世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

Alpine Square / アルパイン広場

【エリア紹介】 西オーストラリア

【エリア紹介】 西オーストラリア

まさに花の楽園

パースを中心とするオーストラリアの西海岸は、雨の多い6月~8月上旬の冬が明けると、荒野一面がワイルドフラワーで覆われる春が訪れます。‟ハード・オブ・ザ・ワイルド・フラワー・カントリー“と呼ばれるエリアを訪れ、お花畑を散策します。広大な西オーストラリアの中にあって、わずかなエリアにしか咲かない希少種リースレシュノルティアや‟シバの女王”と呼ばれる極彩色のランなど、日本では見る事が出来ない花々が咲いています。コールシーム保護区では、一面に広がるエバーラスティングが群生しており、非常に美しいエリアです。また、パースではフラワーフェスティバルも開催されている時期ですので、春の訪れを楽しむ事が可能です。この時期にしか咲かない花々との「一期一会」の出会いを楽しめるエリアです。

荒野に咲くリースレシュノルティア荒野に咲くリースレシュノルティア

西オーストラリアは“ホットスポット”

2000年、生物多様性を専門とする学者ノーマン・マイヤーズがオーストラリアの南西部をホットスポットとして定めました。ホットスポットとは、①維管束植物のうち、1,500種が固有種、②原生的植生のうち、70%以上がすでに破壊されている事と定義されており、現在では、世界中で36のエリアが指定されています。この36のエリアだけで、全世界の動植物の約60%が存在していると言われています。オーストラリアの南西部が、いかに貴重なエリアなのかが分かると思います。多くの固有種がある中で、代表的な花はレシュール・サザンクロスです。レシュール国立公園周辺のみに咲いており、花の形が十字になっています。南半球で見ることが可能な南十字星(サザンクロス)にちなんで、名前が付けられています。花色は基本的に白色ですが、赤みがかった個体もありました。他には、カンガルーポーやグラスツリー、ブルーレシュノルティアなどの多くの固有種が咲いています。

荒野の墓標と呼ばれるピナクルズ荒野の墓標と呼ばれるピナクルズ

このレポートはわたしが担当しています。

前田 拓哉

前田 拓哉

/ 名古屋営業所

入社15年目に突入。持前の明るさとホスピタリティ精神でファンは多い。ポレポレ倶楽部担当。日本山岳ガイド協会認定ガイド。佛教大学WV部出身。

①国内で好きな山:熊野古道、大雪山
②海外で好きな山:カムチャッカ、キナバル、ブータン・ヒマラヤ
③趣味:卓球(小学校PTA卓球部の部長です)