世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

メルマガ

Alpine Square / アルパイン広場

3月6日出発「春の花咲くマルタ諸島ハイキングと世界遺産ヴァレッタ 8日間」

3月6日出発「春の花咲くマルタ諸島ハイキングと世界遺産ヴァレッタ 8日間」

地中海に浮かぶマルタ共和国

こんなに小さな島国にも関わらず、訪れてみると溢れんばかりの魅力が詰まっていました。紺碧の海と断崖、世界最古の巨石文明、歴史を聞かずにはいられないほどの圧倒的な要塞など、全く飽きることがありませんでした。
石灰質で形成されているマルタ島の土地は、水を溜めることが難しく川もありません。そこで世界で初めて、海水から生活用水をつくる技術を取り入れました。また、住居もそのほとんどがこの石灰質の石(通称:マルタストーン)でつくられており、自然と共に生きる文化を感じることができました。
今では英語留学が盛んになるほど治安もよい国です。地中海の海の幸を中心とした料理は美味しく、物価も安いことから人気が高まっているのも頷けますね。
今回は、自然が多く残るゴゾ島で3連泊、マルタ島で2連泊のゆったり行程でご一緒させていただきました。

ゴゾ島の要塞チタデルゴゾ島の要塞チタデル

花と断崖、魅力的なハイキング

魅力たっぷりのマルタに更に彩りを添える季節、それが2~3月の春の時期です。地中海地方原産の花々を中心に、カモミールやナデシコ、フウロソウの仲間など満開で私たちを迎えてくれました。また、同じ島の中でも少し場所を変えるだけで違った植生を楽しむことができました。
マルタには美しいハイキングコースが無数に点在しています。断崖を望みながら歩く海岸沿いのコースでも、手を使うような危ない場所はほとんどありません。起伏が少なく、歩く時間も2~4時間程度とお花を愛でながら歩くのに最適です。加えて、波と風に削られた特異な景観や、牧歌的な田舎道、農夫が聖母の声を聞いたとされる奇跡の教会、原始的な方法で今も使われている塩田など内容盛りだくさん。お客様からも「来てよかった!」「想像以上!」という言葉をいただき盛り上がりました。

足元に広がる彩り豊かな春の花たち足元に広がる彩り豊かな春の花たち

人類最古の巨石神殿群

マルタには、エジプトのピラミッドよりも古い人類最古の石造建築物があるのをご存じでしょうか?
紀元前4500年~2000年頃に建造された巨石神殿は30にものぼり(うち6つが世界遺産)、誰が・何のために・どうやって作ったのかといったことが未だ正確には分かっていないそうです。今から6千年以上前の建造にも関わらず、神殿には最大20トンもの巨石が使われていることは驚くべき事で、巨人が造ったという伝説があるほどです。
今回は世界遺産にも登録されているジュガンディーヤ神殿を訪れました。入口の博物館にある遺跡の概要や出土品の解説は、イラストも多く分かり易かったです。実際の遺跡では、ドアがつけられていたであろうくぼみや、神聖な儀式が行われていたとされる祭壇などを見学し、もっと注目されるべき人類のルーツが眠っているように感じました。

世界遺産・ジュガンディーヤ神殿の内部世界遺産・ジュガンディーヤ神殿の内部

世界遺産の城塞都市ヴァレッタと聖ヨハネ大聖堂

貿易や中継地としてこの上ない好立地であることから、多くの文明と争いが交錯を続けてきたマルタ共和国ですが、特に15~16世紀ごろにオスマン帝国の攻撃に備えて、聖ヨハネ騎士団がこのマルタに移り住み、城塞を構えたのがヴァレッタの起源です。1565年にはオスマン帝国の攻撃を受け、4ヵ月も戦った末に撃退し、騎士団の名は世界に轟くこととなりました。
聖ヨハネ騎士団が1577年、その名前を冠したキリストの洗礼者聖ヨハネを称えるために建てた大聖堂があります。内部ではまずその豪華さに目を奪われました。天井には聖ヨハネの生涯を描いた絵画、床全体には騎士団員の墓碑を書いたモザイク画、細部にいたるまで彫刻には、当時の繁栄と富の豊かさを感じずにはいられませんでした。併設された美術館ではイタリア人画家カラヴァッジョの傑作数点を鑑賞することもでき、マルタでの旅のフィナーレとなりました。
ぜひ来年度、ご検討ください!

 

豪華絢爛な聖ヨハネ大聖堂豪華絢爛な聖ヨハネ大聖堂

このツアーのレポートはわたしが担当しています。

宇津木 健

宇津木 健

/ 名古屋営業所

持ち前のフットワークと笑顔を活かして日々の業務に励む。ロングトレイル倶楽部&50周年プロジェクトを担当。京都産業大学探検部出身。

①国内で好きな山:空木岳、剱岳
②海外で好きな山:チロル、ドロミテ、ユーコン、パタゴニア、ギアナ高地
③趣味:ランニング、家族でピクニック
④お客様へのメッセージ:数年前にカナダのアシニボイン・ロッジに宿泊した際は、日本の山小屋との違いに感動しました。魅力的な山域にヘリで入山し、連泊で楽しむこのコースは至福の時間になることと思います。ぜひご検討ください。2020年も皆様の山旅を全力でサポートさせていただきます。