅
鷹取山
追浜駅

追浜駅 歩き 鷹取山 歩き 追浜駅 (16:00予定)

 

● 上記日程・発着時刻は、天候、交通機関の都合、現地事情、歩行ペース等により変更されることがあります。
● 上記歩行時間は一般コースタイムであり、休憩・食事時間は含みません。
● 直近の気象予報により非常な荒天が予想される場合には、催行を中止または行程を変更する場合があります。その場合には、出発の前々日の夕方までに判断し、中止の場合はお電話・メール等でご連絡いたします。   

ご案内とご注意ご案内とご注意

●当社では、75歳以上の方には、ご健康に支障がない旨を確認できる健康診断書等のご提出にご協力をいただいております。なお、検診等にかかわる費用は別途必要となります。

●運送機関およびご利用施設について
弊社に手配しております旅行サービス提供事業者(バス会社、宿泊施設など)は、各業態別の感染防止対策ガイドラインに準拠し、基本的な三密回避、飛沫感染対策、清掃・消毒が実施されている業者及び施設を選定し、利用しています。

●マスクの着用
登山、ハイキング中のマスク着用は不要です。(それ以外の行動時は各自の判断に委ねます)なお、登山中は適度な間隔を開けて、縦列行動で歩くようにお願いいたします。