世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

Alpine Square / アルパイン広場

【エリア紹介】 カラパタール

【エリア紹介】 カラパタール

ネパール・ヒマラヤの代名詞クーンブ山群

東西約2,400Kmにわたって連なるヒマラヤ山脈は、長さこそアンデス山脈(約7,500Km)や、ロッキー山脈(約4,800Km)に劣るものの、ほとんどの8,000m峰を有する、世界の屋根と呼ばれています。その中でもクーンブ山群はトレッキング愛好家であれば1度は訪れたい場所ではないでしょうか。最大の理由は世界最高峰エベレスト(8,848m)の存在でしょう。エベレストに登ることは並大抵のことでは出来ませんが、間近に望むことは比較的簡単に実現することができます。特別な登山技術は必要無く、トレッキングのみで展望地を訪れることができます。玄関口となるのはルクラ(約2,700m)という山間の村へは、一般的にはカトマンズから飛行機で訪れます。ここから先がエベレスト街道のはじまりです。体力の心配や時間あまり取れない方は街道最大の村ナムチェ(約3,400m)上部にあるシャンボチェの丘を訪れることをおすすめします。この丘からエベレストやローチェなど8,000m峰を遠望することができます。

ヒマラヤの山々を間近に望みながらヒマラヤの山々を間近に望みながら

エベレストを望む、最高の展望地カラパタール

ナムチェからさらにエベレスト街道を進むと、街道最大の僧院があるタンボチェ(約3,800m)に到着します。このあたりまで来ると、集落と集落の間隔が広くなり、徐々に山岳景観もヒマラヤならではの迫力あるものに変化していきます。氷雪を抱いた山々が間近に迫るようになり、ヒマラヤ襞と呼ばれる懸垂氷河(垂直に凍り付いた氷河の壁)の美しさには息をのみます。そして数日間トレッキングを続けると、エベレスト街道の終着点ゴラクシェプ(5,170m)からは究極の山岳景観が展開します。カラパタール(5,500m)へ向けて一歩ずつ登ると、プモリ(7,161m)が眼前に迫り、その圧倒的迫力は訪れたトレッカーにしか分かりません。そしてカラパタールの山頂まで登るとクーンンブ氷河を挟み、世界最高峰のエベレストが堂々と鎮座する姿を眺めることができます。ここまで訪れるためには日本発着で20日間ほどの日数が必要となり、高所滞在の日数も長いため、簡単には訪れることができませんが、機会があればぜひチャレンジしてみてください。

カラパタール山頂背後に聳えるプモリカラパタール山頂背後に聳えるプモリ

このレポートはわたしが担当しています。

寺井 信之

寺井 信之

/ 東京本社

山と人、そして“楽しいこと”が大好きな社内屈指のお祭り男。お客様の笑顔のために全力を注ぐ引率業務にファン激増中。トレーニングをかかさず体力維持にも励む。(営業)

①国内で好きな山:富士山(プリンスルート)
②海外で好きな山:バルカン半島の山(ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア)、南米・中 米・フィジー
③趣味:ランニング(皇居ランニング)・銭湯巡り・TVドラマ観賞