世界の山旅を手がけて49年 アルパインツアー

海外・国内のハイキング、トレッキング、登山ツアーのアルパインツアーサービスです。

お問い合わせ

facebook twitter

Alpine Square / アルパイン広場

【今日の絶景】 カラパタールから望むプモリ

【今日の絶景】 カラパタールから望むプモリ

ヒマラヤの巨峰を眼前に望む

世界最高峰エベレスト(8,848m)をトレッキングで仰ぎ見る絶景地「カラパタール」。カラパタールとは、ネパール語で「黒い岩」を意味します。エベレスト街道の最奥の宿泊地ゴラクシェプからゆっくりと高度をかせぎながら登っていくと、背後にいよいよエベレストが姿をあらわします。しかしながら、ゴラクシェプからカラパタールまでずっと圧倒的な至近距離から迫力ある姿を展望できるのがプモリ(7,161m)です。プモリはシェルパ語で未婚の娘を意味し、この名称はかの有名なジョージ・マロリーによって命名されました。プモリは、エベレストに負けず劣らず均整のとれた非常に美しい三角錐の山容で、1962年にドイツとスイス登山隊によって初登頂されました。カラパタールからプモリまでの距離は直線距離で約3kmです。ネパール・トレッキングで訪れる場所でこれだけ至近距離から真近に7,000m峰を仰ぎみることができる場所はネパールでも数少ないでしょう。実際にカラパタールからプモリを望むと、至近距離からの山塊は非常に迫力があります。

カラパタールに向けてトレッキングカラパタールに向けてトレッキング

このレポートはわたしが担当しています。

久保 典彦

久保 典彦

/ 東京本社

インドやカラコルム、中国などの雪山と氷河をこよなく愛し、極地ツアーなども手 掛ける。ツアーリーダー業務でも世界を駆け巡る。大阪産大山岳部出身。(企画)

①国内で好きな山:北岳
②海外で好きな山:ジャワリンガ、ナンガパルバット
③趣味:料理、登山、石窯ピザ作り